PHOTO ARCHIVES

113 図書館[3]

アメリカ図書館史で重要な街は複数ある、ボストン、ニューヨーク、フィラデルフィア、ワシントンD.C.、シカゴにピッツバーグも入る。そのピッツを2008年11月に訪ね、公共図書館の起源である《アレゲニー図書館》を訪ねた。これはいわゆる《カーネギー図書館》(鉄鋼王アンドリュー・カーネギーが生涯をかけて世界中に2,500館強を寄贈した公共図書館)の第三号館で、当初はカーネギーの地元に建てられたが、数年前に火災で閉鎖され、現在は劇場となっている。玄関前に、カーネギーが子どもの頃働きながら通ったアンダーソン大佐の図書館にちなんで、大佐と少年の銅像が立っている。若き鉄鋼王は大佐の私設図書館で読書と勉強で、自立し、図書館の重要さを体得、のちに慈善事業家として図書館を生涯寄付し続けた。ピッツが図書館史上重要な所以である。この街の図書館は大なり小なりカーネギーにゆかりのある大学に附属するものでその図書館を訪ねた。ピッツバーグ大学は図書館情報学教育研究の拠点のひとつでもある。
次に《イエール大学図書館》を3館。《バス図書館》はクロスキャンパス・ライブラリーという名で有名な学部生用地下図書館を全面改修し、いま流行のラーニング・コモンズを兼ねる。子どもからお年寄りまで誰でも24時間利用できる。《英国芸術イエール・センター》には稀覯本・版画・素描図書館と参考図書館の2室が置かれている。カーンの内装指示が徹底し、冷暖房通気孔など特注品ばかりで構成されている。それらは微に入り細に入り大変な仕事がなされている。
最後に紹介するのは、マンハッタンの南北を代表する大学、コロンビア大学とニューヨーク大学の研究図書館本館、通称バトラーとボブストである。



[撮影者:松林正己(中部大学附属三浦記念図書館)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:114 岩面画
次の記事:112 エジプト+ドバイ
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

中村好文『芸術家(アーティスト)のすまいぶり』刊行記念「アーティストの住まいぶりと暮らしぶりから学んだこと」トークイベント(渋谷区・12/3)

アーティストにとって、住まいは「生き方の姿勢が、かたちになって見えるもの」(本文より)── ホンカ...

シンポジウム「建築家・根津耕一郎の仕事」(兵庫・11/16)

1960年代から70年代を中心に、関西を拠点として数多くの建築物を設計した建築家・根津耕一郎氏のシ...

トークイベント『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』刊行記念 藤森照信×田村尚子(中央区・11/21)

『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』の刊行を記念して、建築家であり建築史...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...

「磯崎新─水戸芸術館縁起─」(茨城・11/16-1/26)

建築家・磯崎新による美術館設計を振り返るシリーズの一環として、当館では水戸芸術館の設計コンセプトや...

展覧会「Steven Holl: Making Architecture」(品川区・11/8-1/8)

アメリカを代表する建築家、スティーブン・ホールは72歳になった現在も、ニューヨークと北京にオフィス...

シンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか」(兵庫・11/23)

2019年11月23日(土・祝)にシンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか...

戦後空間シンポジウム 04「バブル・震災・オウム教─1990年代、戦後空間の廃墟から─」(港区・11/22)

主旨: 「戦後空間シンポジウム」第 4回目のシンポジウムは戦後空間の変質に目を向け、80年代後半か...

第5回「吉阪隆正賞」授賞式/記念シンポジウム(千代田区・11/18)

第5回「吉阪隆正賞」を受賞した西沢立衛氏による記念シンポジウムが、11月18日にアテネ・フランセ文...

[磯崎新の謎]展(大分・9/23-11-24)

大分市が誇る建築家・磯崎新(1931~)は建築の枠を超え、思想、美術、デザインなど多岐に渡る分野で...

展覧会「日本建築の自画像 探求者たちの もの語り」(香川県・9/21-12/15)

われわれがよく聞く『日本建築』とは、何なのか? そもそも、何が『日本的』なのか? 本展では『日本建...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る