PHOTO ARCHIVES

134 アントワープ、ブリュージュ、ルーヴァン、リエージュ

134 アントワープ、ブリュージュ、ルーヴァン、リエージュ

ベルギーのブリュッセルに続き、周辺都市の紹介である。今回は貿易港として栄えたアントワープ、水の都ブリュージュ、大学都市としてのルーヴァンとルーヴァン・ラ・ヌーヴ、そしてサンチャゴ・カラトラヴァ設計によるリエージュのギユマン駅を紹介する。
一国の内に複数の母語を持つベルギーでは隣国からの文化的影響を強く感じる。特にアントワープではオランダの多くの都市同様、港町として栄えたことも手伝ってか、建築も文化もオランダの影響を強く受けており、街を歩いていてもオランダに来てしまったかと錯覚するほどだ。フランス語を公用語としているブリュッセルとはまるで違う国のように感じる。アントワープに限らずベルギーの各都市は、それぞれが持つ文化的背景が異なり、少し足を伸ばすだけで違う国に来ているような体験ができる。
それでもやはり各都市の中心部、市庁舎や中央広場のあるあたりのギルドハウスなどには、共通する美学が感じられ、またその美学は各都市の町並みにも、形を変えながらも取り込まれている。一見するとまるで違うデザインであっても、外壁の色使いや細かいディテールの装飾などで、同じ国の住宅であることを発見するのだ。
残念ながら今回は、古く良質な建築も多く残すナミュールやゲントまで足を伸ばすことはできなかったが、都市毎に異なる建築・文化の変化を感じていただけたらと思う。大国に挟まれ、ヨーロッパの心臓とも言われるベルギー。その文化を知ることは、そのままヨーロッパ全体を知ることになると信じて。



[撮影者:川崎亮(東北大学大学院)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:135 オランダ[3]
次の記事:133 ブリュッセル
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

中村好文『芸術家(アーティスト)のすまいぶり』刊行記念「アーティストの住まいぶりと暮らしぶりから学んだこと」トークイベント(渋谷区・12/3)

アーティストにとって、住まいは「生き方の姿勢が、かたちになって見えるもの」(本文より)── ホンカ...

シンポジウム「建築家・根津耕一郎の仕事」(兵庫・11/16)

1960年代から70年代を中心に、関西を拠点として数多くの建築物を設計した建築家・根津耕一郎氏のシ...

トークイベント『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』刊行記念 藤森照信×田村尚子(中央区・11/21)

『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』の刊行を記念して、建築家であり建築史...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...

「磯崎新─水戸芸術館縁起─」(茨城・11/16-1/26)

建築家・磯崎新による美術館設計を振り返るシリーズの一環として、当館では水戸芸術館の設計コンセプトや...

展覧会「Steven Holl: Making Architecture」(品川区・11/8-1/8)

アメリカを代表する建築家、スティーブン・ホールは72歳になった現在も、ニューヨークと北京にオフィス...

シンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか」(兵庫・11/23)

2019年11月23日(土・祝)にシンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか...

戦後空間シンポジウム 04「バブル・震災・オウム教─1990年代、戦後空間の廃墟から─」(港区・11/22)

主旨: 「戦後空間シンポジウム」第 4回目のシンポジウムは戦後空間の変質に目を向け、80年代後半か...

第5回「吉阪隆正賞」授賞式/記念シンポジウム(千代田区・11/18)

第5回「吉阪隆正賞」を受賞した西沢立衛氏による記念シンポジウムが、11月18日にアテネ・フランセ文...

[磯崎新の謎]展(大分・9/23-11-24)

大分市が誇る建築家・磯崎新(1931~)は建築の枠を超え、思想、美術、デザインなど多岐に渡る分野で...

展覧会「日本建築の自画像 探求者たちの もの語り」(香川県・9/21-12/15)

われわれがよく聞く『日本建築』とは、何なのか? そもそも、何が『日本的』なのか? 本展では『日本建...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る