PHOTO ARCHIVES

150 タイ[2]

150 タイ[2]

2012年の夏、JIA(日本建築家協会)沖縄支部が主催するタイ視察ツアーと第2回タイ百年市場再生保存ワークショップに参加した際の写真を紹介させていただきたい。
バンコク・スワンナプーム国際空港に降り立って早々に、予想を超える現代的な雰囲気に飲み込まれてしまった。空港内は人でごったがえし、膜と鉄とガラスが用いられたリニアな抜けのある空間であった。国の玄関で、はやくもタイの元気の良さを見せつけられてしまったのだった。
バンコク市内も活気に溢れていた。市内には、現代的な大きなデパートやオフィスビルが立ち並び、それらの建物群周辺には、屋台があり、RC造の集合住宅が多く建っていた。夜になると、オフィスビルから仕事を終えたサラリーマンがぞろぞろと現われて、屋台やバーを楽しんでいる風景からは、経済成長を目指すアジアの夜を感じることができた。
そんな賑わう街にも、王宮(グランドパレス)、エメラルド仏寺院やワット・アルンラーチャワラーラームといった歴史的建造物がたたずむ。それらの様式は、インドや中国から影響を受けながら育んできた独自の様式であり、豪華絢爛であった。寺院などの利用者は観光客だけでなく、タイ人の9割以上が仏教徒であることから、日常生活でタイの人々は寺院に行きお祈りをしているそうだ。賑わう街の空間から抜け出し、静寂な空間でお祈りをするタイの人々の生活を垣間見た。
視察先のひとつとして、バンコクから2時間くらい車で走ったところにあるカンタナ・インスティテュートに向かった。目的は、タイの若手建築家ブーンサルム・プレムサダ氏が設計した建築を見に行くためだ。彼の建築は、その土地の周辺でつくられるレンガを用いて壁を作り出している。レンガの使い方を新たに提案し、補修工事の際は、そのレンガを使うことで地元産業に貢献することに成功していた。また、壁はジグザグの形をなしており、所々にヴォイドが設けられ、それらは窓になったりイスになったりと、人々の行為を誘発していた。そうした彼の建築は、周辺地域との関係を築き、持続しながらも人々に新たな建築の使い方を示す奥行きのある建築であった。
今回の旅を通して、活気あふれるタイを感じるとともに、タイの若手建築家の建築に出会うことができ、また近い将来、タイに足を運びたくなる旅となった。



[撮影者:森本悠義]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:151 台北[95点収録]
次の記事:149 韓国[2]
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

SPACE DESIGN TOOL BOX VOL.1 「空間デザインの道具箱」(渋谷区・11/21)

「空間デザイン」をもっと面白くするための道具や知恵を集めて、共有したい! 働く空間は、オフィスだけ...

保存再生学特別研究会「20世紀建築遺産の積極的保存活用に向けて」(千代田区・11/9)

都市内には、日々使い続けられている20世紀建築が多数存在するが、それらの保存活用における課題、それ...

上妻世海『制作へ』刊行記念トークイベント 上妻世海×門脇耕三×木内俊克(千代田区・11/30)

『制作へ』の表題論考「制作へ」は一種の身体論であり、身体拡張論である。制作を通じて身体を〈作品〉...

分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回「分離派登場の背景に見る建築教育と建築構造」(文京区・11/3)

分離派建築会(1920年 東京帝国大学卒業・結成)を、日本の近代建築におけるモダンデザインの鼻祖と...

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る