PHOTO ARCHIVES

119 ルーマニア

ルーマニア北東部のモルドヴァ地方には、壁一面がフレスコ画で覆われた聖堂が数多く存在し、その希少性から、ユネスコの世界遺産にも登録されている。
そもそも、これらの修道院の建立は、14〜17世紀、この地にあったモルドヴァ公国に由来する。シュテファン大公(在位1457〜1504)とその子息ペトル・ラレシュ公の治世(在位1527〜1538、1541〜1546)において、公国は二度に渡り最盛期を迎え、この地域特有のモルドヴァ建築様式が発展した。
その最大の特徴である外壁のフレスコ画が装飾様式として定着するのは、ラレシュ公の時代である。イスラム教徒のオスマントルコ帝国がヨーロッパへと勢力を拡大するなか、両国の戦闘は激さを増す一方であった。
そこで、ラレシュ公は、キリスト教国家の団結を国力強化の要と位置付け、聖堂の外壁にフレスコ画を描かせた。
正教の教義により、内壁は定められた図像に従って描かれなくてはならないが、外壁の主題には、地域性が認められる。歴史的な神話や逸話が描かれていることも多く、モルドヴァ民族は善人として、敵対していたトルコ民族は罪人として描かれているなど、社会情勢に照らして、身近に教義を感じるように工夫がされている点が興味深い。
現在でも、修道院は地域の人々のコミュニティの中心として機能し、壁画は人々に変わらぬ心のあり方を語りかけている。修復家のたゆまぬ努力によって、壁画そのものだけでなく、人々の生活や文化も大切に受け継がれているのである。



[撮影者:舘﨑麻衣子(特定非営利活動法人 歴史的建造物保存協会 理事長)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:120 アーヘン
次の記事:118 南極建築(東南極・リュッツホルム湾)
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

SPACE DESIGN TOOL BOX VOL.1 「空間デザインの道具箱」(渋谷区・11/21)

「空間デザイン」をもっと面白くするための道具や知恵を集めて、共有したい! 働く空間は、オフィスだけ...

保存再生学特別研究会「20世紀建築遺産の積極的保存活用に向けて」(千代田区・11/9)

都市内には、日々使い続けられている20世紀建築が多数存在するが、それらの保存活用における課題、それ...

上妻世海『制作へ』刊行記念トークイベント 上妻世海×門脇耕三×木内俊克(千代田区・11/30)

『制作へ』の表題論考「制作へ」は一種の身体論であり、身体拡張論である。制作を通じて身体を〈作品〉...

分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回「分離派登場の背景に見る建築教育と建築構造」(文京区・11/3)

分離派建築会(1920年 東京帝国大学卒業・結成)を、日本の近代建築におけるモダンデザインの鼻祖と...

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る