PHOTO ARCHIVES

136 新・港村

136 新・港村

2011年8月6日から11月6日まで、横浜トリエンナーレ特別連携プログラムとして、横浜馬車道駅近くの倉庫、新港ピアにて「新・港村 小さな未来都市」が開催された。主宰はBankART1929(代表=池田修)。約4,000平米の倉庫が4つのゾーンに分割され、多くのアーティストや建築家、クリエイター、また国内外の団体が、作品展示やイベント開催を行なった。文教地区、下町地区、広場と住宅街など、全体がひとつの〈村〉(=小さな未来都市)に見立てられ、それぞれの個人や団体が3カ月の期間中〈村民〉となり、交流していった。
会期初期には過半数のブースが未完成であり、会期中盤以降に完成に近づいていったことから、不完全な状態で会場を見た人も多いかもしれない。写真は、会期前、会期中、会期終盤のそれぞれに撮られているが、そのため多くは会期終盤の写真である。またBゾーンの建築系ラジオブースは、会期中、10の展覧会を順番に行ない、もっとも変化の多いブースであった。そのため変化のプロセスを独立して紹介している。
電力85パーセントカットを目標に、太陽光発電や人力発電を用い、夏の暑い最中も冷房なしで乗り切った。東日本大震災のあった2011年を象徴する展示であったように思う。参加団体、アーティストは100を超え、じつに多くの参加者が集っていた。そのため、普段出会う機会の少ないクリエイター同士が出会う場が生まれていたといえよう。3カ月という期間、会場が変わり続けていったために、訪れるたびに会場の印象が変わっていった。その様子の一部をご覧いただければと思う。
*なお、建築系ラジオ部分の写真撮影は、各展示者らによる。



[撮影者:松田達(東京大学)]

→ 「公開の原則と著作権について」

pic  会場の様子

pic  松本秋則《竹林》

pic  みかんぐみ《受付》

pic  Fashion Remaker

pic  越後妻有大地の芸術祭

pic  みかんぐみ+コンテンポラリーズ/柳澤潤《会場構成》

pic  村田峰紀《ドローイングのパフォーマンス》

pic  みかんぐみ+コンテンポラリーズ/柳澤潤《会場構成模型》

pic  アーキエイド《アーキエイド》

pic  REAR

pic  だがねらんど《名古屋国際センター》

pic  岡部友彦(寿オルタナティブネットワーク)+小林国弘(神奈川大学曽我部研究室)《コトブキ案内所》

pic  会場構成

pic  開発好明《発泡スチロールの家》

pic  牛島達治《汎用動力研究所》

pic  嶋田洋平(らいおん建築事務所)《共同サンド》

pic  毛原大樹《最後のテレビ》

pic  N-mark《新ナゴヤ島》

pic  深沢アート研究所《深沢アート研究所》

pic  アトリエ・ワン《リムジン屋台》

pic  南雲由子《美容室》

pic  開発好明《未来郵便局》

pic  和井内京子+KISSA《デザイン+靴》

pic  松田達《建築系ラジオ》

pic  入江徹+琉球大学入江徹研究室《地方チーム合同展(沖縄)》

pic  平山善雄+正木哲+香野あゆみ+上条美里《地方チーム合同展(九州)》

pic  堀川佳奈+松田佳奈《地方チーム合同展(広島)》

pic  彦坂尚嘉+気体分子ギャラリー《建築系美術ラジオ展》

pic  ミリメーター(笠置秀紀+宮口明子)《ミリメーター展》

pic  国士舘大学南泰裕研究室《国士舘大学南泰裕研究室展》

pic  椙山女学園村上心研究室+東北大学五十嵐太郎研究室+国士舘大学南泰裕研究室+首都大学学生他《タイ・ワークショップ展》

pic  謝宗哲(キュレーション)、王喆、游承翰、方瑋、林建華、邱兪鳳、楊秀川、羅曜辰、蔡芳琪《台湾若手建築展──Little People Architects》

pic  東京建築ガールズコレクション展実行委員会《東京建築ガールズコレクション展巡回展》

pic  昭和女子大学杉浦久子研究室《昭和女子大学杉浦久子研究室展》

pic  名古屋工業大学北川啓介研究室《名古屋工業大学北川啓介研究室展》

pic  前田紀貞+前田紀貞アトリエ《前田紀貞展》

pic  磯崎道佳《ぞうきんぞう》

pic  会場構成

pic  三好剛生《ペンギンの作品》

pic  東京都市大学手塚貴晴研究室+手塚由比《新・港村劇場》

pic  新・港村ギャラリー

pic  五十嵐太郎+五十嵐太郎研究室+彦坂尚嘉《新・港村ギャラリー》

pic  白井美穂《らせんの家》

pic  櫻井かえで《象の作品》

pic  淺井裕介《泥絵・昆虫森》

pic  SPACESPACE《Book Shop》

pic  会場構成

pic  宮昌子(STUDIO 2A)

pic  佐々木龍郎

pic  小泉アトリエ/小泉雅生《Café》

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:137 タイ
次の記事:135 オランダ[3]
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

建築家とめぐるキャンパス140年の歴史散策(文京区・10/20)

安田講堂と総合図書館の大改修という、本郷キャンパス史に残る近年の二大プロジェクトを担った二人の建築家...

大学の建築フォーラム:アーカイヴとアウトリーチ(港区・10/20)

都市を彩る建築物は、その空間において生起した人々の活動を留める、記憶の器でもあります。 本フォー...

L-cafe ナノメートルアーキテクチャー講演会「つくってきたもの、一緒につくること、その場所でつくること。」(福井県・10/21)

北陸建築学生団体SAKが主催するL-cafeでは、ナノメートルアーキテクチャーをゲストの迎え、「つく...

立教大学社会デザイン研究所 大和ハウス工業株式会社寄付講座「文化の居場所を考える」(豊島区・10/15-)

ソーシャルシアター、哲学カフェ、シェアオフィス、ハウスグランピング、公共空間の開放的利用、など、...

オカムラデザインスペースR第16回企画展「Somesthetic-身体性-」(千代田区・9/27-10/17)

オカムラデザインスペースR(ODS-R)は、「建築家と建築以外の領域の表現者との協働」を基本コン...

建築フォーラム2018「都市東京の近未来」(新宿区・10/2-)

現在東京では2020年およびそれ以降をめざして都市を再編する行為(インテルヴェント)が数多く進行し...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...

NPO建築とアートの道場 2018年秋-1レクチャーシリーズ「建築家の生態を探る」(文京区・9/1-10/13)

gallery IHAの2018年秋-1レクチャーシリーズは、『建築家の生態を探る』と題して、成瀬友...

川田知志「Open Room」(大阪府・9/2-10/13)

「壁画」を主軸とするインスタレーション制作によって、視覚芸術と都市空間との関わりを提示する美術家・...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る