PHOTO ARCHIVES

141 香港

141 香港

2011年12月。東北地方の被災地支援の一環として、アジア最大級のデザインイベントである「Business of Design Week(BODW)」に招待された。香港はアジアを代表する都市のひとつであり、東京都の約半分の面積に東北地方とほぼ等しい数の人々が生活をしている。そうした世界有数の高層・高密度な都市のなかでは日本では考えられないほど細いプロポーションのビルや建築学生の設計に見られるような隙間を活用した空間の住みこなしが見られ、都市の活力と魅力が視覚化されていた。一方で、エレベーターを持たない高層マンションなど、都市の新陳代謝が間に合わず、時代に取り残された建築が問題化しているのも明らかであった。中心地である香港島から九龍に渡ると表に表われる華やかさと対照的な寂れた裏路地に垣間見える生々しい生活感が印象的だった。
BODWでは毎年異なるパートナー国を定め、その国を中心としたプロダクトや建築のデザインを紹介している。2011年のパートナー国はドイツであり、展示内容には洗練された工業デザインが中心となっていた。また、若手芸術家や現地の建築学生の作品も扱われている。プロダクト・デザイナーのディーター・ラムスら著名人によるシンポジウムも開催された。3日間の会期の最後を飾った坂茂による被災地でのプロジェクトの紹介は建築が現実に示した成果として広く関心を集めていた。
今回の訪問は短期間であり展示の鑑賞が主ではあったが、香港の人と物の持つ熱量を肌で感じ圧倒された。いくつかあげた写真からその一端でも感じていただければ幸いである。



[撮影者:江川拓未(東北大学大学院)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:142 中国(広東省)
次の記事:140 スペイン(バルセロナ+ビルバオ)後半
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

SPACE DESIGN TOOL BOX VOL.1 「空間デザインの道具箱」(渋谷区・11/21)

「空間デザイン」をもっと面白くするための道具や知恵を集めて、共有したい! 働く空間は、オフィスだけ...

保存再生学特別研究会「20世紀建築遺産の積極的保存活用に向けて」(千代田区・11/9)

都市内には、日々使い続けられている20世紀建築が多数存在するが、それらの保存活用における課題、それ...

上妻世海『制作へ』刊行記念トークイベント 上妻世海×門脇耕三×木内俊克(千代田区・11/30)

『制作へ』の表題論考「制作へ」は一種の身体論であり、身体拡張論である。制作を通じて身体を〈作品〉...

分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回「分離派登場の背景に見る建築教育と建築構造」(文京区・11/3)

分離派建築会(1920年 東京帝国大学卒業・結成)を、日本の近代建築におけるモダンデザインの鼻祖と...

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る