PHOTO ARCHIVES

120 アーヘン

アーヘンはドイツの西端に位置する人口26万人ほどの地方都市である。古代ローマ時代から温泉が湧くことで知られ、8世紀末にはカール大帝が神聖ローマ帝国の都をここに置いた。以降、この街は神聖ローマ帝国の政治的中心機能のひとつを担ってきた。ユネスコ世界遺産のリストにも名前があるアーヘン大聖堂も、当時のカール大帝専用礼拝堂をもととしている。また、現在ドイツ国内のエリート大学のひとつに指定されているアーヘン工科大学を筆頭に学生数だけで4万人近くを占め、街に活気を与えている。このように、アーヘンは歴史的都市・大学都市・温泉保養地の三つの顔をあわせ持っているといえる。本稿では、現在私が暮らしているそのアーヘンの中心市街地の町並みと利用について報告したい。

アーヘンの中心市街地は市壁跡の2重の環状道路に囲まれた約直径1.7kmの中に収まっている。とくに直径1kmほどの内環状道路内は多くが歩行者優先道路となっており、先述の大聖堂や旧市庁舎およびその前のマルクト広場、多くのレストランやブティックなどの重要な都市機能が集まる。1656年にアーヘンの街を襲った大火以降旧市街地では木造建築の建設は禁止されており、石造りの建物が全体の町並みを形成している。ただし第2次世界大戦では都市の大半が戦災にあっているため、多くが戦後再建されたものである。
この街の空間的特徴は、中世都市らしいマルクト広場を中心とした有機的な街路形状と、それをもとにした大小の不整形の広場である。それになだらかな高低差も加わり、都市空間にリズムを与えている。とくに、交差点以上広場未満、といったような道の結節点にできた不整形な空間が、オープンカフェ、モニュメント、ベンチ、ストリートミュージシャンの演奏の場などさまざまな用途に使われ、行き交う人の歩みを穏やかにさせている。水の街として知られるだけあり、モニュメントは水にかかわるものが多い。最大となるのは、その歩行者専用エリアの入り口とも言える荘厳なエリーゼの泉である。つねに温泉水が沸き出しており、利用者は自由に温泉に触れたり味わったりすることができる。エリーゼの泉の裏は緑のある小公園となっており、石造りの旧市街の中でとりわけスポット的に抜けている。市民の憩いの場となっており、暖かい季節には陽にあたりながら水辺に足をひたし涼む姿もよく見られる。反対側となる旧市街地の北西にはアーヘン工科大学の敷地が刺さるように入り込んでいる。大学周辺は学生街となっており、特にポント通りには学生向け食堂が軒を連ねる。
旧市街地の中心に位置するマルクト広場-大聖堂広場はこのアーヘンのへそと言える。歴史的観光地としてだけではなく、週に3回開かれる定期市は都市の機能を確実に果たしている。定期市の他にも四季折々のさまざまなイヴェントが頻繁に行なわれ、ヨーロッパ都市の中心市街地が持つ機能を実感させられる。



[撮影者:今西美音子(アーヘン工科大学 都市計画・都市交通研究所 博士候補生)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:121 鎌倉
次の記事:119 ルーマニア
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

戦後空間シンポジウム03「市民・まちづくり・広場──1960-70年代の革新自治体と都市・建築のレガシー」(港区・6/29)

1960〜70年代にかけて、東京都や横浜市など革新系首長が率いる自治体が全国に登場した。これらは高...

刊行記念イベント「建築のそれからにまつわるArchitects」乾久美子×中山英之(渋谷区・6/3)

乾久美子さん、中山英之さんの建築作品集が、それぞれLIXIL出版とTOTO出版から刊行されます。同じ...

「新しい時代のはじまり」展(神奈川県・4/20-5/6)

「旧神奈川県立近代美術館 鎌倉」が「鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム」として生まれ変わります。 鶴岡八...

「ある編集者のユートピア──小野二郎:ウィリアム・モリス、晶文社、高山建築学校」(世田谷区・4/27-6/23)

編集者にしてウィリアム・モリス研究家の小野二郎(1929-1982)が生涯を通して追い求めたテーマ...

連続講義「建築とアーカイブズを巡る論点」(武蔵野市・5/11-)

近年、開催される大規模な建築展も多く、建築や建築に関する資料への関心が高まっているように感じられま...

シンポジウム「日本の近代建築を支えた構造家たち」(新宿区・5/18)

我が国の近現代建築の発展を技術的側面から支えた構造設計手法や施工法などに関する構造資料は、これまで...

「ル・コルビュジエ 絵と家具と」(渋谷区・3/29-5/18)

20世紀に最も影響を与えた建築家、ル・コルビュジエ。建築と都市計画においてのパイオニアであり紛れな...

「わたしはどこにいる? 道標(サイン)をめぐるアートとデザイン」(富山県・3/9-5/19)

「サイン」とは、人を目的地に導く目印のこと。普段意識することは少なくても、駅や空港、商業施設、美術...

「宮本隆司 いまだ見えざるところ」(目黒区・5/14-7/15)

東京都写真美術館では、現在も国内外の美術展などで発表を続ける宮本隆司の個展を開催します。宮本隆司は...

豊田市美術館リニューアル記念イベント「谷口吉生──美術館を語る」(6/15・愛知県)

豊田市美術館のリニューアルを記念して、同美術館を設計した谷口吉生のトークイベントが開催されます。 ...

日本橋高島屋と村野藤吾(中央区・3/5-5/26)

高島屋史料館TOKYOは、1970年に創設した高島屋史料館(大阪)の分館として、重要文化財である日...

NPO建築とアートの道場 2019春レクチャーシリーズ「これからの建築を考える──表現者と建築家による対話実験」(文京区・4/27-)

これからの建築を考えてみたいと思います 確固たるビジョンがあるわけではありません ただ葛藤や矛盾は...

シンポジウム「感性×知性=建築の新たなる可能性を求めて」 (港区・5/7)

21世紀も2020年代が近づき、AI、生命科学、宇宙といった新たなイノベーションが進行し人類のサス...

建築学生ワークショップ出雲2019開催説明会、講演会(東京・5/9、京都・5/16)

2019年夏、古代より現代に受け継がれてきた、わが国を代表する神聖な場所、出雲大社周辺区域にて、小...

杉戸洋「cut and restrain」(港区・3/16-4/13)

杉戸洋による展覧会が「cut and restrain」4月16日まで小山登美夫ギャラリーで開催し...

鏡と天秤─ミクスト・マテリアル・インスタレーション─(中央区・3/12-5/11)

私たちは非日常(ハレ)と日常(ケ)の境界が曖昧な社会におり、個々が非日常(ハレ)と日常(ケ)のバラ...

- Green, Green and Tropical - 木質時代の東南アジア建築展(品川区・2/6-5/6)

建築倉庫ミュージアムでは、2月6日より「- Green, Green and Tropical -...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る