PHOTO ARCHIVES

118 南極建築(東南極・リュッツホルム湾)

第50次日本南極地域観測隊の越冬隊員の一員として、2009年1月に南極を訪れた。われわれ観測隊の生活の拠点となるのは昭和基地とよばれる観測施設であり、任期の終了する2010年の2月までこの基地で暮らした。
誤認識されていることが多いと思うが、昭和基地は南極大陸の上には建っていない。南緯69°00"東経39°35"に位置する、東南極のリュツオ・ホルム湾内にある東オングル島という島の上に建っている。また昭和基地は1棟からなる建築物ではなく、60棟近くの建物による集合体である。1957年に初めて日本の観測隊がこの地にやってきて以来、毎年少しずつ用途やニーズに合わせて規模を拡大してきた結果である。そして驚くことに昭和基地には明確なグランド・デザインというものが存在していない。そのため昭和基地の印象は、多くの建築物が無秩序に乱立している感が拭えない。しかしそれぞれの建物を注意深く見ていると、あるひとつのパターンがあることに気づく。それは、ときには平均風速50m/sにも達するブリザードがやってくる北東側にその正面を向けていることである。ひとたびブリザードがやってくると建物風下には驚くべき量のスノウドリフト(吹きだまり)が堆積する。その量は高床式2階建ての建物が簡単に埋まって見えなくなってしまうほどだ。それでも少しでも自然の力に逆らい耐え抜こうとする姿は、皇帝ペンギンが身を寄せあってブリザードを乗り切ろうとする姿を連想させた。
建築に携わる者として南極で13カ月を過ごしながら感じたことは「建築が建築であるためには、人間が必要不可欠である」ことである。例えば、昭和基地から約270km離れた地点にみずほ基地がある。みずほ基地は27次隊以降、無人観測基地となり、その後積雪により年々氷の下に埋没しつつある。いまやそこに基地があったことを示すものといえば、高い鉄塔と「みずほ基地」と記された看板のみだ。昭和基地においても、僕らが越冬した50次隊で過去最悪の積雪を記録した。ブリザードがやって来るたびに、後に残されたドリフトを眺め僕らは途方に暮れた。無力感を抱きつつも、それでも除雪作業から背を向けることはできなかった。除雪を止めることは、基地の崩壊を意味し、その先には自分たちの死が待っているからだ。氷の下に埋もれたみずほ基地は、もはや遺跡であって建築ではない。20余年前の、人間が関わることから背を向けたその瞬間から遺跡となったのだ。南極に生きる人間は力強い。その人間が居る限り、南極観測が続く限り、昭和基地は建築で在り続ける。



[撮影者:村上祐資(東京大学大学院)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:119 ルーマニア
次の記事:117 インド
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

対談「磯崎新×浅田彰」「インポッシブル・アーキテクチャー」展(大阪府・2/15)

国立国際美術館で開催中の展覧会「インポッシブル・アーキテクチャー──建築家たちの夢」の関連企画とし...

座談会「彫刻という幸いについて」(府中市・2/23)

府中市美術館で開催中の展覧会「青木野枝 霧と鉄と山と」(3月1日まで)の関連企画として、座談会「彫...

展覧会「超看板 SIGNS & BEYOND Vol.2」(渋谷区・1/10-19)

「超看板」は、建築家、デザイナー、アーティストなど、異なる分野で活動するコラボレーターと協働し、既...

展覧会「アイノとアルヴァ 二人のアアルト 建築・デザイン・生活革命」(江東区・12/20-2/27)

世界的建築家のアルヴァ・アアルトとその妻、アイノ・アアルトが1920年から1930年にかけて追及し...

「いま」を考えるトークシリーズVol.9「観光と都市のモビリティそしてアート」(京都・1/11)

多様な角度から同時代の社会を知り、捉え直すためのトピックを挙げ、それにまつわるゲストを招く連続トー...

安藤忠雄早稲田大学特別講演会「夢かけて走る」(新宿区・1/21)

2020年1月21日に早稲田大学西早稲田キャンパスにて、 安藤忠雄氏の早稲田大学特別講演会「夢かけ...

展覧会 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」(港区・1/11-3/22)

1928年、初の国立デザイン指導機関として仙台に商工省工芸指導所が設立され、1933年には来日中の...

対談 「岡﨑乾二郎──視覚のカイソウ」展 斎藤環+岡﨑乾二郎(愛知県・1/13)

豊田市美術館で開催中の展覧会「岡﨑乾二郎──視覚のカイソウ」の関連企画として、本展出品作家の岡﨑乾...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...

「磯崎新─水戸芸術館縁起─」(茨城・11/16-1/26)

建築家・磯崎新による美術館設計を振り返るシリーズの一環として、当館では水戸芸術館の設計コンセプトや...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る