PHOTO ARCHIVES

112 エジプト+ドバイ

25年の人生経験で時代観や建物の規模において自分なりの判断基準を築き上げてきた。目にした最古の建築は法隆寺の五重塔の670年、もっとも高いビルは横浜ランドマークタワーの296mといった具合に。だが、その基準はわずか9日間のエジプト・ドバイ旅行で桁違いに更新されたのである。目にしたものはB.C.2650年頃に完成した階段ピラミッド、818mと世界一の高さを誇る超高層ビル、ブルジュ・ドバイ。その差は約3320年と522m。大幅に記録は更新され判断基準は世界水準に到達した。

到着した場所は日本から約9,600km離れた場所にあるアフリカ北東部の国、エジプト。首都カイロを拠点に、ギザ、ルクソール、アレキサンドリアの都市を巡り、約5000年の歴史の痕跡を5日間で見学。目も開けられないほどの強い日差しと青々した大空を背に、ピラミッドを代表とする数々の遺跡には純粋に感動を覚えた。また、街に出るとガラベーヤという民族衣装を着た人々を目にし、アラビア語を耳にし、エジプトポンドを手にし、エジプト料理に舌をうつ、そんな独自の文化に触れ、リアルな日常生活を体験したことでほかにはないオンリーワンだという印象を抱いた。

一方、ドバイの歴史は約180年と浅く、石油収入の恩恵を最大限に活用し、急速な開発を進めている。街のあちこちでは噂通りの建築ラッシュ。7つ星ホテルのブルジュ・アル・アラブ、世界最大の人工島パーム・アイランド、世界最大級のショッピングモール、ドバイ・モールなどはアトラクションのようである。この豪華なアトラクションを目当てに多くの観光客が入園者となり集結する。皆、パスポートという名の入場チケットを片手に、おとぎ話かのようなガイドの説明に耳を傾ける。まさにテーマパークに訪れた感覚。しかし、これこそドバイがつくり出す世界感なのである。世界一を目指し成長し続けるその勢いは、まぎれもなくナンバーワンだという印象を抱いた。

これらの写真は2009年3月中旬に訪れたエジプト、ドバイで撮影したものである。



[撮影者:石川亮(国士舘大学大学院研究生)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:113 図書館[3]
次の記事:111 サンフランシスコ
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

中村好文『芸術家(アーティスト)のすまいぶり』刊行記念「アーティストの住まいぶりと暮らしぶりから学んだこと」トークイベント(渋谷区・12/3)

アーティストにとって、住まいは「生き方の姿勢が、かたちになって見えるもの」(本文より)── ホンカ...

シンポジウム「建築家・根津耕一郎の仕事」(兵庫・11/16)

1960年代から70年代を中心に、関西を拠点として数多くの建築物を設計した建築家・根津耕一郎氏のシ...

トークイベント『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』刊行記念 藤森照信×田村尚子(中央区・11/21)

『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』の刊行を記念して、建築家であり建築史...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...

「磯崎新─水戸芸術館縁起─」(茨城・11/16-1/26)

建築家・磯崎新による美術館設計を振り返るシリーズの一環として、当館では水戸芸術館の設計コンセプトや...

展覧会「Steven Holl: Making Architecture」(品川区・11/8-1/8)

アメリカを代表する建築家、スティーブン・ホールは72歳になった現在も、ニューヨークと北京にオフィス...

シンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか」(兵庫・11/23)

2019年11月23日(土・祝)にシンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか...

戦後空間シンポジウム 04「バブル・震災・オウム教─1990年代、戦後空間の廃墟から─」(港区・11/22)

主旨: 「戦後空間シンポジウム」第 4回目のシンポジウムは戦後空間の変質に目を向け、80年代後半か...

第5回「吉阪隆正賞」授賞式/記念シンポジウム(千代田区・11/18)

第5回「吉阪隆正賞」を受賞した西沢立衛氏による記念シンポジウムが、11月18日にアテネ・フランセ文...

[磯崎新の謎]展(大分・9/23-11-24)

大分市が誇る建築家・磯崎新(1931~)は建築の枠を超え、思想、美術、デザインなど多岐に渡る分野で...

展覧会「日本建築の自画像 探求者たちの もの語り」(香川県・9/21-12/15)

われわれがよく聞く『日本建築』とは、何なのか? そもそも、何が『日本的』なのか? 本展では『日本建...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る