PHOTO ARCHIVES

134 アントワープ、ブリュージュ、ルーヴァン、リエージュ

134 アントワープ、ブリュージュ、ルーヴァン、リエージュ

ベルギーのブリュッセルに続き、周辺都市の紹介である。今回は貿易港として栄えたアントワープ、水の都ブリュージュ、大学都市としてのルーヴァンとルーヴァン・ラ・ヌーヴ、そしてサンチャゴ・カラトラヴァ設計によるリエージュのギユマン駅を紹介する。
一国の内に複数の母語を持つベルギーでは隣国からの文化的影響を強く感じる。特にアントワープではオランダの多くの都市同様、港町として栄えたことも手伝ってか、建築も文化もオランダの影響を強く受けており、街を歩いていてもオランダに来てしまったかと錯覚するほどだ。フランス語を公用語としているブリュッセルとはまるで違う国のように感じる。アントワープに限らずベルギーの各都市は、それぞれが持つ文化的背景が異なり、少し足を伸ばすだけで違う国に来ているような体験ができる。
それでもやはり各都市の中心部、市庁舎や中央広場のあるあたりのギルドハウスなどには、共通する美学が感じられ、またその美学は各都市の町並みにも、形を変えながらも取り込まれている。一見するとまるで違うデザインであっても、外壁の色使いや細かいディテールの装飾などで、同じ国の住宅であることを発見するのだ。
残念ながら今回は、古く良質な建築も多く残すナミュールやゲントまで足を伸ばすことはできなかったが、都市毎に異なる建築・文化の変化を感じていただけたらと思う。大国に挟まれ、ヨーロッパの心臓とも言われるベルギー。その文化を知ることは、そのままヨーロッパ全体を知ることになると信じて。



[撮影者:川崎亮(東北大学大学院)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:135 オランダ[3]
次の記事:133 ブリュッセル
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

建築情報学会キックオフ準備会議第6回(江東区・2/3)

「建築情報学」は、旧来の建築学の学問的カテゴリに捉われることなく、建築内外の知見を架橋することが...

戦後空間シンポジウム02「技術・政策・産業化─1960年代住宅の現実と可能性─」(港区・1/14)

日本建築学会が主催する戦後空間シンポジウムの第2回が、1月14日に開催されます。第1回(戦後空間シン...

METACITY(千葉県・1/18-19)

「METACITY」は、思考実験とプロトタイピングを通して「ありえる都市」の形を探求するリサーチプ...

AA visiting school workshop at 竹中大工道具館(兵庫県ほか・3/13-24)

イギリスの建築の名門AAスクールが世界中の大学や企業と共に世界各地で行うワークショップ「A...

第1回復興 シンポジウム「復興と地域社会圏」(福島県・1/26)

福島県では震災後7年が経過し避難区域の解除に伴い避難者・帰還者の復興がより具体的な形ではじまりつつ...

日本建築学会 西洋建築史小委員会 西洋建築史の諸問題ラウンドテーブル第2回(港区・1/12)

日本建築学会 西洋建築史小委員会では、2018年秋に「西洋建築史の諸問題ワーキンググループ」を設置...

鉄道芸術祭vol.8「超・都市計画 〜そうなろうとするCITY〜」(大阪府・11/10-1/27)

鉄道芸術祭vol.8では、アートエリアB1開館/中之島線開業10周年を記念して、沿線開発という「都...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る