PHOTO ARCHIVES

16 ベトナム

今回は数年前に旅行したベトナム編である。主な目的は、ホーチミンの郊外にあるタイニンに拠点を置くカオダイ教の宗教空間を見学することだった。20世紀にこの教団は誕生し、ベトナム各地に広がった。様々な思想を折衷させた教義を反映したかのように、その寺院のデザインもきわめて折衷的であり、ユニークなものだ。詳しくは、拙著『近代の神々と建築』(廣済堂出版)の「装飾と意味――カオダイ教の大寺院」の章を参照していただきたい。



[撮影者:五十嵐太郎(建築史、建築批評)]

→ 「公開の原則と著作権について」

 

[ホーチミン Ho Chi Minh City]

pic  ホーチミンへ向かう飛行機から/トレード・センターを望む

pic  フェルナン・ガルデ《ホーチミン市人民委員会》/
       アルフレッド・フォーロー《ホーチミン市人民裁判所》《革命博物館》《ホーチミン市税関》

pic  アルフレッド・フォーロー《中央郵便貯金局》

pic  ゴー・ヴィエト・チュー《統一会堂》/ジョセフ・ヴィクトル・ギチャール《サイゴン劇場》/
       グエンフエ通りの百貨店/H.R.レーン《国立銀行》

pic  ジョルジュ・トローブ《国立銀行》/サイゴン病院/ベトナム・ハウス/
       コンチネンタル・ホテル/マジエスティク・ホテル

pic  ベンゲ川/ホーチミン市記念館

pic  美術博物館

pic  歴史博物館

pic  給水塔/ワールド・トレード・センター/ホーチミンの住宅

pic  ジュール・ブラール《サイゴン大聖堂》/サイゴン大聖堂の向かいの建築

pic  ドンコイ通りの大モスク

pic  ブロサール&ミュピン《ベンタイ市場》

pic  チョロンのビンタイ市場

pic  オン・ボン寺/ギア・アン・ホイクアン寺/ティエン・ハク寺/チョロンのモスク

[タイニン/カオダイ教 Tay Ninh/Cao Dai sect]

pic  カオダイ教寺院[1][2][3][4][5][6][7]

pic  カオダイ教寺院近くの施設

pic  ホーチミンからタイニンに向かう途中にあるカオダイ教寺院

pic  ダナンのカオダイ教寺院

[フエ HU・]

pic  安定宮

pic  ノートルダム教会 Notre Dame Cathedral

pic  フエ総合大学/レロイ・ホテル

pic  フエ王宮[1][2][3][4]

pic  隆安閣/フエ博物館

[ダナン Da Nang]

pic  フエからダナンへ

pic  トーチカ[1][2]

pic  ダナン博物館/ダナン聖堂

pic  バオ寺/フォーダ寺


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:17 チベット
次の記事:15 ソルトレイク・シティ
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

移動する中心|GAYA 活動メンバー募集「サンデー・インタビュアーズ」説明会(世田谷区・11/27)

ロスト・ジェネレーションによる「声」の採集《準備編》 何を好み、嫌ったのか。 いつ笑い、泣いたのか...

公開レクチャー「神山に3年通って:石川初さん語り下ろし[東京編]w/若林恵、真鍋太一、西村佳哲」(渋谷区・12/5)

今年8月に徳島県神山町で開催した、石川初(いしかわ はじめ)さんの公開レクチャー「神山に3年通って...

アート&メディア・フォーラム「ポスト・オープンデータ時代のカルチュラル・レジスタンス」(目黒区・12/15)

21世紀に入り、IoTや人工知能、バイオテクノロジー、ロボティクスが飛躍的に発達し、20世紀にSF...

中村好文『芸術家(アーティスト)のすまいぶり』刊行記念「アーティストの住まいぶりと暮らしぶりから学んだこと」トークイベント(渋谷区・12/3)

アーティストにとって、住まいは「生き方の姿勢が、かたちになって見えるもの」(本文より)── ホンカ...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...

「磯崎新─水戸芸術館縁起─」(茨城・11/16-1/26)

建築家・磯崎新による美術館設計を振り返るシリーズの一環として、当館では水戸芸術館の設計コンセプトや...

展覧会「Steven Holl: Making Architecture」(品川区・11/8-1/8)

アメリカを代表する建築家、スティーブン・ホールは72歳になった現在も、ニューヨークと北京にオフィス...

展覧会「日本建築の自画像 探求者たちの もの語り」(香川県・9/21-12/15)

われわれがよく聞く『日本建築』とは、何なのか? そもそも、何が『日本的』なのか? 本展では『日本建...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る