PHOTO ARCHIVES

119 ルーマニア

ルーマニア北東部のモルドヴァ地方には、壁一面がフレスコ画で覆われた聖堂が数多く存在し、その希少性から、ユネスコの世界遺産にも登録されている。
そもそも、これらの修道院の建立は、14〜17世紀、この地にあったモルドヴァ公国に由来する。シュテファン大公(在位1457〜1504)とその子息ペトル・ラレシュ公の治世(在位1527〜1538、1541〜1546)において、公国は二度に渡り最盛期を迎え、この地域特有のモルドヴァ建築様式が発展した。
その最大の特徴である外壁のフレスコ画が装飾様式として定着するのは、ラレシュ公の時代である。イスラム教徒のオスマントルコ帝国がヨーロッパへと勢力を拡大するなか、両国の戦闘は激さを増す一方であった。
そこで、ラレシュ公は、キリスト教国家の団結を国力強化の要と位置付け、聖堂の外壁にフレスコ画を描かせた。
正教の教義により、内壁は定められた図像に従って描かれなくてはならないが、外壁の主題には、地域性が認められる。歴史的な神話や逸話が描かれていることも多く、モルドヴァ民族は善人として、敵対していたトルコ民族は罪人として描かれているなど、社会情勢に照らして、身近に教義を感じるように工夫がされている点が興味深い。
現在でも、修道院は地域の人々のコミュニティの中心として機能し、壁画は人々に変わらぬ心のあり方を語りかけている。修復家のたゆまぬ努力によって、壁画そのものだけでなく、人々の生活や文化も大切に受け継がれているのである。



[撮影者:舘﨑麻衣子(特定非営利活動法人 歴史的建造物保存協会 理事長)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:120 アーヘン
次の記事:118 南極建築(東南極・リュッツホルム湾)
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

「ガウディをはかる-GAUDI QUEST-」5日連続ギャラリートーク(品川区・3/27-3/31)

建築倉庫ミュージアムで開催中の「ガウディをはかる - GAUDI QUEST -」展にともない、実...

第24回 R&R 建築再生展2019 学生 建築ストック再生コンテスト(応募・〆4/25)

近年、日本では建築ストックの活用が叫ばれ、建築再生の時代へと移行しつつあります。学生の卒業設計でも...

建築学生ワークショップ出雲2019開催説明会、講演会(東京・5/9、京都・5/16)

2019年夏、古代より現代に受け継がれてきた、わが国を代表する神聖な場所、出雲大社周辺区域にて、小...

杉戸洋「cut and restrain」(港区・3/16-4/13)

杉戸洋による展覧会が「cut and restrain」4月16日まで小山登美夫ギャラリーで開催し...

建築レクチュアシリーズ217 平田晃久(大阪・4/5)

大阪を拠点に活動を行う2人の建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏が1組のゲスト建築家をお呼びして、年に7...

山岸剛×光嶋裕介「なぜ山岸は光嶋に対話を頼むのか? なぜ光嶋は山岸に撮影を頼むのか? 建築をめぐる写真とことば」『Tohoku Lost, Left, Found 山岸剛写真集』刊行記念(世田谷区・3/29)

東日本大震災から8年。3.11をきっかけに東北の大地を8年にわたり撮り続けた『Tohoku Los...

シンポジウム「建築の公共性──誰のためにつくるのか」(港区・3/28)

その建築をだれのためにつくるのか。 発注者のためです。そして同時にそれを使う人のためです。発注者が...

建築写真家・山岸剛作品展示「Tohoku Lost, Left, Found」(中央区・2/26-3/31)

写真家・山岸剛氏による『Tohoku Lost, Left, Found 山岸剛写真集』(LIXI...

鏡と天秤─ミクスト・マテリアル・インスタレーション─(中央区・3/12-5/11)

私たちは非日常(ハレ)と日常(ケ)の境界が曖昧な社会におり、個々が非日常(ハレ)と日常(ケ)のバラ...

- Green, Green and Tropical - 木質時代の東南アジア建築展(品川区・2/6-5/6)

建築倉庫ミュージアムでは、2月6日より「- Green, Green and Tropical -...

AA visiting school workshop at 竹中大工道具館(兵庫県ほか・3/13-24)

イギリスの建築の名門AAスクールが世界中の大学や企業と共に世界各地で行うワークショップ「A...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る