PHOTO ARCHIVES

136 新・港村

136 新・港村

2011年8月6日から11月6日まで、横浜トリエンナーレ特別連携プログラムとして、横浜馬車道駅近くの倉庫、新港ピアにて「新・港村 小さな未来都市」が開催された。主宰はBankART1929(代表=池田修)。約4,000平米の倉庫が4つのゾーンに分割され、多くのアーティストや建築家、クリエイター、また国内外の団体が、作品展示やイベント開催を行なった。文教地区、下町地区、広場と住宅街など、全体がひとつの〈村〉(=小さな未来都市)に見立てられ、それぞれの個人や団体が3カ月の期間中〈村民〉となり、交流していった。
会期初期には過半数のブースが未完成であり、会期中盤以降に完成に近づいていったことから、不完全な状態で会場を見た人も多いかもしれない。写真は、会期前、会期中、会期終盤のそれぞれに撮られているが、そのため多くは会期終盤の写真である。またBゾーンの建築系ラジオブースは、会期中、10の展覧会を順番に行ない、もっとも変化の多いブースであった。そのため変化のプロセスを独立して紹介している。
電力85パーセントカットを目標に、太陽光発電や人力発電を用い、夏の暑い最中も冷房なしで乗り切った。東日本大震災のあった2011年を象徴する展示であったように思う。参加団体、アーティストは100を超え、じつに多くの参加者が集っていた。そのため、普段出会う機会の少ないクリエイター同士が出会う場が生まれていたといえよう。3カ月という期間、会場が変わり続けていったために、訪れるたびに会場の印象が変わっていった。その様子の一部をご覧いただければと思う。
*なお、建築系ラジオ部分の写真撮影は、各展示者らによる。



[撮影者:松田達(東京大学)]

→ 「公開の原則と著作権について」

pic  会場の様子

pic  松本秋則《竹林》

pic  みかんぐみ《受付》

pic  Fashion Remaker

pic  越後妻有大地の芸術祭

pic  みかんぐみ+コンテンポラリーズ/柳澤潤《会場構成》

pic  村田峰紀《ドローイングのパフォーマンス》

pic  みかんぐみ+コンテンポラリーズ/柳澤潤《会場構成模型》

pic  アーキエイド《アーキエイド》

pic  REAR

pic  だがねらんど《名古屋国際センター》

pic  岡部友彦(寿オルタナティブネットワーク)+小林国弘(神奈川大学曽我部研究室)《コトブキ案内所》

pic  会場構成

pic  開発好明《発泡スチロールの家》

pic  牛島達治《汎用動力研究所》

pic  嶋田洋平(らいおん建築事務所)《共同サンド》

pic  毛原大樹《最後のテレビ》

pic  N-mark《新ナゴヤ島》

pic  深沢アート研究所《深沢アート研究所》

pic  アトリエ・ワン《リムジン屋台》

pic  南雲由子《美容室》

pic  開発好明《未来郵便局》

pic  和井内京子+KISSA《デザイン+靴》

pic  松田達《建築系ラジオ》

pic  入江徹+琉球大学入江徹研究室《地方チーム合同展(沖縄)》

pic  平山善雄+正木哲+香野あゆみ+上条美里《地方チーム合同展(九州)》

pic  堀川佳奈+松田佳奈《地方チーム合同展(広島)》

pic  彦坂尚嘉+気体分子ギャラリー《建築系美術ラジオ展》

pic  ミリメーター(笠置秀紀+宮口明子)《ミリメーター展》

pic  国士舘大学南泰裕研究室《国士舘大学南泰裕研究室展》

pic  椙山女学園村上心研究室+東北大学五十嵐太郎研究室+国士舘大学南泰裕研究室+首都大学学生他《タイ・ワークショップ展》

pic  謝宗哲(キュレーション)、王喆、游承翰、方瑋、林建華、邱兪鳳、楊秀川、羅曜辰、蔡芳琪《台湾若手建築展──Little People Architects》

