PHOTO ARCHIVES

152 デンマークのミュージアム(前半)

152 デンマークのミュージアム(前半)

北欧に対してなんとなく憧れの念を抱く人は多い。近年、デザイン雑誌やインテリア雑誌などで北欧特集が組まれ、「北欧デザイン」は一種のトレンド=流行のような取り扱われ方をしている。しかし、古きよきもの(価値のある優れたデザイン)を何世代にもわたり大切に使い続けるライフスタイルは、じつは日本人が失ってしまった気質といってよいだろう。北欧デザインに憧れ、デンマークの首都コペンハーゲンを訪れる旅行者は跡を絶たないが、本当の北欧を知るには地方都市へ足を延ばしてみることをお勧めする。
私自身がコペンハーゲンで暮らしていたのは2006-2008年の2年間である。それ以降も2009年、2011年、2012年と長期休みを利用し再訪している。コペンハーゲンの現代建築はすでに紹介されており、ここで紹介するまでもないが、今回は「ミュージアム」をテーマに、私のように何度も再訪するリピーターのために、コペンハーゲン以外の地方都市もあわせて紹介することにする。〈デンマークのミュージアム〉と題して2回に分けて紹介するが、第1回は首都コペンハーゲンのあるシェラン島とフュン島、第2回はドイツと陸続きのユトランド半島とボーンホルム島の美術館建築を取り上げる。私が世界一好きな《ルイジアナ現代美術館》は、四季を通じて何度も訪れてもらいたい。
地方の小さな美術館は北欧近代建築の礎となった名建築が多い。そして地方都市には地方特有の魅力が備わっている。例えばスケーエンというデンマーク最北端の漁村は、後にスケーエン派と呼ばれるアーティストが集まり、漁民や市井の人々を題材にした絵画作品を数多く残している。この街に降り立つと磯の香が漂い、荒々しい大自然が広がっている。またデンマークを代表する建築家ヨーン・ウッツォンが幼少のころ暮らしたオールボーには、2008年ウッツォン・センターが設立された。敷地は海を臨む場所で、ウッツォンの父所有の帆船を展示する専用スペースが設けられている。代表作《シドニー・オペラハウス》のデザインも、ウッツォンの家族の歴史とオールボーの街を知ると、理解が深まるであろう。
このように今回は建築単体の写真だけでなく、その街の風景写真もあわせて紹介している。建築を巡る旅は、街の歴史やその土地固有のコンテクストを読み解きながら散策するのが醍醐味である。日本を訪れた外国人にも、東京だけでなく金沢や瀬戸内などの地方都市と美術館をお勧めしているが、北欧の魅力に取りつかれたリピーターには、地方都市の隠れた名建築をそれぞれの視点で見つけてもらいたいと願う。



[撮影者:和田菜穂子(東北芸術工科大学准教授)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:153 デンマークのミュージアム(後半)
次の記事:151 台北[95点収録]
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

建築情報学会キックオフ準備会議第2回(千代田区・5/24)

「建築情報学」は、旧来の建築学の学問的カテゴリに捉われることなく、建築内外の知見を架橋することが使...

シンポジウム「フィ-ルドワークと設計 多くの方言と向き合う」(新宿区・5/18)

暮らしの中で起きていることを調べ、それがどうなるかを予測して設計に活かす、フィールドワークとと設計...

「Unfinished」建築展(港区・4/4-5/12)

スペインと日本の外交樹立関係150周年を記念する文化プログラムの一環として、「Unfinished...

「飯沼珠実―建築の瞬間/momentary architecture」展(神奈川県・5/19-7/16)

飯沼珠実は、建築やその周囲の空間を写真をとおしてとらえ、プリントやアーティストブックにその様相を...

映画『ジェイン・ジェイコブズ──ニューヨーク都市計画革命』(全国・4/28-)

1961年に出版された「アメリカ大都市の死と生」は、近代都市計画への痛烈な批判とまったく新しい都市...

シンポジウム「今、日本の建築を考える」(港区・4/30)

森美術館で開催する展覧会「建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」の関連シンポジウムとして「今、日...

whenever wherever festival 2018 そかいはしゃくち(足立区・4/26)

アーティストが主導するボディ・アーツ・ラボラトリー(BAL)主催によるダンス・フェスティバルの第...

「プラハの機能主義建築──伝統と現代建築への影響」展(新宿区・4/9-4/27)

チェコのヤン・フラグネル・ギャラリーが企画したこの展示は、機能主義の原型に影響をうけたチェコとプラ...

映画『BRIDGE』上映&トーク(渋谷区・4/29、目黒区・5/25)

昨年11月に完成した《出島表門橋》。その製作過程と設計者らの軌跡を辿りながら記録したドキュメンタ...

海法圭展「モダリティと泡」(港区・3/24-5/19)

実作のモックアップから大きなスケールのドローイングまで、建築の楽しさを伝えられるような夢のある展...

イサム・ノグチ─彫刻から身体・庭へ(新宿区・7/14-9/24)

イサム・ノグチ(1904-88)は、幅広い活動をした20世紀を代表する芸術家です。ノグチが目指した...

阿佐ヶ谷アートストリート建築展「The Think of Locality and Life 地域と生活を考える」(杉並区・5/1-5/11)

杉並は新宿などに近く、住みやすいベッドタウンとしても知られています。また太宰治などのおおくの文豪...

伊東豊雄展 Toyo Ito Exhibition「聖地・大三島を護る=創る」(港区・4/12-6/17)

LIXILギャラリー企画「クリエイションの未来展」では、2014年9月より日本の建築・美術界を牽...

建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの(港区・4/25-9/17)

いま、世界が日本の建築に注目しています。丹下健三、谷口吉生、安藤忠雄、妹島和世など多くの日本人建...

現代アートの学校MAD 2018年度受講生募集

NPO法人AITが主宰する現代アートの教育プログラム「MAD」では、2018年度の受講生を募集し...

山本忠司展―風土に根ざし、地域を育む建築を求めて(京都・3/22-6/9)

山本忠司(1923〜98年)は、香川県大川郡志度町(現・さぬき市志度)に生まれ、1943年に京都高...

看板建築展(東京・3/20-7/8)

1923年(大正12)9月1日、相模湾沖を震源とするマグニチュード7.9の大地震が関東地方の南部...

写真都市展 ―ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち―(港区・2/23-6/9)

21_21 DESIGN SIGHTでは、2018年2月23日より企画展「写真都市展 −ウィリア...

展覧会「くまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質」(千代田区・3/3-5/6)

国内外で膨大なプロジェクトを抱えつつ疾走する世界的建築家、隈研吾(1954〜)。古今東西の思想に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る