PHOTO ARCHIVES

129 京都

129 京都

「地元建築家がガイドする建築」という住宅雑誌の記事の依頼で2010年春頃に撮影を行なった。今回は街に呼応するような建築としてとり上げたものをベースに構成している。
海外の建築家を京都を案内するときにあえて一言で説明する、京都には中心地がないと。近代都市なら旧市街辺や交通・交易の中心地(駅など)周辺が商業エリアとして栄えたりするが、京都には歴史的コンテクストや地理的(盆地や平安京のカルテジアングリッド)な要因で一極集中することがない。つまりいろんな場所にゲリラ的に機能が分散しているという感覚がある。烏丸通りのビジネス街、デパート、アーケード街の河原町などの特性はある。しかし、京都の独特なところとは職住一体型町屋建築のプログラムのようなグリッド全体に万遍なくさまざまなプログラムが広がっているというところだ。バスや地下鉄でなく、徒歩や自転車が最適となる距離感でエリアが結ばれ独特の空間のつながりができているのではないかと思う。ゾーニングされた街より奥行きがあり、知らないエリアを歩いていけば新しいプログラムを見つけることになる。そういった意味でエリアに自己完結してしまわない建築こそ京都という土地にふさわしい。おもにそのようなアクティヴィティを生みだすような建築を中心に構成した。
一方で、平安京のグリッドを外れる周辺へのスプロールの興味深い事例について述べたい。植物園が片側を支配する北山通りは高松伸によるいまはなき《Syntax》や《Week》などがある。まわりに田んぼが残っていたコンテクストですら凛とした建築によって周囲にある種のデザイン的な雰囲気を醸し出していた。以降に建つ建築に影響していくような都市的な力があったことは特筆に価する。

[撮影者:竹口健太郎(アルファヴィル代表URL=http://a-ville.net/)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:130 3.11以降の宮城
次の記事:128 英国の庭園
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

建築情報学会キックオフ準備会議第6回(江東区・2/3)

「建築情報学」は、旧来の建築学の学問的カテゴリに捉われることなく、建築内外の知見を架橋することが...

戦後空間シンポジウム02「技術・政策・産業化─1960年代住宅の現実と可能性─」(港区・1/14)

日本建築学会が主催する戦後空間シンポジウムの第2回が、1月14日に開催されます。第1回(戦後空間シン...

METACITY(千葉県・1/18-19)

「METACITY」は、思考実験とプロトタイピングを通して「ありえる都市」の形を探求するリサーチプ...

AA visiting school workshop at 竹中大工道具館(兵庫県ほか・3/13-24)

イギリスの建築の名門AAスクールが世界中の大学や企業と共に世界各地で行うワークショップ「A...

第1回復興 シンポジウム「復興と地域社会圏」(福島県・1/26)

福島県では震災後7年が経過し避難区域の解除に伴い避難者・帰還者の復興がより具体的な形ではじまりつつ...

日本建築学会 西洋建築史小委員会 西洋建築史の諸問題ラウンドテーブル第2回(港区・1/12)

日本建築学会 西洋建築史小委員会では、2018年秋に「西洋建築史の諸問題ワーキンググループ」を設置...

鉄道芸術祭vol.8「超・都市計画 〜そうなろうとするCITY〜」(大阪府・11/10-1/27)

鉄道芸術祭vol.8では、アートエリアB1開館/中之島線開業10周年を記念して、沿線開発という「都...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る