PHOTO ARCHIVES

152 デンマークのミュージアム(前半)

152 デンマークのミュージアム(前半)

北欧に対してなんとなく憧れの念を抱く人は多い。近年、デザイン雑誌やインテリア雑誌などで北欧特集が組まれ、「北欧デザイン」は一種のトレンド=流行のような取り扱われ方をしている。しかし、古きよきもの(価値のある優れたデザイン)を何世代にもわたり大切に使い続けるライフスタイルは、じつは日本人が失ってしまった気質といってよいだろう。北欧デザインに憧れ、デンマークの首都コペンハーゲンを訪れる旅行者は跡を絶たないが、本当の北欧を知るには地方都市へ足を延ばしてみることをお勧めする。
私自身がコペンハーゲンで暮らしていたのは2006-2008年の2年間である。それ以降も2009年、2011年、2012年と長期休みを利用し再訪している。コペンハーゲンの現代建築はすでに紹介されており、ここで紹介するまでもないが、今回は「ミュージアム」をテーマに、私のように何度も再訪するリピーターのために、コペンハーゲン以外の地方都市もあわせて紹介することにする。〈デンマークのミュージアム〉と題して2回に分けて紹介するが、第1回は首都コペンハーゲンのあるシェラン島とフュン島、第2回はドイツと陸続きのユトランド半島とボーンホルム島の美術館建築を取り上げる。私が世界一好きな《ルイジアナ現代美術館》は、四季を通じて何度も訪れてもらいたい。
地方の小さな美術館は北欧近代建築の礎となった名建築が多い。そして地方都市には地方特有の魅力が備わっている。例えばスケーエンというデンマーク最北端の漁村は、後にスケーエン派と呼ばれるアーティストが集まり、漁民や市井の人々を題材にした絵画作品を数多く残している。この街に降り立つと磯の香が漂い、荒々しい大自然が広がっている。またデンマークを代表する建築家ヨーン・ウッツォンが幼少のころ暮らしたオールボーには、2008年ウッツォン・センターが設立された。敷地は海を臨む場所で、ウッツォンの父所有の帆船を展示する専用スペースが設けられている。代表作《シドニー・オペラハウス》のデザインも、ウッツォンの家族の歴史とオールボーの街を知ると、理解が深まるであろう。
このように今回は建築単体の写真だけでなく、その街の風景写真もあわせて紹介している。建築を巡る旅は、街の歴史やその土地固有のコンテクストを読み解きながら散策するのが醍醐味である。日本を訪れた外国人にも、東京だけでなく金沢や瀬戸内などの地方都市と美術館をお勧めしているが、北欧の魅力に取りつかれたリピーターには、地方都市の隠れた名建築をそれぞれの視点で見つけてもらいたいと願う。



[撮影者:和田菜穂子(東北芸術工科大学准教授)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:153 デンマークのミュージアム(後半)
次の記事:151 台北[95点収録]
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

SPACE DESIGN TOOL BOX VOL.1 「空間デザインの道具箱」(渋谷区・11/21)

「空間デザイン」をもっと面白くするための道具や知恵を集めて、共有したい! 働く空間は、オフィスだけ...

保存再生学特別研究会「20世紀建築遺産の積極的保存活用に向けて」(千代田区・11/9)

都市内には、日々使い続けられている20世紀建築が多数存在するが、それらの保存活用における課題、それ...

上妻世海『制作へ』刊行記念トークイベント 上妻世海×門脇耕三×木内俊克(千代田区・11/30)

『制作へ』の表題論考「制作へ」は一種の身体論であり、身体拡張論である。制作を通じて身体を〈作品〉...

分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回「分離派登場の背景に見る建築教育と建築構造」(文京区・11/3)

分離派建築会(1920年 東京帝国大学卒業・結成)を、日本の近代建築におけるモダンデザインの鼻祖と...

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る