PHOTO ARCHIVES

114 岩面画

岩面画とは、自然の岩面に描かれた絵、モチーフ、あるいは模様です。英語でRock Art(ロック・アート)、フランス語ではl'art rupestre(ラール・ルペストル)と言います。岩面画の支持体は、古墳や構造物などの壁面ではなく、加工されていない巨大な岩や岩壁、洞窟など動かすことができないものです。ですから、高松塚古墳や装飾古墳、エジプトの壁画などは岩面画に含まれません。
岩面画は、技法別に大きく二つに分けられます。岩面彩画(ピクトグラフ/Pictograph)と岩面刻画(ペトログリフ/Petroglyph)があります。岩面彩画は、ラスコー洞窟やアルタミラ洞窟に代表されるように、顔料を使用した絵です。岩面刻画は、石器などを用いて線を引いたり、岩面をたたいたり、削ったり、磨いたりした結果できる絵です。特殊な例として、地上絵(Earth Figure)があります。地上絵は、ペルーのナスカが有名ですが、沈み彫り(Intaglio)、ジオグリフ(Geoglyph)、アース・フォーム(Earth Form)などと呼ばれるように、大地の表層を取り除き、色の異なる下層を露出させて表わされたものです。
ヨーロッパ旧石器時代洞窟壁画は、文字通り読みとると垂直な壁面に描かれた絵となりますが、実際は壁だけに限らず天井や地面にも描かれています。アルタミラ洞窟の動物の多彩画は、すべて天井に描かれています。天井の起伏を利用して、動物像のヴォリュームが表現されています。ピレネーのニオー洞窟では、壁面には彩画、粘土質の床面には刻画があります。このように、ひとつの遺跡でも、支持体の性質によって、技法が使い分けられている例が多く見られます。
日本からは北海道余市フゴッペ洞窟、小樽市手宮洞窟、山形県飛島、山口県彦島杉田、鹿児島県徳之島、韓国からは南海島尚州里、蔚山大谷里盤亀台や川前里、高霊良田里、慶州錫杖里や上辛里、浦項仁庇里、中国からは賀蘭山岩面画遺跡群のある寧夏回族自治区銀川市賀蘭口や拜寺口、滾鐘口、中衛市の大麦地、内モンゴル自治区鳥海市棹子山岩面画群の毛爾溝と苦菜溝の岩面刻画を紹介します。
岩面画遺跡の立地、環境、規模によって、絵を水平に見たり、見下ろしたり、見上げたりと、多種多様な鑑賞姿勢が求められます。写真から判断するのは難しいのですが、現地に赴かないとわからないところが、自然風景と一体となった岩面画の大きな特徴と言えます。

付記:2009年に撮影した飛島、徳之島、中国における遺跡の調査研究は、日本学術振興会科学研究費(基盤研究(A) 20242005;研究代表者:小川勝)の助成を受けたものである。
Copyright©2010 Jannu IGARASHI All Rights Reserved.



[撮影者:五十嵐ジャンヌ(東京藝術大学・早稲田大学非常勤講師、美術史/先史学)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:115 ピンホール・カメラ
次の記事:113 図書館[3]
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

SPACE DESIGN TOOL BOX VOL.1 「空間デザインの道具箱」(渋谷区・11/21)

「空間デザイン」をもっと面白くするための道具や知恵を集めて、共有したい! 働く空間は、オフィスだけ...

保存再生学特別研究会「20世紀建築遺産の積極的保存活用に向けて」(千代田区・11/9)

都市内には、日々使い続けられている20世紀建築が多数存在するが、それらの保存活用における課題、それ...

上妻世海『制作へ』刊行記念トークイベント 上妻世海×門脇耕三×木内俊克(千代田区・11/30)

『制作へ』の表題論考「制作へ」は一種の身体論であり、身体拡張論である。制作を通じて身体を〈作品〉...

分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回「分離派登場の背景に見る建築教育と建築構造」(文京区・11/3)

分離派建築会(1920年 東京帝国大学卒業・結成)を、日本の近代建築におけるモダンデザインの鼻祖と...

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る