PHOTO ARCHIVES

134 アントワープ、ブリュージュ、ルーヴァン、リエージュ

134 アントワープ、ブリュージュ、ルーヴァン、リエージュ

ベルギーのブリュッセルに続き、周辺都市の紹介である。今回は貿易港として栄えたアントワープ、水の都ブリュージュ、大学都市としてのルーヴァンとルーヴァン・ラ・ヌーヴ、そしてサンチャゴ・カラトラヴァ設計によるリエージュのギユマン駅を紹介する。
一国の内に複数の母語を持つベルギーでは隣国からの文化的影響を強く感じる。特にアントワープではオランダの多くの都市同様、港町として栄えたことも手伝ってか、建築も文化もオランダの影響を強く受けており、街を歩いていてもオランダに来てしまったかと錯覚するほどだ。フランス語を公用語としているブリュッセルとはまるで違う国のように感じる。アントワープに限らずベルギーの各都市は、それぞれが持つ文化的背景が異なり、少し足を伸ばすだけで違う国に来ているような体験ができる。
それでもやはり各都市の中心部、市庁舎や中央広場のあるあたりのギルドハウスなどには、共通する美学が感じられ、またその美学は各都市の町並みにも、形を変えながらも取り込まれている。一見するとまるで違うデザインであっても、外壁の色使いや細かいディテールの装飾などで、同じ国の住宅であることを発見するのだ。
残念ながら今回は、古く良質な建築も多く残すナミュールやゲントまで足を伸ばすことはできなかったが、都市毎に異なる建築・文化の変化を感じていただけたらと思う。大国に挟まれ、ヨーロッパの心臓とも言われるベルギー。その文化を知ることは、そのままヨーロッパ全体を知ることになると信じて。



[撮影者:川崎亮(東北大学大学院)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:135 オランダ[3]
次の記事:133 ブリュッセル
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

SPACE DESIGN TOOL BOX VOL.1 「空間デザインの道具箱」(渋谷区・11/21)

「空間デザイン」をもっと面白くするための道具や知恵を集めて、共有したい! 働く空間は、オフィスだけ...

保存再生学特別研究会「20世紀建築遺産の積極的保存活用に向けて」(千代田区・11/9)

都市内には、日々使い続けられている20世紀建築が多数存在するが、それらの保存活用における課題、それ...

上妻世海『制作へ』刊行記念トークイベント 上妻世海×門脇耕三×木内俊克(千代田区・11/30)

『制作へ』の表題論考「制作へ」は一種の身体論であり、身体拡張論である。制作を通じて身体を〈作品〉...

分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回「分離派登場の背景に見る建築教育と建築構造」(文京区・11/3)

分離派建築会(1920年 東京帝国大学卒業・結成)を、日本の近代建築におけるモダンデザインの鼻祖と...

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る