PHOTO ARCHIVES

137 タイ

137 タイ

去年の10月、全国的に大規模な洪水に見舞われたタイだが、洪水が起こる前の9月にタイ中部スパンブリ県サームチュック市場の街並み保存・再生計画の国際合同ワークショップにタイの学生とともに参加した。今回は、百年市場と呼ばれるこの伝統的マーケットの写真を中心にほかのマーケット、アユタヤ遺跡、バンコク周辺の街の風景、建築の写真等を紹介する。
タイは、古くから水運が発達していたこともあり、全国各地で水上マーケットが展開されている。しかし近年、車を主体とした交通手段の発達により、各地で変化が起こっている。今回訪れた百年市場は文字通り約百年前から続いているが、建物の老朽化、洪水、交通などの問題への対処や、市場のさらなる活性化をめざし、サームチュック開発委員会が2000年に発足し、少しずつリノベーションが進められている。現在、街は改修前と後の建物や、政府管理部分と民間管理部分が混在しており、第一印象では街全体に統一感は感じられなかった。
しかし、ワークショップを進めていくにつれて、建物一つひとつのディティールや石畳などの共通点も見い出された。そして河川、建物、路地などそれぞれの要素を中心に個別にリサーチし、考察することでワークショップ参加メンバーから街全体の将来を考慮した案が展開された。どの案もクリエイティブなものであり、将来的に実現できたらと思う。
今回、学生たちを取りまとめる立場で、いつもとは違った視点での参加であったが、得たものは大きく、将来この経験を存分にいかしていきたい。



[撮影者:都築和義(国士舘大学大学院)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:138 オーストラリア
次の記事:136 新・港村
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

対談「磯崎新×浅田彰」「インポッシブル・アーキテクチャー」展(大阪府・2/15)

国立国際美術館で開催中の展覧会「インポッシブル・アーキテクチャー──建築家たちの夢」の関連企画とし...

座談会「彫刻という幸いについて」(府中市・2/23)

府中市美術館で開催中の展覧会「青木野枝 霧と鉄と山と」(3月1日まで)の関連企画として、座談会「彫...

展覧会「超看板 SIGNS & BEYOND Vol.2」(渋谷区・1/10-19)

「超看板」は、建築家、デザイナー、アーティストなど、異なる分野で活動するコラボレーターと協働し、既...

展覧会「アイノとアルヴァ 二人のアアルト 建築・デザイン・生活革命」(江東区・12/20-2/27)

世界的建築家のアルヴァ・アアルトとその妻、アイノ・アアルトが1920年から1930年にかけて追及し...

「いま」を考えるトークシリーズVol.9「観光と都市のモビリティそしてアート」(京都・1/11)

多様な角度から同時代の社会を知り、捉え直すためのトピックを挙げ、それにまつわるゲストを招く連続トー...

安藤忠雄早稲田大学特別講演会「夢かけて走る」(新宿区・1/21)

2020年1月21日に早稲田大学西早稲田キャンパスにて、 安藤忠雄氏の早稲田大学特別講演会「夢かけ...

展覧会 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」(港区・1/11-3/22)

1928年、初の国立デザイン指導機関として仙台に商工省工芸指導所が設立され、1933年には来日中の...

対談 「岡﨑乾二郎──視覚のカイソウ」展 斎藤環+岡﨑乾二郎(愛知県・1/13)

豊田市美術館で開催中の展覧会「岡﨑乾二郎──視覚のカイソウ」の関連企画として、本展出品作家の岡﨑乾...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...

「磯崎新─水戸芸術館縁起─」(茨城・11/16-1/26)

建築家・磯崎新による美術館設計を振り返るシリーズの一環として、当館では水戸芸術館の設計コンセプトや...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る