PHOTO ARCHIVES

141 香港

141 香港

2011年12月。東北地方の被災地支援の一環として、アジア最大級のデザインイベントである「Business of Design Week(BODW)」に招待された。香港はアジアを代表する都市のひとつであり、東京都の約半分の面積に東北地方とほぼ等しい数の人々が生活をしている。そうした世界有数の高層・高密度な都市のなかでは日本では考えられないほど細いプロポーションのビルや建築学生の設計に見られるような隙間を活用した空間の住みこなしが見られ、都市の活力と魅力が視覚化されていた。一方で、エレベーターを持たない高層マンションなど、都市の新陳代謝が間に合わず、時代に取り残された建築が問題化しているのも明らかであった。中心地である香港島から九龍に渡ると表に表われる華やかさと対照的な寂れた裏路地に垣間見える生々しい生活感が印象的だった。
BODWでは毎年異なるパートナー国を定め、その国を中心としたプロダクトや建築のデザインを紹介している。2011年のパートナー国はドイツであり、展示内容には洗練された工業デザインが中心となっていた。また、若手芸術家や現地の建築学生の作品も扱われている。プロダクト・デザイナーのディーター・ラムスら著名人によるシンポジウムも開催された。3日間の会期の最後を飾った坂茂による被災地でのプロジェクトの紹介は建築が現実に示した成果として広く関心を集めていた。
今回の訪問は短期間であり展示の鑑賞が主ではあったが、香港の人と物の持つ熱量を肌で感じ圧倒された。いくつかあげた写真からその一端でも感じていただければ幸いである。



[撮影者:江川拓未(東北大学大学院)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:142 中国(広東省)
次の記事:140 スペイン(バルセロナ+ビルバオ)後半
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

中村好文『芸術家(アーティスト)のすまいぶり』刊行記念「アーティストの住まいぶりと暮らしぶりから学んだこと」トークイベント(渋谷区・12/3)

アーティストにとって、住まいは「生き方の姿勢が、かたちになって見えるもの」(本文より)── ホンカ...

シンポジウム「建築家・根津耕一郎の仕事」(兵庫・11/16)

1960年代から70年代を中心に、関西を拠点として数多くの建築物を設計した建築家・根津耕一郎氏のシ...

トークイベント『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』刊行記念 藤森照信×田村尚子(中央区・11/21)

『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』の刊行を記念して、建築家であり建築史...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...

「磯崎新─水戸芸術館縁起─」(茨城・11/16-1/26)

建築家・磯崎新による美術館設計を振り返るシリーズの一環として、当館では水戸芸術館の設計コンセプトや...

展覧会「Steven Holl: Making Architecture」(品川区・11/8-1/8)

アメリカを代表する建築家、スティーブン・ホールは72歳になった現在も、ニューヨークと北京にオフィス...

シンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか」(兵庫・11/23)

2019年11月23日(土・祝)にシンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか...

戦後空間シンポジウム 04「バブル・震災・オウム教─1990年代、戦後空間の廃墟から─」(港区・11/22)

主旨: 「戦後空間シンポジウム」第 4回目のシンポジウムは戦後空間の変質に目を向け、80年代後半か...

第5回「吉阪隆正賞」授賞式/記念シンポジウム(千代田区・11/18)

第5回「吉阪隆正賞」を受賞した西沢立衛氏による記念シンポジウムが、11月18日にアテネ・フランセ文...

[磯崎新の謎]展(大分・9/23-11-24)

大分市が誇る建築家・磯崎新(1931~)は建築の枠を超え、思想、美術、デザインなど多岐に渡る分野で...

展覧会「日本建築の自画像 探求者たちの もの語り」(香川県・9/21-12/15)

われわれがよく聞く『日本建築』とは、何なのか? そもそも、何が『日本的』なのか? 本展では『日本建...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る