PHOTO ARCHIVES

122 ミネアポリス

アメリカ合衆国ミネソタ州最大の都市、ミネアポリスは知名度こそ高くはないが、アメリカで「もっとも洗練された都市」「もっとも安全な都市」などのランキングで上位に入る、豊かな都市である。
2010年夏に大学のワークショップでミネアポリスを訪れた。現地の学生と共に、パブリックスペースをRe-defineするという課題であったため、建築だけでなく都市デザインに注目して都市を見て回った。
19世紀末より製粉の町として栄えたミネアポリスは、2000年代始めから再開発が行なわれ、工場などの産業遺産を活かした美術館や世界的に有名な建築家が設計した文化施設などが建てられた。これにより、古くからの遺産と現代的な建築が共存する、文化的な景観が完成した。
一方で、都市計画として、ダウンタウンの「スカイウェイ」というシステムが有名である。このシステムでダウンタウンにあるビルの2階がほぼすべて回廊でつながれており、寒い冬も外に出ずに街中を移動することができるのだ。
また、ミシシッピ川が流れ、22個の湖、多くの公園が存在するなど自然が豊かである。川沿いからダウンタウンを囲うように湖までを繋げ、環状に公園を配した「パークシステム」は、都会的性格と田園的性格をあわせ持つミネアポリスを活かした画期的なシステムだ。市民は休日を好きな公園で思い思いに過ごすことができる。コンパクトなミネアポリスを巡る際には、レンタサイクル「ナイスライド」の利用がお勧めである。
パークシステムを東西に繋ぐ自転車道「ミッドタウン・グリーンウェイ」も、バイクセンターの建設やパーソナル・ラピッド・トランジットの計画など、パブリックスペースとして進化していくことが予想される。
建築/都市デザイン共に優れ、今後も一層成熟していくミネアポリスに、縮小社会の日本の都市が学ぶことは多いのではないだろうか。



[撮影者:片田江由佳(東京理科大学 理工学研究科 建築学専攻 修士)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:123 瀬戸内国際芸術祭2010
次の記事:121 鎌倉
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

SPACE DESIGN TOOL BOX VOL.1 「空間デザインの道具箱」(渋谷区・11/21)

「空間デザイン」をもっと面白くするための道具や知恵を集めて、共有したい! 働く空間は、オフィスだけ...

保存再生学特別研究会「20世紀建築遺産の積極的保存活用に向けて」(千代田区・11/9)

都市内には、日々使い続けられている20世紀建築が多数存在するが、それらの保存活用における課題、それ...

上妻世海『制作へ』刊行記念トークイベント 上妻世海×門脇耕三×木内俊克(千代田区・11/30)

『制作へ』の表題論考「制作へ」は一種の身体論であり、身体拡張論である。制作を通じて身体を〈作品〉...

分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回「分離派登場の背景に見る建築教育と建築構造」(文京区・11/3)

分離派建築会(1920年 東京帝国大学卒業・結成)を、日本の近代建築におけるモダンデザインの鼻祖と...

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る