PHOTO ARCHIVES

137 タイ

137 タイ

去年の10月、全国的に大規模な洪水に見舞われたタイだが、洪水が起こる前の9月にタイ中部スパンブリ県サームチュック市場の街並み保存・再生計画の国際合同ワークショップにタイの学生とともに参加した。今回は、百年市場と呼ばれるこの伝統的マーケットの写真を中心にほかのマーケット、アユタヤ遺跡、バンコク周辺の街の風景、建築の写真等を紹介する。
タイは、古くから水運が発達していたこともあり、全国各地で水上マーケットが展開されている。しかし近年、車を主体とした交通手段の発達により、各地で変化が起こっている。今回訪れた百年市場は文字通り約百年前から続いているが、建物の老朽化、洪水、交通などの問題への対処や、市場のさらなる活性化をめざし、サームチュック開発委員会が2000年に発足し、少しずつリノベーションが進められている。現在、街は改修前と後の建物や、政府管理部分と民間管理部分が混在しており、第一印象では街全体に統一感は感じられなかった。
しかし、ワークショップを進めていくにつれて、建物一つひとつのディティールや石畳などの共通点も見い出された。そして河川、建物、路地などそれぞれの要素を中心に個別にリサーチし、考察することでワークショップ参加メンバーから街全体の将来を考慮した案が展開された。どの案もクリエイティブなものであり、将来的に実現できたらと思う。
今回、学生たちを取りまとめる立場で、いつもとは違った視点での参加であったが、得たものは大きく、将来この経験を存分にいかしていきたい。



[撮影者:都築和義(国士舘大学大学院)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:138 オーストラリア
次の記事:136 新・港村
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

建築情報学会キックオフ準備会議第6回(江東区・2/3)

「建築情報学」は、旧来の建築学の学問的カテゴリに捉われることなく、建築内外の知見を架橋することが...

戦後空間シンポジウム02「技術・政策・産業化─1960年代住宅の現実と可能性─」(港区・1/14)

日本建築学会が主催する戦後空間シンポジウムの第2回が、1月14日に開催されます。第1回(戦後空間シン...

METACITY(千葉県・1/18-19)

「METACITY」は、思考実験とプロトタイピングを通して「ありえる都市」の形を探求するリサーチプ...

AA visiting school workshop at 竹中大工道具館(兵庫県ほか・3/13-24)

イギリスの建築の名門AAスクールが世界中の大学や企業と共に世界各地で行うワークショップ「A...

第1回復興 シンポジウム「復興と地域社会圏」(福島県・1/26)

福島県では震災後7年が経過し避難区域の解除に伴い避難者・帰還者の復興がより具体的な形ではじまりつつ...

日本建築学会 西洋建築史小委員会 西洋建築史の諸問題ラウンドテーブル第2回(港区・1/12)

日本建築学会 西洋建築史小委員会では、2018年秋に「西洋建築史の諸問題ワーキンググループ」を設置...

鉄道芸術祭vol.8「超・都市計画 〜そうなろうとするCITY〜」(大阪府・11/10-1/27)

鉄道芸術祭vol.8では、アートエリアB1開館/中之島線開業10周年を記念して、沿線開発という「都...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る