PHOTO ARCHIVES

128 英国の庭園

128 英国の庭園

イギリスはガーデンの国である。その手法と思想がアメリカで開花し、近代ランドスケープアーキテクチュアの源流となった18世紀の自然風景式庭園から、世界の庭園愛好家が聖地のように訪れる現代のコテージガーデンまで、イギリスの庭園文化はその影響を世界に及ぼし続けてきた。その歴史の厚みと様式の多様さからか、専門的な庭園研究では大衆化したコテージガーデンが触れられることは少なく、一方で雑誌やテレビなどのマスメディアで自然風景式庭園の歴史が紹介される機会はまれである。しかし、バラのアーチやクレマチスの這うレンガの壁に囲まれた、ボーダー花壇に宿根草花の咲き乱れる懐古趣味的で折衷様式の庭園も、歴史的にとらえるならば、アレキサンダー・ポープ以来の「人と自然の関係の模索」のひとつのありかたである。
以下、2006年6月に訪れた、イングランド中央部のコッツウォルズとその周辺の庭園の一部を紹介したい。イギリスの庭園を旅行で訪れる場合、大規模な庭園の多くは交通の便が良いとは言えない田舎にあるため、いくつもの庭園を効率よく回るのは難しい。事前に開園日やアクセスをよく調べておく必要がある。多くの名園がナショナルトラストの管轄になっている。都市部の個人庭園などは、ナショナル・ガーデンズ・スキームというオープンガーデンネットワークのガイドブックを利用すると、容易に観覧することができる。

[撮影者:石川初(株式会社ランドスケープデザイン)]

→ 「公開の原則と著作権について」

pic  ウィリアム・ケント《ロウシャム・ハウス》 [1]

pic  ウィリアム・ケント《ロウシャム・ハウス》 [2]

pic  ウィリアム・ケント《ロウシャム・ハウス》 [3]

pic  ガートルード・ジーキル+エドウィン・ラッチェンズ《ヘスタクーム》 [1]

pic  ガートルード・ジーキル+エドウィン・ラッチェンズ《ヘスタクーム》 [2]

pic  ガートルード・ジーキル+エドウィン・ラッチェンズ《ヘスタクーム》 [3]

pic  ガートルード・ジーキル+エドウィン・ラッチェンズ《ヘスタクーム》 [4]

pic  ローレンス・ジョンストン《ヒドコート・マナー・ガーデン》 [1]

pic  ローレンス・ジョンストン《ヒドコート・マナー・ガーデン》 [2]

pic  ローレンス・ジョンストン《ヒドコート・マナー・ガーデン》 [3]

pic  ミュアー夫妻《キフツゲート・コート・ガーデン》 [1]

pic  ミュアー夫妻《キフツゲート・コート・ガーデン》 [2]

pic  フィリス・ライス《ティンティンハル・ガーデン》 [1]

pic  フィリス・ライス《ティンティンハル・ガーデン》 [2]

pic  ジョン・ブルックス《デンマンズ・ガーデン》 [1]

pic  ジョン・ブルックス《デンマンズ・ガーデン》 [2]

pic  コッツウォルズ地方の村の景観 [1]

pic  コッツウォルズ地方の村の景観 [2]

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:129 京都
次の記事:127 スペイン(カサレス+バレンシア)
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

新南蛮文化シリーズ講演会「建築家・内藤廣が見たスペインの激動の時代」(千代田区・7/8)

マドリードの建築家フェルナンド・イゲーラスのアトリエで70年代中頃に勤務していた著名な建築家内藤廣...

展覧会「ブルーインフラがつくる都市 -東京港湾倉庫論-」(港区・7/5-27)

Logistics Architecture(ロジスティクス・アーキテクチャ)研究会は、展覧会「ブ...

建築家フォーラム第180回「建築という物語による都市の編纂(キュレーション)」(墨田区・7/16)

7月の建築家フォーラムの講演者は、多方面に天才的能力を持つ建築家・入江経一さんです。 近年、日本の...

早稲田まちづくりシンポジウム 2019 アーバニズムの現在と未来(新宿区・7/21)

アーバンデザインの手法として住民参加型の「まちづくり」が日本各地で行われるようになり、多くの経験が...

トークイベント「イチから考える 記録/メディア」(大阪・7/6)

文章や写真、映像など、さまざまなメディアを通じて対象に向き合うことは、「なにか」についてイチから考...

「ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス」公開記念トーク(京都・6/29)

フレデリック・ワイズマン監督の最新作「ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス」公開を記念し、北小...

建築レクチュアシリーズ217 長谷川豪、田根剛(大阪・6/14, 7/19)

大阪を拠点に活動を行う2人の建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏が1組のゲスト建築家をお呼びして、年に7...

シンポジウム「環境建築設計論」(港区・7/2)

環境建築は進展を続けている。自然換気に特化した建物、日射遮蔽に特化した建物、...など単独効果が顕...

建築博物教室「大地のアーキテクチャ──カルトグラフィーの歴史と測地系の成立」(文京区・7/6)

日本語の「建築」は建物(building)または建設(construction)の意に解されること...

ARCH-ABLE データローンチイベント作品展示(港区・5/31-6/30)

建築家の生みだしたデザインのデジタルデータをアーカイブし、CCライセンスの下に公開しようとするプロ...

戦後空間シンポジウム03「市民・まちづくり・広場──1960-70年代の革新自治体と都市・建築のレガシー」(港区・6/29)

1960〜70年代にかけて、東京都や横浜市など革新系首長が率いる自治体が全国に登場した。これらは高...

「宮本隆司 いまだ見えざるところ」(目黒区・5/14-7/15)

東京都写真美術館では、現在も国内外の美術展などで発表を続ける宮本隆司の個展を開催します。宮本隆司は...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る