PHOTO ARCHIVES

138 オーストラリア

138 オーストラリア

生まれて初めて訪れる海外の土地、そこがオーストラリアだ。不安と期待を胸に飛行機を降り空港の外へ出るとそこは、とてつもなく寒かった。気候が日本と逆転していることはわかっているし、それなりに厚着をしたつもりでいたのだが、思わぬところでオーストラリアの洗礼を受け下調べを怠っていたことに後悔した。しかし、それにも増して海外の土を踏めることによる感情のワクワクのほうが勝っていた。
最初に向かった土地はシドニーである。私にとってシドニーといえば《オペラハウス》といっても過言ではない。それを見たい気持ち一心にサーキュラーキーへと向かう足取りは自然と早くなっていた。しかし、そこは初めて訪れる海外の土地だ。アルファベットだらけの看板、飛び交う英語、たくさんの異なる人種の人たちが街を行き交い、それらすべての物に目を奪われる。しかしサーキュラーキーに到着し、それを見たとたん、すべての物は霞んでしまった。目も開けられないほどの強い日差しを浴びて白く輝く《オペラハウス》は、ハーバーブリッジと対をなし、王立植物園のたくさんの木々たちと共に海に浮かんでいた。この光景はこの旅一番の感動を私に与えた。
今回の旅は天候にも人にも恵まれ、たくさんの感動と興奮を感じる一週間となった。オーストラリアは歴史の浅い国だが、移民を受け入れグローバルに発展していくさまを目にしたことは、まだまだ若く視野の狭い私が成長するための糧となった。この旅で受けた刺激は、私の価値観や感性をここでまたひとつ刷新させてくれた。

これらの写真は2011年8月末から9月までの一週間に訪れた、シドニーとメルボルンの写真である。



[撮影者:岩井翔(国士舘大学理工学部)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:139 スペイン(バルセロナ+ビルバオ)前半
次の記事:137 タイ
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

SPACE DESIGN TOOL BOX VOL.1 「空間デザインの道具箱」(渋谷区・11/21)

「空間デザイン」をもっと面白くするための道具や知恵を集めて、共有したい! 働く空間は、オフィスだけ...

保存再生学特別研究会「20世紀建築遺産の積極的保存活用に向けて」(千代田区・11/9)

都市内には、日々使い続けられている20世紀建築が多数存在するが、それらの保存活用における課題、それ...

上妻世海『制作へ』刊行記念トークイベント 上妻世海×門脇耕三×木内俊克(千代田区・11/30)

『制作へ』の表題論考「制作へ」は一種の身体論であり、身体拡張論である。制作を通じて身体を〈作品〉...

分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回「分離派登場の背景に見る建築教育と建築構造」(文京区・11/3)

分離派建築会(1920年 東京帝国大学卒業・結成)を、日本の近代建築におけるモダンデザインの鼻祖と...

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る