PHOTO ARCHIVES

115 ピンホール・カメラ

ピンホール写真は空き缶と針で開けた小さな穴だけで撮った写真です。見慣れた風景も針穴からの光を集めて写しだされるといつもと違って見えます。
2007年から2008年にかけてBankARTスクールの「現代建築を10倍楽しむ法」という講座で訪れた建物や横浜市内の建物を、針穴を通して写した写真を紹介します。

手作りピンホール写真機の特徴のひとつは、ファインダーを覗かずに写真を撮ること。いつもの自分とは違う目線で写真を撮ることができます。焼き上がるまで、いつもドキドキ。そんな写真をお楽しみください。

ピンホール写真の撮影では、晴れの日で1分、曇りの日には4分、カメラのシャッターをあけて待ちます。時間がかかるので、デジタルカメラのように気軽な撮影はできず、とっておきの1枚のために建物がもっとも魅力的に見えるアングルを探して撮影をします。
西洋館は竣工当時の古風なたたずまいで、モダン建築は造形の端正な美しさを写し撮るピンホール写真は、観光地の風景として見慣れた横浜の建築を再発見する手段でもあります。横浜関内地区の建築写真をおもに写しました。



[撮影者:塚本信昭+萩原和子+濤岡寿子]

→ 「公開の原則と著作権について」

pic  ちぐさ

pic  前川國男《神奈川県立音楽堂》

pic  大熊喜邦+林豪蔵《横浜銀行協会》

pic  和田順顕《横浜郵船ビル》

pic  都橋商店街

pic  角地の建築

pic  TOCO

pic  西田司《横浜アパートメント》

pic  新宿副都心

pic  日建設計《パレスサイドビルディング》

pic  白井晟一《松濤美術館》

pic  伊東豊雄《多摩美術大学新図書館 》

pic  石上純也《KAIT工房》

pic  武井誠+鍋島千恵/TNA《モザイクの家》

pic  栗生明《桐蔭学園》

pic  村野藤吾《目黒区総合庁舎》

pic  勝鬨橋

pic  妻木頼黄+遠藤於菟《神奈川県立歴史博物館(旧横浜正金銀行)》

pic  丹下健三《横浜美術館》

pic  フロリアン・クラール《フライングダッチマン号》

pic  チョ・ミンスク+ジョセフ・グリマ & ストアフロント・チーム《インフォメーションセンター》

pic  飯田善彦スタジオ《日ノ出町スタジオ》

pic  アントニン・レーモンド《エリスマン邸》

pic  長谷川逸子《湘南台文化センター》

pic  谷口吉生《法隆寺宝物殿》

pic  黒川紀章《中銀カプセルタワービル》

pic  辰野金吾《日本銀行本店》

pic  みかんぐみ《ハンガートンネル》

pic  矢口広和《ヤグチレジデンス》

pic  伊東豊雄《横浜風の塔》

pic  坂倉順三《神奈川県新庁舎》

pic  千葉学《Weekend house alley》

pic  山本理顕《東雲キャナルコートCODAN》

pic  アントニン・レーモンド《聖路加国際病院旧棟》

pic  伊東忠太《築地本願寺》

pic  丹下健三《東京都庁舎》

pic  ジャン・ヌーヴェル《電通本社ビル》

pic  常盤台写真場

pic  柳澤孝彦《東京都現代美術館》

pic  東雲キャナルコート

pic  南省吾《九段下ビル》

pic  六角形の家

pic  前川國男《前川國男邸》

pic  矢部又吉《馬車道ビル》

pic  ヒュー・スタビンス《横浜ランドマークタワー》

pic  西村好時《旧横浜銀行本店別館》

pic  清澄白河

pic  小泉雅生《象の鼻パーク》

pic  大蔵省営繕管財局《横浜税関》

pic  ハンマー・ヘッド・クレーン

pic  英国工務省《横浜開港資料館(旧英国領事館)》

pic  B・M・ウォード《旧露亜銀行》

pic  横浜市建築課《横浜市情報文化センター(旧横浜商工奨励館)》

pic  丸全ビル

pic  安田銀行営繕課《東京藝術大学大学院(旧安田銀行横浜支店)》

pic  西村好時《横浜アイランドタワー(旧第一銀行横浜支店)》

pic  本町ビル(旧帝国火災支店)

pic  ウィーン

pic  出浦高介、鈴木禎次《横浜松坂屋》

pic  竹中工務店《横浜指路教会》

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:116 クロアチア
次の記事:114 岩面画
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

篠山建築学校2019(募集・-7/27)

近年、全国的に空き家問題が深刻な課題となっており、丹波篠山市も例外ではありません。空き家となった古...

「記憶の家族 アーカイブ・プロジェクト」(ウェブサイト)

コミュニティのあり方をさまざまな手法で記録・収集し、アーカイブを試みるアーティスト・コレクティブのA...

東京プロジェクトスタディ(千代田区ほか・募集 -7/21)

"東京で何かを「つくる」としたら"という投げかけのもと、3組のナビゲーターそれぞれが、チームをつく...

トークイベント・写真展「TOKYO ARCHITECTURE」(千代田区・8/2-4)

高度成長、国際競技大会、日本万国博覧会を経て2020年。私たちは何を更新してきたのでしょうか。その...

レクチャー&ディスカッション「《静かなレトリック》と『建築におけるフィクションについての12章』」立石遼太郎(台東区・7/13)

10+1 website 2018年4月号の論考「建築の修辞学──装飾としてのレトリック」の著者、...

日仏対談シリーズ「ル・ラボ」vol.28「デザインと自己」(新宿区・8/30)

アンスティチュ・フランセ東京が2015年春より開始した対談シリーズ「ル・ラボ」は、日本とフランスの...

「神社」建築の始まりと多様性(愛知県・7/20)

「遺構として残る神社建築はせいぜい平安時代であるから、いわゆる「神社建築史」の最初の記述に疑問を抱く...

新南蛮文化シリーズ講演会「建築家・内藤廣が見たスペインの激動の時代」(千代田区・7/8)

マドリードの建築家フェルナンド・イゲーラスのアトリエで70年代中頃に勤務していた著名な建築家内藤廣...

展覧会「ブルーインフラがつくる都市 -東京港湾倉庫論-」(港区・7/5-27)

Logistics Architecture(ロジスティクス・アーキテクチャ)研究会は、展覧会「ブ...

建築家フォーラム第180回「建築という物語による都市の編纂(キュレーション)」(墨田区・7/16)

7月の建築家フォーラムの講演者は、多方面に天才的能力を持つ建築家・入江経一さんです。 近年、日本の...

早稲田まちづくりシンポジウム 2019 アーバニズムの現在と未来(新宿区・7/21)

アーバンデザインの手法として住民参加型の「まちづくり」が日本各地で行われるようになり、多くの経験が...

建築レクチュアシリーズ217 長谷川豪、田根剛(大阪・6/14, 7/19)

大阪を拠点に活動を行う2人の建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏が1組のゲスト建築家をお呼びして、年に7...

「宮本隆司 いまだ見えざるところ」(目黒区・5/14-7/15)

東京都写真美術館では、現在も国内外の美術展などで発表を続ける宮本隆司の個展を開催します。宮本隆司は...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る