PHOTO ARCHIVES

129 京都

129 京都

「地元建築家がガイドする建築」という住宅雑誌の記事の依頼で2010年春頃に撮影を行なった。今回は街に呼応するような建築としてとり上げたものをベースに構成している。
海外の建築家を京都を案内するときにあえて一言で説明する、京都には中心地がないと。近代都市なら旧市街辺や交通・交易の中心地(駅など)周辺が商業エリアとして栄えたりするが、京都には歴史的コンテクストや地理的(盆地や平安京のカルテジアングリッド)な要因で一極集中することがない。つまりいろんな場所にゲリラ的に機能が分散しているという感覚がある。烏丸通りのビジネス街、デパート、アーケード街の河原町などの特性はある。しかし、京都の独特なところとは職住一体型町屋建築のプログラムのようなグリッド全体に万遍なくさまざまなプログラムが広がっているというところだ。バスや地下鉄でなく、徒歩や自転車が最適となる距離感でエリアが結ばれ独特の空間のつながりができているのではないかと思う。ゾーニングされた街より奥行きがあり、知らないエリアを歩いていけば新しいプログラムを見つけることになる。そういった意味でエリアに自己完結してしまわない建築こそ京都という土地にふさわしい。おもにそのようなアクティヴィティを生みだすような建築を中心に構成した。
一方で、平安京のグリッドを外れる周辺へのスプロールの興味深い事例について述べたい。植物園が片側を支配する北山通りは高松伸によるいまはなき《Syntax》や《Week》などがある。まわりに田んぼが残っていたコンテクストですら凛とした建築によって周囲にある種のデザイン的な雰囲気を醸し出していた。以降に建つ建築に影響していくような都市的な力があったことは特筆に価する。

[撮影者:竹口健太郎(アルファヴィル代表URL=http://a-ville.net/)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:130 3.11以降の宮城
次の記事:128 英国の庭園
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

トーク「建築の感情的経験」(渋谷区・2/19)

レジデンス・プログラムを通じてオランダより招聘しているアーティスト、ペトラ・ノードカンプによるトー...

シンポジウム「建築デザインにおいてテクノロジーという視点は有効か」3/7・新宿区

日本建築学会建築論・建築意匠小委員会では、テクノロジーの発展が建築家とエンジニアの協働にどのよう...

トークイベント 藤森照信×南伸坊「藤森照信建築と路上観察」(3/10・新宿区)

建築史家、建築家の藤森照信氏と、イラストレーター、エッセイストの南伸坊氏によるトークイベントを開...

AIT ARTIST TALK #78 「建築の感情的経験」(渋谷区・2/19)

レジデンス・プログラムを通じてオランダより招聘しているアーティスト、ペトラ・ノードカンプによるトー...

高山明/Port B「模型都市東京」展(品川区・2/8-5/31)

建築倉庫ミュージアムは、建築模型に特化した保管・展示施設として、これまで様々な展覧会を開催してき...

ディスカッション「記憶・記録を紡ぐことから、いまはどう映る?」(千代田区・2/19)

社会状況や人の営み、時には自然災害によって移ろいゆく土地の風景。いま、私たちが目にする風景は、どの...

座談会「彫刻という幸いについて」(府中市・2/23)

府中市美術館で開催中の展覧会「青木野枝 霧と鉄と山と」(3月1日まで)の関連企画として、座談会「彫...

展覧会「アイノとアルヴァ 二人のアアルト 建築・デザイン・生活革命」(江東区・12/20-2/27)

世界的建築家のアルヴァ・アアルトとその妻、アイノ・アアルトが1920年から1930年にかけて追及し...

展覧会 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」(港区・1/11-3/22)

1928年、初の国立デザイン指導機関として仙台に商工省工芸指導所が設立され、1933年には来日中の...
建築インフォメーション
ページTOPヘ戻る