PHOTO ARCHIVES

143 中国(浙江省)

143 中国(浙江省)

ここに紹介する写真は、2012年1月に浙江省を一週間ほど旅行したときに撮影したものである。
近年の中国におけるいわゆる「地域主義」的な建築のなかで、中国西部では成都の劉家琨(リウ・ジアクン)、中国東部では杭州の王澍(ワン・シュウ)がその代表的作家だと言えるが、両者の性質は微妙に異なっている。前者がモダニズム→批判的地域主義というオーソドックスな流れのなかにいるのに対し、失われつつある職人的な技や材料を用いながら強烈な形態に落としこむ後者は、そのような単純な理解を拒む位置にいるように見える。おそらくだからこそ「新しい中国」の建築家として、王澍はプリツカー賞を得たのだろう。開発地区のなかで撤去された古建築の材料をまとって建つ《寧波博物館》や、約20棟の建築を王澍が手がけた《杭州中国美術学院象山キャンパス》など、その王澍建築が集中するのが浙江省である。
王澍の制作したパビリオンもある《金華建築公園》は、ひとつの地方都市に国内外の有名建築家の作品が集結した、いかにも中国らしいプロジェクトである。ヘルツォーク&ド・ムーロンやフェルナンド・ロメロなどの作品の全体を統括するのは艾未未(アイ・ウェイウェイ)だ。こうした建築オールスターとでも言うべきビッグプロジェクトは、たとえば、内モンゴルの砂漠に100組の建築家による建築をあつめた「オルドス100」など近年の中国建築における特徴のひとつだが、完成に至った例はいまだほぼ見られない。その意味で《金華建築公園》は、規模はずいぶん劣るとはいえ、やや珍しい事例だろう。とはいえ、敷地横で進められる宅地開発をよそにいまでは完全に廃墟になっているが(ニュースにもなった)。
最後に、この地域にはすぐれた中国古典庭園や西洋風の近代建築も多く残されているが、時間の都合上、現代建築を中心に廻わらざるをえなかったことを付記しておきたい。



[撮影者:市川紘司(東北大学大学院)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:144 ベトナム南部
次の記事:142 中国(広東省)
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

建築レクチュアシリーズ217 平田晃久(大阪・4/5)

大阪を拠点に活動を行う2人の建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏が1組のゲスト建築家をお呼びして、年に7...

山岸剛×光嶋裕介「なぜ山岸は光嶋に対話を頼むのか? なぜ光嶋は山岸に撮影を頼むのか? 建築をめぐる写真とことば」『Tohoku Lost, Left, Found 山岸剛写真集』刊行記念(世田谷区・3/29)

東日本大震災から8年。3.11をきっかけに東北の大地を8年にわたり撮り続けた『Tohoku Los...

山岸剛写真集『Tohoku Lost, Left, Found』刊行記念トーク:山岸剛×植田実「『建築写真』とはなにか」(中央区・3/17)

『Tohoku Lost, Left, Found 山岸剛写真集』(LIXIL出版)の刊行を記念し...

公開討議「西欧的空間の彼岸とイスラーム空間」(港区・3/19)

横浜国立大学の都市空間研究会が主催する公開討議「西欧的空間の彼岸とイスラーム空間」が、3月19日に...

シンポジウム「建築の公共性──誰のためにつくるのか」(港区・3/28)

その建築をだれのためにつくるのか。 発注者のためです。そして同時にそれを使う人のためです。発注者が...

建築写真家・山岸剛作品展示「Tohoku Lost, Left, Found」(中央区・2/26-3/31)

写真家・山岸剛氏による『Tohoku Lost, Left, Found 山岸剛写真集』(LIXI...

鏡と天秤─ミクスト・マテリアル・インスタレーション─(中央区・3/12-5/11)

私たちは非日常(ハレ)と日常(ケ)の境界が曖昧な社会におり、個々が非日常(ハレ)と日常(ケ)のバラ...

- Green, Green and Tropical - 木質時代の東南アジア建築展(品川区・2/6-5/6)

建築倉庫ミュージアムでは、2月6日より「- Green, Green and Tropical -...

AA visiting school workshop at 竹中大工道具館(兵庫県ほか・3/13-24)

イギリスの建築の名門AAスクールが世界中の大学や企業と共に世界各地で行うワークショップ「A...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る