PHOTO ARCHIVES

156 あいちトリエンナーレ2013

156 あいちトリエンナーレ2013

現在、愛知県で開催されている「あいちトリエンナーレ2013」(2013年8月10日〜10月27日)を紹介する。
第2回目となる今回のテーマは「揺れる大地──われわれはどこに立っているのか:場所、記憶、そして復活」。国内外から総勢122組のアーティストを迎える日本最大規模の国際芸術祭である。今回のあいちトリエンナーレの大きな特徴は、期間中、オペラなどの舞台公演が開催され、パフォーミングアーツが充実している点が挙げられる。おもな会場は愛知芸術文化センター、名古屋市美術館、長者町会場、納屋橋会場。加えて今回新たに岡崎エリアが追加された。徳川家康の生誕地である岡崎市、戦後に栄えた長者町繊維街、市民の憩いスポットエリアの象徴となっている納屋橋など、それぞれの場所で作品を通して積み重ねられた記憶を発見できる。
今回、芸術監督に五十嵐太郎氏(建築史・建築批評家/東北大学大学院教授)が就任した。そのこととも関係して、あいちトリエンナーレが掲げるメインテーマ「揺れる大地」とリンクして東日本大震災を思い起こさせる展示も見受けられ、社会について考えるきっかけを提示している。さまざまな国や文化、社会背景のなかで活動する作家やサブテーマ(場所、記憶、そして復活)に深く関わりを持つ作家も積極的に選ばれており、作品と鑑賞者の内面が触れ合うなかで、訪れた場所や出会った人々とがつながり、都市とまちなかが活性していく流れが生まれていく。建築の視点を取り込み、建築マップの発行やオープンアーキテクチャーなど五十嵐氏ならではのイベントも展開されている。
今回掲載されている写真はあいトリ写真部が開幕から1週間の期間で撮影したものである。



[撮影者:水野晶彦(あいトリ写真部)]

→ 「公開の原則と著作権について」

pic  ヤノベケンジ《サン・チャイルド No.2》

pic  ヤノベケンジ《ファンタスマゴリア》

pic  ヤノベケンジ《ウルトラ・サンチャイルド》

pic  ソン・ドン《貧者の智慧:借権園》

pic  岡本信治郎《ころがるさくら・東京大空襲》

pic  ハン・フェン《Floating City 2011-13》

pic  平田五郎《Mind Space - 空中の庭園》

pic  ダン・ペルジョヴスキ《ザ・トップ・ドローイング》

pic  宮本佳明(福島第一原発神社)

