PHOTO ARCHIVES

124 アンマン+スレイマニヤ 

アンマン
ヨルダンの首都アンマンは、人口およそ120万人の都市である。ヨルダンの全人口の4分の1ほどが生活し、陸路でイスラエルに入ることができる唯一の国である。そのため、国連やNGOの団体の事務所が数多く存在する。
19の丘を有する起伏に富んだ地形のため、都市全域は小さなヴォリュームの建物で構成され、丘のうえからの景色は安藤忠雄の《六甲の集合住宅》を思わせる。丘の低い部分の平坦な土地には旧市街地がひろがり、街路は直線道路がなく迷路のように入り組んでいるのが特徴的である。旧市街地には、ローマ時代の劇場などの遺跡も混在し、街路に沿って店が所狭しと並んでいる。また、ライムストーンの産地で、安価な材料として建物のファサードによく使われている。そのため町全体がライムストーンで統一された美しい町並みになっている。市街地を抜けるとほとんどの建物が建設途中であることに気がつく。建設途中の建物は固定資産税を免除されるためで、柱を延ばしておいて建設中とみなし、その状態で建物を使っているのである。
ヨルダンは他の中東地域のように鉱物資源が豊富ではないため、観光産業に力が注がれている。交通インフラは開発目覚しく、主要な幹線道路はここ数年でかなり整備された。空港も新しく建設中でドバイのようなハブ空港を目指している。また、死海やペトラ遺跡といった有名な観光地周辺は、ホテルの建設ラッシュである。

スレイマニヤ
後半で紹介するのは、イラク北東部のクルディスタン地域にあり、スライマーニーヤ県の県都・スレイマニヤである。地元の建築技術はかなり低く、精度の良い建物は隣国のイランやトルコから技術者によってつくられている。しかし、技術力があるぶん建築コストも高く、地元の建築業者と約3倍の賃金格差がある。また、現在外資による建設ラッシュで日本のポストモダンを思い出させる建築が数多くつくられているが、この地域は砂塵が常に舞っているのでカーテンウォールを採用している建物はかなり汚い印象を受けた。



[撮影者:長澤浩二(建築家)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:125 アメリカ中部
次の記事:123 瀬戸内国際芸術祭2010
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

シンポジウム「感性×知性=建築の新たなる可能性を求めて」 (港区・5/7)

21世紀も2020年代が近づき、AI、生命科学、宇宙といった新たなイノベーションが進行し人類のサス...

映画『セメントの記憶』(3/23-)

ベイルートはシリア人移民労働者にとって希望であり地獄である。 シリアと同じく長い内戦(75年-90...

「ガウディをはかる-GAUDI QUEST-」5日連続ギャラリートーク(品川区・3/27-3/31)

建築倉庫ミュージアムで開催中の「ガウディをはかる - GAUDI QUEST -」展にともない、実...

第24回 R&R 建築再生展2019 学生 建築ストック再生コンテスト(応募・〆4/25)

近年、日本では建築ストックの活用が叫ばれ、建築再生の時代へと移行しつつあります。学生の卒業設計でも...

建築学生ワークショップ出雲2019開催説明会、講演会(東京・5/9、京都・5/16)

2019年夏、古代より現代に受け継がれてきた、わが国を代表する神聖な場所、出雲大社周辺区域にて、小...

杉戸洋「cut and restrain」(港区・3/16-4/13)

杉戸洋による展覧会が「cut and restrain」4月16日まで小山登美夫ギャラリーで開催し...

建築レクチュアシリーズ217 平田晃久(大阪・4/5)

大阪を拠点に活動を行う2人の建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏が1組のゲスト建築家をお呼びして、年に7...

山岸剛×光嶋裕介「なぜ山岸は光嶋に対話を頼むのか? なぜ光嶋は山岸に撮影を頼むのか? 建築をめぐる写真とことば」『Tohoku Lost, Left, Found 山岸剛写真集』刊行記念(世田谷区・3/29)

東日本大震災から8年。3.11をきっかけに東北の大地を8年にわたり撮り続けた『Tohoku Los...

シンポジウム「建築の公共性──誰のためにつくるのか」(港区・3/28)

その建築をだれのためにつくるのか。 発注者のためです。そして同時にそれを使う人のためです。発注者が...

建築写真家・山岸剛作品展示「Tohoku Lost, Left, Found」(中央区・2/26-3/31)

写真家・山岸剛氏による『Tohoku Lost, Left, Found 山岸剛写真集』(LIXI...

鏡と天秤─ミクスト・マテリアル・インスタレーション─(中央区・3/12-5/11)

私たちは非日常(ハレ)と日常(ケ)の境界が曖昧な社会におり、個々が非日常(ハレ)と日常(ケ)のバラ...

- Green, Green and Tropical - 木質時代の東南アジア建築展(品川区・2/6-5/6)

建築倉庫ミュージアムでは、2月6日より「- Green, Green and Tropical -...

AA visiting school workshop at 竹中大工道具館(兵庫県ほか・3/13-24)

イギリスの建築の名門AAスクールが世界中の大学や企業と共に世界各地で行うワークショップ「A...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る