PHOTO ARCHIVES

158 あいち建築

158 あいち建築

今回は、『あいち建築ガイド』の制作に寄せて、あいトリ写真部が撮影した建築写真を紹介する。
『あいち建築ガイド』は、あいちトリエンナーレ2013で企画し、左記の展示会場である名古屋・岡崎を中心とした八つのエリアに存在する建築と、特徴的な店舗インテリアを含む全155件を紹介したガイドブックである。
名古屋の歴史は江戸時代の「清洲越し(名古屋城の築城にともなう清洲から名古屋への都市の移転)」から始まり、明治時代には、鉄道・電気、ガスなどのインフラ整備や自動車や陶業など産業振興が図られ、近代産業都市として急激に発展した。
その後、第二次世界大戦による戦災で、当時の市域の約4分の1を焼失。名古屋城、貴重な文化財をも失い、焼け野原が広がるなか、名古屋市技監・助役の田淵寿郎を中心にいち早く戦災復興計画を立案し新たなまちづくりの取り組みが行なわれた。
そのひとつとして、都市火災対策や将来の車社会を見越して100メートル道路がつくられたことも特記したい。

ここでは、昭和天皇即位に際し、記念行事のひとつとして建設された《愛知県本庁舎》(頂部に城郭風の屋根を乗せた帝冠様式の意匠が特徴)、《市政資料館》(赤い煉瓦と白い花崗岩の組み合わせが鮮やかなネオ・バロック様式の建物)、また中区橘町界隈の塗籠造(防火の役目をはたす)の商家家群などの戦前の建物と、世界最大となるプラネタリウムを球体として宙に浮かせた《名古屋市科学館》などの戦後の建物、そして2010年に名古屋開府400年となった名古屋城や復興のシンボルとして存在するテレビ塔など名古屋のランドマークをセレクトした。



[撮影者:水野晶彦(あいトリ写真部)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:159 大谷石
次の記事:157 オルドス
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

中村好文『芸術家(アーティスト)のすまいぶり』刊行記念「アーティストの住まいぶりと暮らしぶりから学んだこと」トークイベント(渋谷区・12/3)

アーティストにとって、住まいは「生き方の姿勢が、かたちになって見えるもの」(本文より)── ホンカ...

シンポジウム「建築家・根津耕一郎の仕事」(兵庫・11/16)

1960年代から70年代を中心に、関西を拠点として数多くの建築物を設計した建築家・根津耕一郎氏のシ...

トークイベント『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』刊行記念 藤森照信×田村尚子(中央区・11/21)

『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』の刊行を記念して、建築家であり建築史...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...

「磯崎新─水戸芸術館縁起─」(茨城・11/16-1/26)

建築家・磯崎新による美術館設計を振り返るシリーズの一環として、当館では水戸芸術館の設計コンセプトや...

展覧会「Steven Holl: Making Architecture」(品川区・11/8-1/8)

アメリカを代表する建築家、スティーブン・ホールは72歳になった現在も、ニューヨークと北京にオフィス...

シンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか」(兵庫・11/23)

2019年11月23日(土・祝)にシンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか...

戦後空間シンポジウム 04「バブル・震災・オウム教─1990年代、戦後空間の廃墟から─」(港区・11/22)

主旨: 「戦後空間シンポジウム」第 4回目のシンポジウムは戦後空間の変質に目を向け、80年代後半か...

第5回「吉阪隆正賞」授賞式/記念シンポジウム(千代田区・11/18)

第5回「吉阪隆正賞」を受賞した西沢立衛氏による記念シンポジウムが、11月18日にアテネ・フランセ文...

[磯崎新の謎]展(大分・9/23-11-24)

大分市が誇る建築家・磯崎新(1931~)は建築の枠を超え、思想、美術、デザインなど多岐に渡る分野で...

展覧会「日本建築の自画像 探求者たちの もの語り」(香川県・9/21-12/15)

われわれがよく聞く『日本建築』とは、何なのか? そもそも、何が『日本的』なのか? 本展では『日本建...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る