PHOTO ARCHIVES

154 図書館[4]

154 図書館[4]

アメリカの図書館サービスや活動実績は世界のトップクラスであろう。国別では北欧の躍進は目覚しいが、規模や数では劣る。アメリカは、公共財に依存せずに私財でつくられた歴史的背景をもつ図書館が多数あり、それらが現在では公共サービスを展開しているからだ。会員制の私立図書館が19世紀の活動を牽引し、公共図書館を普及させたのが、カーネギー図書館である。
今回は私立機関として活動を開始し、現在でも私立を維持している図書館を中心にご紹介する。

はじめにご紹介するのは、全米で最初の研究大学ジョンズ・ホプキンス大学の附属機関ピーボディ研究所(19世紀は独立した私立機関)とその図書館、イノック・プラット公共図書館(メリーランド州の州立図書館をも兼ね、19世紀にはホプキンスの提携図書館であった)。そしてそのホプキンスが2012年に開館させたラーニング・コモンズ。
ボストン・ブラーミンがつくったボストン・アシニアムは、すでに200年の歴史を持つ知の殿堂で、ここから派生したのが、ボストン美術館とボストン公共図書館である。これらの知を保存する専門家たちを育てたのは地元ハーヴァードの卒業生が多数関ってきた。その拠点としてのワイドナー図書館(これは20世紀)。
自動車の街デトロイト、公共図書館では全米屈指の存在があり、州立大学、美術館、科学館に隣接した好立地に佇む。
西海岸で富裕層がもっとも多いロサンゼルス近郊にあるハンティントン図書館。博物館、美術館と庭園や植物園を持つ広大な敷地に建ち、観光名所でもある。
最後は図書館ではないが知の起源を同様に保存する博物館を紹介する。ワシントンDCに1997年に開館したニュージアム、東日本大震災の手書き号外を出した『石巻日日新聞』を誇らしく保存・公開しているジャーナリズム博物館は、東に佇む議会議事堂に対峙している。

アメリカの著名大学は圧倒的に私立であるように、図書館や博物館など社会教育機関も文化活動の基幹を担う運動のメッカとして私立機関がその中心的役割を担う。



[撮影者:松林正己(中部大学総合学術研究院出版室)]

→ 「公開の原則と著作権について」

pic  クライド・ネルソン・フリッツ+ネルソン・フリッツ+エドワード・リッピンコット・ティルトン+アルフレッド・モートン・ギゼンズ《イノック・プラット無料図書館本館》

pic  エドマンド・ジョージ・リンド《ジョンズ・ホプキンス大学 ジョージ・ピーボディ研究所図書館》

pic  シェプリー・ブルフィンチ・リチャードソン&アボット《ジョンズ・ホプキンス大学 ブロディ・ラーニング・コモンズ》 [1]

pic  シェプリー・ブルフィンチ・リチャードソン&アボット《ジョンズ・ホプキンス大学 ブロディ・ラーニング・コモンズ》 [2]

pic  エドワード・クラーク・キャボット《ボストン・アシニアム》

pic  チャールズ・フォレン・マッキム&フィリップ・ジョンソン《ボストン公共図書館 本館》

pic  フィリップ・ジョンソン《ボストン公共図書館 ジョンソン図書館》

pic  ホレス・トランバウアー&ジュリアン・F・アベレ《ハーヴァード大学 ワイドナー図書館》

pic  キャス・ギルバート《デトロイト公共図書館 本館》 [1]

pic  キャス・ギルバート《デトロイト公共図書館 本館》 [2]

pic  ジョン・ラッセル・ポープ《ハンティントン図書館》

pic  ポルシェック・アンド・パートナーズ《ニュージアム》 [1]

pic  ポルシェック・アンド・パートナーズ《ニュージアム》 [2]

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:155 北京──21世紀の建築
次の記事:153 デンマークのミュージアム(後半)
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

東京プロジェクトスタディ(千代田区ほか・募集 -7/21)

"東京で何かを「つくる」としたら"という投げかけのもと、3組のナビゲーターそれぞれが、チームをつく...

トークイベント・写真展「TOKYO ARCHITECTURE」(千代田区・8/2-4)

高度成長、国際競技大会、日本万国博覧会を経て2020年。私たちは何を更新してきたのでしょうか。その...

レクチャー&ディスカッション「《静かなレトリック》と『建築におけるフィクションについての12章』」立石遼太郎(台東区・7/13)

10+1 website 2018年4月号の論考「建築の修辞学──装飾としてのレトリック」の著者、...

日仏対談シリーズ「ル・ラボ」vol.28「デザインと自己」(新宿区・8/30)

アンスティチュ・フランセ東京が2015年春より開始した対談シリーズ「ル・ラボ」は、日本とフランスの...

「神社」建築の始まりと多様性(愛知県・7/20)

「遺構として残る神社建築はせいぜい平安時代であるから、いわゆる「神社建築史」の最初の記述に疑問を抱く...

新南蛮文化シリーズ講演会「建築家・内藤廣が見たスペインの激動の時代」(千代田区・7/8)

マドリードの建築家フェルナンド・イゲーラスのアトリエで70年代中頃に勤務していた著名な建築家内藤廣...

展覧会「ブルーインフラがつくる都市 -東京港湾倉庫論-」(港区・7/5-27)

Logistics Architecture(ロジスティクス・アーキテクチャ)研究会は、展覧会「ブ...

建築家フォーラム第180回「建築という物語による都市の編纂(キュレーション)」(墨田区・7/16)

7月の建築家フォーラムの講演者は、多方面に天才的能力を持つ建築家・入江経一さんです。 近年、日本の...

早稲田まちづくりシンポジウム 2019 アーバニズムの現在と未来(新宿区・7/21)

アーバンデザインの手法として住民参加型の「まちづくり」が日本各地で行われるようになり、多くの経験が...

建築レクチュアシリーズ217 長谷川豪、田根剛(大阪・6/14, 7/19)

大阪を拠点に活動を行う2人の建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏が1組のゲスト建築家をお呼びして、年に7...

「宮本隆司 いまだ見えざるところ」(目黒区・5/14-7/15)

東京都写真美術館では、現在も国内外の美術展などで発表を続ける宮本隆司の個展を開催します。宮本隆司は...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る