PHOTO ARCHIVES

124 アンマン+スレイマニヤ 

アンマン
ヨルダンの首都アンマンは、人口およそ120万人の都市である。ヨルダンの全人口の4分の1ほどが生活し、陸路でイスラエルに入ることができる唯一の国である。そのため、国連やNGOの団体の事務所が数多く存在する。
19の丘を有する起伏に富んだ地形のため、都市全域は小さなヴォリュームの建物で構成され、丘のうえからの景色は安藤忠雄の《六甲の集合住宅》を思わせる。丘の低い部分の平坦な土地には旧市街地がひろがり、街路は直線道路がなく迷路のように入り組んでいるのが特徴的である。旧市街地には、ローマ時代の劇場などの遺跡も混在し、街路に沿って店が所狭しと並んでいる。また、ライムストーンの産地で、安価な材料として建物のファサードによく使われている。そのため町全体がライムストーンで統一された美しい町並みになっている。市街地を抜けるとほとんどの建物が建設途中であることに気がつく。建設途中の建物は固定資産税を免除されるためで、柱を延ばしておいて建設中とみなし、その状態で建物を使っているのである。
ヨルダンは他の中東地域のように鉱物資源が豊富ではないため、観光産業に力が注がれている。交通インフラは開発目覚しく、主要な幹線道路はここ数年でかなり整備された。空港も新しく建設中でドバイのようなハブ空港を目指している。また、死海やペトラ遺跡といった有名な観光地周辺は、ホテルの建設ラッシュである。

スレイマニヤ
後半で紹介するのは、イラク北東部のクルディスタン地域にあり、スライマーニーヤ県の県都・スレイマニヤである。地元の建築技術はかなり低く、精度の良い建物は隣国のイランやトルコから技術者によってつくられている。しかし、技術力があるぶん建築コストも高く、地元の建築業者と約3倍の賃金格差がある。また、現在外資による建設ラッシュで日本のポストモダンを思い出させる建築が数多くつくられているが、この地域は砂塵が常に舞っているのでカーテンウォールを採用している建物はかなり汚い印象を受けた。



[撮影者:長澤浩二(建築家)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:125 アメリカ中部
次の記事:123 瀬戸内国際芸術祭2010
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

建築情報学会キックオフ準備会議第6回(江東区・2/3)

「建築情報学」は、旧来の建築学の学問的カテゴリに捉われることなく、建築内外の知見を架橋することが...

戦後空間シンポジウム02「技術・政策・産業化─1960年代住宅の現実と可能性─」(港区・1/14)

日本建築学会が主催する戦後空間シンポジウムの第2回が、1月14日に開催されます。第1回(戦後空間シン...

METACITY(千葉県・1/18-19)

「METACITY」は、思考実験とプロトタイピングを通して「ありえる都市」の形を探求するリサーチプ...

AA visiting school workshop at 竹中大工道具館(兵庫県ほか・3/13-24)

イギリスの建築の名門AAスクールが世界中の大学や企業と共に世界各地で行うワークショップ「A...

第1回復興 シンポジウム「復興と地域社会圏」(福島県・1/26)

福島県では震災後7年が経過し避難区域の解除に伴い避難者・帰還者の復興がより具体的な形ではじまりつつ...

日本建築学会 西洋建築史小委員会 西洋建築史の諸問題ラウンドテーブル第2回(港区・1/12)

日本建築学会 西洋建築史小委員会では、2018年秋に「西洋建築史の諸問題ワーキンググループ」を設置...

鉄道芸術祭vol.8「超・都市計画 〜そうなろうとするCITY〜」(大阪府・11/10-1/27)

鉄道芸術祭vol.8では、アートエリアB1開館/中之島線開業10周年を記念して、沿線開発という「都...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る