pic  宮本佳明《福島第一さかえ原発》

pic  宮本佳明《福島第一さかえ原発》

pic  ソ・ミンジョン《ある時点の総体Ⅲ》

pic  彦坂尚嘉《復活の塔》

pic  オノ・ヨーコ《生きる喜び》

pic  國府理《焦熱の大地/虹の高地》

pic  國府理《暗い庭》

pic  キッズトリエンナーレの様子

pic  オープニングの様子

pic  トリエンナーレスイーツ

pic  ベロタクシー

pic  オノ・ヨーコ《JOY OF LIFE》

pic  青木淳+杉戸洋(スパイダース)《赤と青の線》

pic  アルフレッド・ジャー《生ましめんかな》

pic  藤森照信《空飛ぶ泥船》

pic  ブラスト・セオリー《私が残りの人生でやろうとしていること》

pic  青木野枝《黒玉/縁側》

pic  横山祐一《世界地図の痛車》

pic  THE WE-LOWS

pic  山下拓也《雨に散る油 feat.横浜の》

pic  横山祐一《あいちと世界地図の間》

pic  横山祐一《あいちと世界地図の間》

pic  シュカルト《インスタレーション》

pic  ウィット・ピムカンチャナポン《隙間》

pic  マーロン・グリフィス《太陽のうた》

pic  マーロン・グリフィス《太陽のうた》

pic  マーロン・グリフィス《太陽のうた》

pic  西岳拡貴《うねりあう思考と永久行為》

pic  Nadegata Instant Party《STUDIO TUBE》

pic  リゴ23《Looking at 2013 from 1952 Nagoya》

pic  打開連合設計事務所《長者町ブループリント》

pic  AMR《search for》

pic  松藤孝一《ウランガラス》

pic  新美泰史

pic  丹羽良徳《自分の所有物を街で購入する》

pic  リチャード・ウィルソン《レーン61》

pic  下道基行

pic  池田剛介《サイクルクエイク》

pic  青木野枝《ふりそそぐもの/納屋橋》

pic  ニラ・ペレグ《安息日 2008》

pic  クリスティナ・ノルマン

pic  片山真理《Eyes》

pic  竹田尚史《ダブルフィクション》

pic  竹田尚史《ゼロから9のあいだ》

pic  名和晃平《フォーム》

pic  ベロタクシー

pic  納屋橋会場全景

pic  志賀理江子《螺旋海岸》

pic  バシーア・マクール《 エンター・ゴースト、エグジット・ゴースト 》

pic  向井山朋子+ジャン・カルマン《FALLING》

pic  studio velocity 栗原健太郎+岩月美穂《Wind Scape》

pic  丹羽良徳《日本共産党でカール・マルクスの誕生会をする》

pic  ゲッラ・デ・ラ・パス《シークレット・ガーデン》

pic  青木野枝《ふりそそぐもの/旧あざみ美容室》

pic  レッド・ペンシル・スタジオ《ふたつの断片》

pic  トリエンナーレ旗

pic  ガイドボラ初日風景

pic  東岡崎駅会場付近

pic  ベロタクシー

pic  松本町まちなみ

pic  オノ・ヨーコ《ウィッシュツリー》

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:157 オルドス
次の記事:155 北京──21世紀の建築
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

第24回 R&R 建築再生展2019 学生 建築ストック再生コンテスト(応募・〆4/25)

近年、日本では建築ストックの活用が叫ばれ、建築再生の時代へと移行しつつあります。学生の卒業設計でも...

建築学生ワークショップ出雲2019開催説明会、講演会(東京・5/9、京都・5/16)

2019年夏、古代より現代に受け継がれてきた、わが国を代表する神聖な場所、出雲大社周辺区域にて、小...

杉戸洋「cut and restrain」(港区・3/16-4/13)

杉戸洋による展覧会が「cut and restrain」4月16日まで小山登美夫ギャラリーで開催し...

建築レクチュアシリーズ217 平田晃久(大阪・4/5)

大阪を拠点に活動を行う2人の建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏が1組のゲスト建築家をお呼びして、年に7...

山岸剛×光嶋裕介「なぜ山岸は光嶋に対話を頼むのか? なぜ光嶋は山岸に撮影を頼むのか? 建築をめぐる写真とことば」『Tohoku Lost, Left, Found 山岸剛写真集』刊行記念(世田谷区・3/29)

東日本大震災から8年。3.11をきっかけに東北の大地を8年にわたり撮り続けた『Tohoku Los...

山岸剛写真集『Tohoku Lost, Left, Found』刊行記念トーク:山岸剛×植田実「『建築写真』とはなにか」(中央区・3/17)

『Tohoku Lost, Left, Found 山岸剛写真集』(LIXIL出版)の刊行を記念し...

公開討議「西欧的空間の彼岸とイスラーム空間」(港区・3/19)

横浜国立大学の都市空間研究会が主催する公開討議「西欧的空間の彼岸とイスラーム空間」が、3月19日に...

シンポジウム「建築の公共性──誰のためにつくるのか」(港区・3/28)

その建築をだれのためにつくるのか。 発注者のためです。そして同時にそれを使う人のためです。発注者が...

建築写真家・山岸剛作品展示「Tohoku Lost, Left, Found」(中央区・2/26-3/31)

写真家・山岸剛氏による『Tohoku Lost, Left, Found 山岸剛写真集』(LIXI...

鏡と天秤─ミクスト・マテリアル・インスタレーション─(中央区・3/12-5/11)

私たちは非日常(ハレ)と日常(ケ)の境界が曖昧な社会におり、個々が非日常(ハレ)と日常(ケ)のバラ...

- Green, Green and Tropical - 木質時代の東南アジア建築展(品川区・2/6-5/6)

建築倉庫ミュージアムでは、2月6日より「- Green, Green and Tropical -...

AA visiting school workshop at 竹中大工道具館(兵庫県ほか・3/13-24)

イギリスの建築の名門AAスクールが世界中の大学や企業と共に世界各地で行うワークショップ「A...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る