PHOTO ARCHIVES

129 京都

129 京都

「地元建築家がガイドする建築」という住宅雑誌の記事の依頼で2010年春頃に撮影を行なった。今回は街に呼応するような建築としてとり上げたものをベースに構成している。
海外の建築家を京都を案内するときにあえて一言で説明する、京都には中心地がないと。近代都市なら旧市街辺や交通・交易の中心地(駅など)周辺が商業エリアとして栄えたりするが、京都には歴史的コンテクストや地理的(盆地や平安京のカルテジアングリッド)な要因で一極集中することがない。つまりいろんな場所にゲリラ的に機能が分散しているという感覚がある。烏丸通りのビジネス街、デパート、アーケード街の河原町などの特性はある。しかし、京都の独特なところとは職住一体型町屋建築のプログラムのようなグリッド全体に万遍なくさまざまなプログラムが広がっているというところだ。バスや地下鉄でなく、徒歩や自転車が最適となる距離感でエリアが結ばれ独特の空間のつながりができているのではないかと思う。ゾーニングされた街より奥行きがあり、知らないエリアを歩いていけば新しいプログラムを見つけることになる。そういった意味でエリアに自己完結してしまわない建築こそ京都という土地にふさわしい。おもにそのようなアクティヴィティを生みだすような建築を中心に構成した。
一方で、平安京のグリッドを外れる周辺へのスプロールの興味深い事例について述べたい。植物園が片側を支配する北山通りは高松伸によるいまはなき《Syntax》や《Week》などがある。まわりに田んぼが残っていたコンテクストですら凛とした建築によって周囲にある種のデザイン的な雰囲気を醸し出していた。以降に建つ建築に影響していくような都市的な力があったことは特筆に価する。

[撮影者:竹口健太郎(アルファヴィル代表URL=http://a-ville.net/)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:130 3.11以降の宮城
次の記事:128 英国の庭園
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

ソトノバ・スタジオ「タクティカル・アーバニズムクラス:Park(ing)Dayを実践!」(募集・-7/31)

ソトノバが、ソトノバやパブリックスペースに関する能動的な学習と交流の機会として開催する人材育成講座...

篠山建築学校2019(募集・-7/27)

近年、全国的に空き家問題が深刻な課題となっており、丹波篠山市も例外ではありません。空き家となった古...

「記憶の家族 アーカイブ・プロジェクト」(ウェブサイト)

コミュニティのあり方をさまざまな手法で記録・収集し、アーカイブを試みるアーティスト・コレクティブのA...

トークイベント・写真展「TOKYO ARCHITECTURE」(千代田区・8/2-4)

高度成長、国際競技大会、日本万国博覧会を経て2020年。私たちは何を更新してきたのでしょうか。その...

日仏対談シリーズ「ル・ラボ」vol.28「デザインと自己」(新宿区・8/30)

アンスティチュ・フランセ東京が2015年春より開始した対談シリーズ「ル・ラボ」は、日本とフランスの...

展覧会「ブルーインフラがつくる都市 -東京港湾倉庫論-」(港区・7/5-27)

Logistics Architecture(ロジスティクス・アーキテクチャ)研究会は、展覧会「ブ...

「宮本隆司 いまだ見えざるところ」(目黒区・5/14-7/15)

東京都写真美術館では、現在も国内外の美術展などで発表を続ける宮本隆司の個展を開催します。宮本隆司は...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る