PHOTO ARCHIVES

128 英国の庭園

128 英国の庭園

イギリスはガーデンの国である。その手法と思想がアメリカで開花し、近代ランドスケープアーキテクチュアの源流となった18世紀の自然風景式庭園から、世界の庭園愛好家が聖地のように訪れる現代のコテージガーデンまで、イギリスの庭園文化はその影響を世界に及ぼし続けてきた。その歴史の厚みと様式の多様さからか、専門的な庭園研究では大衆化したコテージガーデンが触れられることは少なく、一方で雑誌やテレビなどのマスメディアで自然風景式庭園の歴史が紹介される機会はまれである。しかし、バラのアーチやクレマチスの這うレンガの壁に囲まれた、ボーダー花壇に宿根草花の咲き乱れる懐古趣味的で折衷様式の庭園も、歴史的にとらえるならば、アレキサンダー・ポープ以来の「人と自然の関係の模索」のひとつのありかたである。
以下、2006年6月に訪れた、イングランド中央部のコッツウォルズとその周辺の庭園の一部を紹介したい。イギリスの庭園を旅行で訪れる場合、大規模な庭園の多くは交通の便が良いとは言えない田舎にあるため、いくつもの庭園を効率よく回るのは難しい。事前に開園日やアクセスをよく調べておく必要がある。多くの名園がナショナルトラストの管轄になっている。都市部の個人庭園などは、ナショナル・ガーデンズ・スキームというオープンガーデンネットワークのガイドブックを利用すると、容易に観覧することができる。

[撮影者:石川初(株式会社ランドスケープデザイン)]

→ 「公開の原則と著作権について」

pic  ウィリアム・ケント《ロウシャム・ハウス》 [1]

pic  ウィリアム・ケント《ロウシャム・ハウス》 [2]

pic  ウィリアム・ケント《ロウシャム・ハウス》 [3]

pic  ガートルード・ジーキル+エドウィン・ラッチェンズ《ヘスタクーム》 [1]

pic  ガートルード・ジーキル+エドウィン・ラッチェンズ《ヘスタクーム》 [2]

pic  ガートルード・ジーキル+エドウィン・ラッチェンズ《ヘスタクーム》 [3]

pic  ガートルード・ジーキル+エドウィン・ラッチェンズ《ヘスタクーム》 [4]

pic  ローレンス・ジョンストン《ヒドコート・マナー・ガーデン》 [1]

pic  ローレンス・ジョンストン《ヒドコート・マナー・ガーデン》 [2]

pic  ローレンス・ジョンストン《ヒドコート・マナー・ガーデン》 [3]

pic  ミュアー夫妻《キフツゲート・コート・ガーデン》 [1]

pic  ミュアー夫妻《キフツゲート・コート・ガーデン》 [2]

pic  フィリス・ライス《ティンティンハル・ガーデン》 [1]

pic  フィリス・ライス《ティンティンハル・ガーデン》 [2]

pic  ジョン・ブルックス《デンマンズ・ガーデン》 [1]

pic  ジョン・ブルックス《デンマンズ・ガーデン》 [2]

pic  コッツウォルズ地方の村の景観 [1]

pic  コッツウォルズ地方の村の景観 [2]

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:129 京都
次の記事:127 スペイン(カサレス+バレンシア)
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

第1回復興 シンポジウム「復興と地域社会圏」(福島県・1/26)

福島県では震災後7年が経過し避難区域の解除に伴い避難者・帰還者の復興がより具体的な形ではじまりつつ...

日本建築学会 西洋建築史小委員会 西洋建築史の諸問題ラウンドテーブル第2回(港区・1/12)

日本建築学会 西洋建築史小委員会では、2018年秋に「西洋建築史の諸問題ワーキンググループ」を設置...

ベロニカ・アントニオウ「ゴリラたちによるフリースペースへのトリビュート:キプロス、ヴェネチア、東京」(渋谷区・12/9)

第1回となるELSE.W.HERE(エルズウェア:ここではないどこか)では、地域や国境を横断...

FUSION_N×MEZZANINE VOL.3 ローンチイベント「起業都市(ニューヨーク)巨大テック企業たちは、今なぜ都市をつくりたがるのか(トロント)」(千代田区・12/13)

新しいものと伝統あるもの、古くからの個人商店とオフィスビルとが違和感なく共存している千代田区神田エ...

『出島表門橋と12の橋|DEJIMA FOOTBRIDGE & 12 BRIDGES』刊行記念 渡邉竜一+門脇耕三トークイベント(渋谷区・12/21)

「土木学会田中賞」を受賞するなど高い注目を集め、地元・長崎でも熱狂的に支持されている「出島表門橋」...

アートプラザ開館20周年記念 ARATA ISOZAKI TALK+EXHIBITION(大分県・12/17-27)

アートプラザは、大分市出身の世界的建築家・磯崎新氏の設計により「大分県立大分図書館」として1966...

福井をゆさぶる2夜連続トークイベント「福井のこれから、わたしがつくる」(福井・12/15,16)

今、福井では、4年後の北陸新幹線の延伸により福井駅前/福井市街地の再開発がはじまり、いよいよヒ...

建築情報学会キックオフ準備会議第5回(目黒区・12/14)

「建築情報学」は、旧来の建築学の学問的カテゴリに捉われることなく、建築内外の知見を架橋することが...

鉄道芸術祭vol.8「超・都市計画 〜そうなろうとするCITY〜」(大阪府・11/10-1/27)

鉄道芸術祭vol.8では、アートエリアB1開館/中之島線開業10周年を記念して、沿線開発という「都...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る