PHOTO ARCHIVES

138 オーストラリア

138 オーストラリア

生まれて初めて訪れる海外の土地、そこがオーストラリアだ。不安と期待を胸に飛行機を降り空港の外へ出るとそこは、とてつもなく寒かった。気候が日本と逆転していることはわかっているし、それなりに厚着をしたつもりでいたのだが、思わぬところでオーストラリアの洗礼を受け下調べを怠っていたことに後悔した。しかし、それにも増して海外の土を踏めることによる感情のワクワクのほうが勝っていた。
最初に向かった土地はシドニーである。私にとってシドニーといえば《オペラハウス》といっても過言ではない。それを見たい気持ち一心にサーキュラーキーへと向かう足取りは自然と早くなっていた。しかし、そこは初めて訪れる海外の土地だ。アルファベットだらけの看板、飛び交う英語、たくさんの異なる人種の人たちが街を行き交い、それらすべての物に目を奪われる。しかしサーキュラーキーに到着し、それを見たとたん、すべての物は霞んでしまった。目も開けられないほどの強い日差しを浴びて白く輝く《オペラハウス》は、ハーバーブリッジと対をなし、王立植物園のたくさんの木々たちと共に海に浮かんでいた。この光景はこの旅一番の感動を私に与えた。
今回の旅は天候にも人にも恵まれ、たくさんの感動と興奮を感じる一週間となった。オーストラリアは歴史の浅い国だが、移民を受け入れグローバルに発展していくさまを目にしたことは、まだまだ若く視野の狭い私が成長するための糧となった。この旅で受けた刺激は、私の価値観や感性をここでまたひとつ刷新させてくれた。

これらの写真は2011年8月末から9月までの一週間に訪れた、シドニーとメルボルンの写真である。



[撮影者:岩井翔(国士舘大学理工学部)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:139 スペイン(バルセロナ+ビルバオ)前半
次の記事:137 タイ
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

建築情報学会キックオフ準備会議第6回(江東区・2/3)

「建築情報学」は、旧来の建築学の学問的カテゴリに捉われることなく、建築内外の知見を架橋することが...

戦後空間シンポジウム02「技術・政策・産業化─1960年代住宅の現実と可能性─」(港区・1/14)

日本建築学会が主催する戦後空間シンポジウムの第2回が、1月14日に開催されます。第1回(戦後空間シン...

METACITY(千葉県・1/18-19)

「METACITY」は、思考実験とプロトタイピングを通して「ありえる都市」の形を探求するリサーチプ...

AA visiting school workshop at 竹中大工道具館(兵庫県ほか・3/13-24)

イギリスの建築の名門AAスクールが世界中の大学や企業と共に世界各地で行うワークショップ「A...

第1回復興 シンポジウム「復興と地域社会圏」(福島県・1/26)

福島県では震災後7年が経過し避難区域の解除に伴い避難者・帰還者の復興がより具体的な形ではじまりつつ...

日本建築学会 西洋建築史小委員会 西洋建築史の諸問題ラウンドテーブル第2回(港区・1/12)

日本建築学会 西洋建築史小委員会では、2018年秋に「西洋建築史の諸問題ワーキンググループ」を設置...

鉄道芸術祭vol.8「超・都市計画 〜そうなろうとするCITY〜」(大阪府・11/10-1/27)

鉄道芸術祭vol.8では、アートエリアB1開館/中之島線開業10周年を記念して、沿線開発という「都...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る