PHOTO ARCHIVES

148 イギリス中部・南部

148 イギリス中部・南部

2010年の春にイギリスを自転車で旅行したときの写真である。ロンドンを出発してオックスフォード、南の海岸沿いを西にいきプリマス、中部のカーディフ、リヴァプールと進んだ。
自転車の旅行は、バスや電車の旅行とは違った風景の印象をつくる。風景の印象というのはDVDのチャプターが集まってできたようなもので、チャプターは記憶を引っ張りだすときのスタート地点になる部分だ。当然、バスや電車だと、強烈に残る風景でもない限り、街の中にしか覚えていることがない。東京で地下鉄に乗ると駅のあいだの風景が頭の中でくっつかないように。街と街のあいだの風景のチャプター──ロードサイドエリアにいつのまにか変わっていくこと、アップダウンが激しい道、工場地帯に入ってしまっていて巨大なトラックが何台も真横を通り過ぎる、退屈な団地の風景──自転車の旅行はそういう風景の印象をつくるチャプターが増える。
風景の印象と建築の関係は「ストリートビュー」である程度確認できる。訪れたいくつかの建築は、かたち、素材感、空気感が周りの風景の印象とあっている。リヴァー&ローイング・ミュージアム、エデン・プロジェクト、テート・リヴァプールは"ググって"ストリートビューで近くを歩いてみると周りの風景の印象と建築が頭の中でピタっとくっつく。
その中でも丘の上の教会は強烈な風景のチャプターであった。南海岸にあるということしか覚えていなく教会の名前も覚えていない。ストリートビューで南海岸を少し走ってみたが、結局みつからない。しかしみつからなくてもいいやと思うくらい素敵なところである。



[撮影者:森田恭平(大同大学)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:149 韓国[2]
次の記事:147 北海道
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

建築情報学会キックオフ準備会議第6回(江東区・2/3)

「建築情報学」は、旧来の建築学の学問的カテゴリに捉われることなく、建築内外の知見を架橋することが...

戦後空間シンポジウム02「技術・政策・産業化─1960年代住宅の現実と可能性─」(港区・1/14)

日本建築学会が主催する戦後空間シンポジウムの第2回が、1月14日に開催されます。第1回(戦後空間シン...

METACITY(千葉県・1/18-19)

「METACITY」は、思考実験とプロトタイピングを通して「ありえる都市」の形を探求するリサーチプ...

AA visiting school workshop at 竹中大工道具館(兵庫県ほか・3/13-24)

イギリスの建築の名門AAスクールが世界中の大学や企業と共に世界各地で行うワークショップ「A...

第1回復興 シンポジウム「復興と地域社会圏」(福島県・1/26)

福島県では震災後7年が経過し避難区域の解除に伴い避難者・帰還者の復興がより具体的な形ではじまりつつ...

日本建築学会 西洋建築史小委員会 西洋建築史の諸問題ラウンドテーブル第2回(港区・1/12)

日本建築学会 西洋建築史小委員会では、2018年秋に「西洋建築史の諸問題ワーキンググループ」を設置...

鉄道芸術祭vol.8「超・都市計画 〜そうなろうとするCITY〜」(大阪府・11/10-1/27)

鉄道芸術祭vol.8では、アートエリアB1開館/中之島線開業10周年を記念して、沿線開発という「都...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る