PHOTO ARCHIVES

145 ベトナム北部

145 ベトナム北部

ベトナムを訪れれば、街中にあふれたバイクや、活き活きとした人々の往来からベトナム人のたくましさと陽気さを感じることができるだろう。そんなベトナムの歴史は、戦争の歴史といっても過言ではないくらい侵略と征服に耐えてきた国である。特に中国、タイ(シャム)、フランスの文化の影響が大きく、多くの史跡が国内に残る。
僕の住む首都ハノイはベトナム北部に位置する。四季があり、ときに日本に近しい風情を感じさせてくれる街だ。漢字で「河内」と表記するように紅(ホン)河の流域につくられていて、街中にふんだんにある湖は市民たちの貴重な憩いの場となっている。
かつての王リー・タイ・トーがハノイに都を移して1000年あまり、ベトナム戦争時代に激しい空爆を経た現在でも市内には多くの歴史遺産が残っている。中華文化圏の影響を受けた寺院、フランス統治時代のコロニアル様式の建築、そして南北統合後の近代建築などである。プチパリの別名も持つ中心部では、新しい建物にもコロニアル様式を意識したものが良く見られる。
都市化と高密度化の続くハノイ市内に対して、郊外には自然が多く残り、環境と共存することを意図した建築が見られる。元来、緑と密接に生活してきたベトナム人にとって、都会の喧騒から逃れ、自然のなかで週末を過ごすことへの憧憬は強い。
建物の建設にあたっては風水の視点が強く求められ、たくさんのルールが存在する。建築家より風水師の立場が強いが、そのようななかでも若い建築家はベトナム発の文化を創造するために竹や木、石やレンガといったローカル素材に着目した建築を作り出している。自然と豊かにつながり、人々の心を潤す心地よい空間が多くつくられることを期待している。



[撮影者:丹羽隆志(建築家)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:146 大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ──私たち
次の記事:144 ベトナム南部
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

トーク「建築の感情的経験」(渋谷区・2/19)

レジデンス・プログラムを通じてオランダより招聘しているアーティスト、ペトラ・ノードカンプによるトー...

シンポジウム「建築デザインにおいてテクノロジーという視点は有効か」3/7・新宿区

日本建築学会建築論・建築意匠小委員会では、テクノロジーの発展が建築家とエンジニアの協働にどのよう...

トークイベント 藤森照信×南伸坊「藤森照信建築と路上観察」(3/10・新宿区)

建築史家、建築家の藤森照信氏と、イラストレーター、エッセイストの南伸坊氏によるトークイベントを開...

AIT ARTIST TALK #78 「建築の感情的経験」(渋谷区・2/19)

レジデンス・プログラムを通じてオランダより招聘しているアーティスト、ペトラ・ノードカンプによるトー...

高山明/Port B「模型都市東京」展(品川区・2/8-5/31)

建築倉庫ミュージアムは、建築模型に特化した保管・展示施設として、これまで様々な展覧会を開催してき...

ディスカッション「記憶・記録を紡ぐことから、いまはどう映る?」(千代田区・2/19)

社会状況や人の営み、時には自然災害によって移ろいゆく土地の風景。いま、私たちが目にする風景は、どの...

座談会「彫刻という幸いについて」(府中市・2/23)

府中市美術館で開催中の展覧会「青木野枝 霧と鉄と山と」(3月1日まで)の関連企画として、座談会「彫...

展覧会「アイノとアルヴァ 二人のアアルト 建築・デザイン・生活革命」(江東区・12/20-2/27)

世界的建築家のアルヴァ・アアルトとその妻、アイノ・アアルトが1920年から1930年にかけて追及し...

展覧会 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」(港区・1/11-3/22)

1928年、初の国立デザイン指導機関として仙台に商工省工芸指導所が設立され、1933年には来日中の...
建築インフォメーション
ページTOPヘ戻る