pic  東京建築ガールズコレクション展実行委員会《東京建築ガールズコレクション展巡回展》

pic  昭和女子大学杉浦久子研究室《昭和女子大学杉浦久子研究室展》

pic  名古屋工業大学北川啓介研究室《名古屋工業大学北川啓介研究室展》

pic  前田紀貞+前田紀貞アトリエ《前田紀貞展》

pic  磯崎道佳《ぞうきんぞう》

pic  会場構成

pic  三好剛生《ペンギンの作品》

pic  東京都市大学手塚貴晴研究室+手塚由比《新・港村劇場》

pic  新・港村ギャラリー

pic  五十嵐太郎+五十嵐太郎研究室+彦坂尚嘉《新・港村ギャラリー》

pic  白井美穂《らせんの家》

pic  櫻井かえで《象の作品》

pic  淺井裕介《泥絵・昆虫森》

pic  SPACESPACE《Book Shop》

pic  会場構成

pic  宮昌子(STUDIO 2A)

pic  佐々木龍郎

pic  小泉アトリエ/小泉雅生《Café》

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:137 タイ
次の記事:135 オランダ[3]
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

早稲田大学・吉村靖孝研究室
《CROSS WAVE HUT》展示
(新宿区・11/2-11/3)

吉村靖孝研究室では、「半動産建築研究」と称し、モバイルハウスやコンテナ建築など土地への定着の度合い...

ARCH-ABLE PUBLIC OFFERING(中央区・11/11)

建築家の生み出したデザインのデジタルデータをアーカイブし、CCライセンスのもとに公開しようとするサ...

シンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか」(兵庫・11/23)

2019年11月23日(土・祝)にシンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか...

「街はだれのもの?」上映会&トーク(豊島区・10/25-27)

ブラジル都市部にあふれるグラフィティ。それは多様なルーツ、カルチャーが混沌とするブラジルの街から生...

戦後空間シンポジウム 04「バブル・震災・オウム教─1990年代、戦後空間の廃墟から─」(港区・11/22)

主旨: 「戦後空間シンポジウム」第 4回目のシンポジウムは戦後空間の変質に目を向け、80年代後半か...

JIAデザイントーク2019 第1回「共に考え、共につくるデザイン」原田祐馬(大阪・10/23)

日本建築家協会による「JIAデザイントーク」の第1回が、10月23日に大阪市で開催されます。「共に...

講演会「『バウハウス』美学によるプロパガンダ──戦前における日本のグラフィックデザイン」(港区・10/25)

10月25日まで東京ドイツ文化センターで開催中の「バウハウス オープン・エンド」展の関連企画として...

アントニー・ボダン「え」展(新宿区・10/10-11/3)

フランス・ナントを拠点に活動する造形美術家アントニー・ボダンの展覧会が10月10日よりアンスティチュ...

シンポジウム「建築がいる美術と写真 ー築土構木ー」(京都・10/20)

ミサワホームのAプロジェクトが主催するシンポジウムが10月20日に京都市下京区の徳正寺で行われます...

第5回「吉阪隆正賞」授賞式/記念シンポジウム(千代田区・11/18)

第5回「吉阪隆正賞」を受賞した西沢立衛氏による記念シンポジウムが、11月18日にアテネ・フランセ文...

[磯崎新の謎]展(大分・9/23-11-24)

大分市が誇る建築家・磯崎新(1931~)は建築の枠を超え、思想、美術、デザインなど多岐に渡る分野で...

「磯崎新 觀海庵 縁起」(群馬・9/13-10/23)

黒い色調で統一されたシャープなフォルムが特徴的なハラ ミュージアム アーク(1988年設立・200...

展覧会「日本建築の自画像 探求者たちの もの語り」(香川県・9/21-12/15)

われわれがよく聞く『日本建築』とは、何なのか? そもそも、何が『日本的』なのか? 本展では『日本建...

「New Nature/ 御手洗龍展──新しい幾何学でつくられる小さな生態系としての建築」(港区・9/7-10/26)

東京都港区のプリズミックギャラリーで、建築家の御手洗龍による展覧会「New Nature / 御手洗...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」第4回 大西麻貴/第5回 猪熊純(港区・8/25,10/26)

illustration: Mariko FUKUOKA 建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんな...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る