PHOTO ARCHIVES

161 四国

161 四国

ここで紹介する写真は2008年5月に撮影した四国、九州地方の建築を撮影したものである。前職時代、筆者が設計を担当していた大きなオフィスビルが2年越しで完成し、時間的余裕ができたことをきっかけに、これまであまり見ていなかった四国、九州の建築を一気に見てまわる旅行を計画した。レンタカーを借りて独りひたすら建築を見て周り、2週間で合計100物件以上の建築を見ることができた。そのなかには誰もが知っている有名建築もあれば、意外と知られていない小品や集落等も含まれている。本稿ではその多種多様な空間との出会いの一端を、誌面の都合上「四国」、「九州」と2回に分けて紹介する。九州出身の有名建築家として磯崎新、菊竹清訓の名を挙げることができるが、四国出身の建築家の代表格と言えばなんと言っても丹下建三であろう。丹下の代表作のひとつである《香川県庁舎》(1958)のみならず、丹下が幼少期を過ごした今治市には幾つかの作品が残っており、いまも実際に使われている。そのほかにも谷口吉生による《丸亀市猪熊弦一郎現代美術館》(1989)、《香川県立東山魁夷せとうち美術館》(2005)、安藤忠雄による《南岳山 光明寺》(2000)、《坂の上の雲ミュージアム》(2006)等、現代の巨匠による建築作品も多い。次の世代では内藤廣による《牧野富太郎記念館》(1999)、《JR高知駅》(2008)も見所と言えるだろう。個人的にはセルフビルドの集合住宅《沢田マンション》(1971-)や林雅子による小品《海のギャラリー》(1966)に出会えたことも収穫であった。現代建築以外にも、イサムノグチ庭園美術館、外泊の集落、鳴門の渦潮、室戸岬、道後温泉本館、内子座等、旅の見所は数え上げれば枚挙に暇がない。ぜひ足を運び、隠れた名建築をそれぞれの視点で見つけ出してもらいたい。



[撮影者:増田忠史(増田建築計画事務所代表)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:162 インドネシアのカンポン
次の記事:160 メタボリズム
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

建築家とめぐるキャンパス140年の歴史散策(文京区・10/20)

安田講堂と総合図書館の大改修という、本郷キャンパス史に残る近年の二大プロジェクトを担った二人の建築家...

大学の建築フォーラム:アーカイヴとアウトリーチ(港区・10/20)

都市を彩る建築物は、その空間において生起した人々の活動を留める、記憶の器でもあります。 本フォー...

L-cafe ナノメートルアーキテクチャー講演会「つくってきたもの、一緒につくること、その場所でつくること。」(福井県・10/21)

北陸建築学生団体SAKが主催するL-cafeでは、ナノメートルアーキテクチャーをゲストの迎え、「つく...

立教大学社会デザイン研究所 大和ハウス工業株式会社寄付講座「文化の居場所を考える」(豊島区・10/15-)

ソーシャルシアター、哲学カフェ、シェアオフィス、ハウスグランピング、公共空間の開放的利用、など、...

オカムラデザインスペースR第16回企画展「Somesthetic-身体性-」(千代田区・9/27-10/17)

オカムラデザインスペースR(ODS-R)は、「建築家と建築以外の領域の表現者との協働」を基本コン...

建築フォーラム2018「都市東京の近未来」(新宿区・10/2-)

現在東京では2020年およびそれ以降をめざして都市を再編する行為(インテルヴェント)が数多く進行し...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...

NPO建築とアートの道場 2018年秋-1レクチャーシリーズ「建築家の生態を探る」(文京区・9/1-10/13)

gallery IHAの2018年秋-1レクチャーシリーズは、『建築家の生態を探る』と題して、成瀬友...

川田知志「Open Room」(大阪府・9/2-10/13)

「壁画」を主軸とするインスタレーション制作によって、視覚芸術と都市空間との関わりを提示する美術家・...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る