PHOTO ARCHIVES

112 エジプト+ドバイ

25年の人生経験で時代観や建物の規模において自分なりの判断基準を築き上げてきた。目にした最古の建築は法隆寺の五重塔の670年、もっとも高いビルは横浜ランドマークタワーの296mといった具合に。だが、その基準はわずか9日間のエジプト・ドバイ旅行で桁違いに更新されたのである。目にしたものはB.C.2650年頃に完成した階段ピラミッド、818mと世界一の高さを誇る超高層ビル、ブルジュ・ドバイ。その差は約3320年と522m。大幅に記録は更新され判断基準は世界水準に到達した。

到着した場所は日本から約9,600km離れた場所にあるアフリカ北東部の国、エジプト。首都カイロを拠点に、ギザ、ルクソール、アレキサンドリアの都市を巡り、約5000年の歴史の痕跡を5日間で見学。目も開けられないほどの強い日差しと青々した大空を背に、ピラミッドを代表とする数々の遺跡には純粋に感動を覚えた。また、街に出るとガラベーヤという民族衣装を着た人々を目にし、アラビア語を耳にし、エジプトポンドを手にし、エジプト料理に舌をうつ、そんな独自の文化に触れ、リアルな日常生活を体験したことでほかにはないオンリーワンだという印象を抱いた。

一方、ドバイの歴史は約180年と浅く、石油収入の恩恵を最大限に活用し、急速な開発を進めている。街のあちこちでは噂通りの建築ラッシュ。7つ星ホテルのブルジュ・アル・アラブ、世界最大の人工島パーム・アイランド、世界最大級のショッピングモール、ドバイ・モールなどはアトラクションのようである。この豪華なアトラクションを目当てに多くの観光客が入園者となり集結する。皆、パスポートという名の入場チケットを片手に、おとぎ話かのようなガイドの説明に耳を傾ける。まさにテーマパークに訪れた感覚。しかし、これこそドバイがつくり出す世界感なのである。世界一を目指し成長し続けるその勢いは、まぎれもなくナンバーワンだという印象を抱いた。

これらの写真は2009年3月中旬に訪れたエジプト、ドバイで撮影したものである。



[撮影者:石川亮(国士舘大学大学院研究生)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:113 図書館[3]
次の記事:111 サンフランシスコ
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

SPACE DESIGN TOOL BOX VOL.1 「空間デザインの道具箱」(渋谷区・11/21)

「空間デザイン」をもっと面白くするための道具や知恵を集めて、共有したい! 働く空間は、オフィスだけ...

保存再生学特別研究会「20世紀建築遺産の積極的保存活用に向けて」(千代田区・11/9)

都市内には、日々使い続けられている20世紀建築が多数存在するが、それらの保存活用における課題、それ...

上妻世海『制作へ』刊行記念トークイベント 上妻世海×門脇耕三×木内俊克(千代田区・11/30)

『制作へ』の表題論考「制作へ」は一種の身体論であり、身体拡張論である。制作を通じて身体を〈作品〉...

分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回「分離派登場の背景に見る建築教育と建築構造」(文京区・11/3)

分離派建築会(1920年 東京帝国大学卒業・結成)を、日本の近代建築におけるモダンデザインの鼻祖と...

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る