PHOTO ARCHIVES

14 ロマネスク

今回はフランスを中心としたロマネスクの教会および修道院の写真を集めた。シトー会の修道院、ロマネスク期の傑作としてクリュニーの第三教会堂とサン・マルタン・デュ・カニグー修道院、そしてサンティアゴ・デ・コンポステラへ向かう巡礼路の途中にあるいわゆる巡礼教会である。シトー会の修道院の徹底したストイックな表情から巡礼教会のときにグロテスクでさえある世俗的フィギュアまで、中世ロマネスク教会は豊かな多様性をもつ。いわゆる暗黒時代の闇から建築が再び試みられたその時代の魅力の一端を見ることができるように思う。 今回全体の取りまとめは日埜直彦が行ない、写真は日埜の他、笠原一人氏、奥佳弥氏、中村大吾氏から提供していただいた。各写真の撮影者はそれぞれ表記の通りである。



[撮影者:日埜直彦]

→ 「公開の原則と著作権について」

 

pic  フォントネィ修道院 Abbaye de Fontenay [1] [2] [3] [4]

pic  ル・トロネ修道院 Abbaye du Thoronet [1] [2] [3] [4] [5]

pic  セナンク修道院 Abbaye de Sénanque [1] [2] [3]

pic  シルヴァカンヌ修道院 Abbaye de Silvacane

pic  クリュニー第三教会堂 Cluny III

pic  サン・マルタン・デュ・カニグー修道院 Abbaye St-Martine du Canigou [1] [2]

pic  サン・ミシェル・デギュイ礼拝堂 Chapelle St-Michel d'Aiguilhe

pic  ノートルダム教会 Chapelle Nortre-Dame

pic  サント・フォア教会 [1] [2]

pic  サン・セルナン教会 Basilique St-Sernin

pic  サン・トストルモワヌ修道院 Ancienne abbatiale St-Austremoine

pic  サンティアゴ・デ・コンポステラ大聖堂  Cathedrale de Santiago de Compostela


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:15 ソルトレイク・シティ
次の記事:13 ウィーン
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

中村好文『芸術家(アーティスト)のすまいぶり』刊行記念「アーティストの住まいぶりと暮らしぶりから学んだこと」トークイベント(渋谷区・12/3)

アーティストにとって、住まいは「生き方の姿勢が、かたちになって見えるもの」(本文より)── ホンカ...

シンポジウム「建築家・根津耕一郎の仕事」(兵庫・11/16)

1960年代から70年代を中心に、関西を拠点として数多くの建築物を設計した建築家・根津耕一郎氏のシ...

トークイベント『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』刊行記念 藤森照信×田村尚子(中央区・11/21)

『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』の刊行を記念して、建築家であり建築史...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...

「磯崎新─水戸芸術館縁起─」(茨城・11/16-1/26)

建築家・磯崎新による美術館設計を振り返るシリーズの一環として、当館では水戸芸術館の設計コンセプトや...

展覧会「Steven Holl: Making Architecture」(品川区・11/8-1/8)

アメリカを代表する建築家、スティーブン・ホールは72歳になった現在も、ニューヨークと北京にオフィス...

シンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか」(兵庫・11/23)

2019年11月23日(土・祝)にシンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか...

戦後空間シンポジウム 04「バブル・震災・オウム教─1990年代、戦後空間の廃墟から─」(港区・11/22)

主旨: 「戦後空間シンポジウム」第 4回目のシンポジウムは戦後空間の変質に目を向け、80年代後半か...

第5回「吉阪隆正賞」授賞式/記念シンポジウム(千代田区・11/18)

第5回「吉阪隆正賞」を受賞した西沢立衛氏による記念シンポジウムが、11月18日にアテネ・フランセ文...

[磯崎新の謎]展(大分・9/23-11-24)

大分市が誇る建築家・磯崎新(1931~)は建築の枠を超え、思想、美術、デザインなど多岐に渡る分野で...

展覧会「日本建築の自画像 探求者たちの もの語り」(香川県・9/21-12/15)

われわれがよく聞く『日本建築』とは、何なのか? そもそも、何が『日本的』なのか? 本展では『日本建...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る