PHOTO ARCHIVES

128 英国の庭園

128 英国の庭園

イギリスはガーデンの国である。その手法と思想がアメリカで開花し、近代ランドスケープアーキテクチュアの源流となった18世紀の自然風景式庭園から、世界の庭園愛好家が聖地のように訪れる現代のコテージガーデンまで、イギリスの庭園文化はその影響を世界に及ぼし続けてきた。その歴史の厚みと様式の多様さからか、専門的な庭園研究では大衆化したコテージガーデンが触れられることは少なく、一方で雑誌やテレビなどのマスメディアで自然風景式庭園の歴史が紹介される機会はまれである。しかし、バラのアーチやクレマチスの這うレンガの壁に囲まれた、ボーダー花壇に宿根草花の咲き乱れる懐古趣味的で折衷様式の庭園も、歴史的にとらえるならば、アレキサンダー・ポープ以来の「人と自然の関係の模索」のひとつのありかたである。
以下、2006年6月に訪れた、イングランド中央部のコッツウォルズとその周辺の庭園の一部を紹介したい。イギリスの庭園を旅行で訪れる場合、大規模な庭園の多くは交通の便が良いとは言えない田舎にあるため、いくつもの庭園を効率よく回るのは難しい。事前に開園日やアクセスをよく調べておく必要がある。多くの名園がナショナルトラストの管轄になっている。都市部の個人庭園などは、ナショナル・ガーデンズ・スキームというオープンガーデンネットワークのガイドブックを利用すると、容易に観覧することができる。

[撮影者:石川初(株式会社ランドスケープデザイン)]

→ 「公開の原則と著作権について」

pic  ウィリアム・ケント《ロウシャム・ハウス》 [1]

pic  ウィリアム・ケント《ロウシャム・ハウス》 [2]

pic  ウィリアム・ケント《ロウシャム・ハウス》 [3]

pic  ガートルード・ジーキル+エドウィン・ラッチェンズ《ヘスタクーム》 [1]

pic  ガートルード・ジーキル+エドウィン・ラッチェンズ《ヘスタクーム》 [2]

pic  ガートルード・ジーキル+エドウィン・ラッチェンズ《ヘスタクーム》 [3]

pic  ガートルード・ジーキル+エドウィン・ラッチェンズ《ヘスタクーム》 [4]

pic  ローレンス・ジョンストン《ヒドコート・マナー・ガーデン》 [1]

pic  ローレンス・ジョンストン《ヒドコート・マナー・ガーデン》 [2]

pic  ローレンス・ジョンストン《ヒドコート・マナー・ガーデン》 [3]

pic  ミュアー夫妻《キフツゲート・コート・ガーデン》 [1]

pic  ミュアー夫妻《キフツゲート・コート・ガーデン》 [2]

pic  フィリス・ライス《ティンティンハル・ガーデン》 [1]

pic  フィリス・ライス《ティンティンハル・ガーデン》 [2]

pic  ジョン・ブルックス《デンマンズ・ガーデン》 [1]

pic  ジョン・ブルックス《デンマンズ・ガーデン》 [2]

pic  コッツウォルズ地方の村の景観 [1]

pic  コッツウォルズ地方の村の景観 [2]

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:129 京都
次の記事:127 スペイン(カサレス+バレンシア)
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

東京ビエンナーレ公募プロジェクト"ソーシャルダイブ"(募集・-9/23)

東京ビエンナーレでは、公募プロジェクトである"ソーシャルダイブ"に参加するアーティストを募集します...

仲俊治×能作文徳トークショー&サイン会「建築の新しい位置づけ」(渋谷区・9/10)

現代建築家コンセプト・シリーズ26『仲俊治|2つの循環』(仲俊治=著、LIXIL出版)の刊行を記念...

CIRCULATION SAITAMA(埼玉県・募集 -8/23)

JR京浜東北線やJR埼京線などの鉄道網により都心へのアクセスがよく、居住者の多いさいたま市ですが、...

講演会「建築家・藤井厚二を語る」(目黒区・8/24)

目黒区美術館で開催中の展覧会「太田喜二郎と藤井厚二──日本の光を追い求めた画家と建築家」の関連イベ...

TOKYO2021 建築展(中央区・8/3-8/24)

都市の前提が揺らぐ現代社会の変化を背景に、ポストオリンピック・パラリンピック=2021年以後の東京の...

日仏対談シリーズ「ル・ラボ」vol.28「デザインと自己」(新宿区・8/30)

アンスティチュ・フランセ東京が2015年春より開始した対談シリーズ「ル・ラボ」は、日本とフランスの...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る