PHOTO ARCHIVES

111 サンフランシスコ

アメリカ人が住みたい国内の都市でつねに一番を競うサンフランシスコ。1848年のゴールドラッシュをきっかけにサンフランシスコはアメリカ西海岸を代表する大都市へと急成長した。比較的短いアメリカ西海岸の歴史の中では都市形態と密度からそれなりに歴史を感じとれる珍しい都市である。アメリカ東海岸から来たヨーロッパの移民文化をベースに南から隣国メキシコのヒスパニック文化、太平洋を渡って中国、日本を始めとするアジア文化がサンフランシスコの随所に根付いている。

また急な坂が多いことで有名なサンフランシスコは多彩な角度から都市の全体像を眺めることができる。横へ横へと広がるアメリカの都市形態のなかでその坂のおかげでファサードが縦に並んでいる姿を見ることができるこの都市は珍しい。そんな急勾配の坂は生活するうえではさぞかし不便だが、実際サンフランシスコ市民はこれをこの街の観光名所として謳っているのだ。

初のガラスカーテンウォール建築や可愛らしいビクトリアン様式の住宅に始まり、フランク・ロイド・ライトのブティック、マリオ・ボッタの近代美術館などの近代建築に加え、ヘルツォーク&ド・ムーロンによるデ・ヤング美術館、モーフォシスによるサンフランシスコ連邦ビルとレンゾ・ピアノによる博物館(残念ながらこの2つは当時まだ建設中だったので見学できず)などの現代建築を見ることができるとても贅沢な街でもある。

あと最後に加えてオススメしたいのが野球場である。サンフランシスコにある球場は近年の球場デザインの傾向が見受けることができることで知られている。「メジャーリーグの球場とはこういうものだ」という独特の雰囲気を肌で実感してもらいたい。2006年9月末に2泊3日、会社の研修旅行で行ってきたサンフランシスコは都市と建築の4次元教科書であった。



[撮影者:吉川彰布(東北大学大学院)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:112 エジプト+ドバイ
次の記事:110 北欧[2]──フィンランド
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

SPACE DESIGN TOOL BOX VOL.1 「空間デザインの道具箱」(渋谷区・11/21)

「空間デザイン」をもっと面白くするための道具や知恵を集めて、共有したい! 働く空間は、オフィスだけ...

保存再生学特別研究会「20世紀建築遺産の積極的保存活用に向けて」(千代田区・11/9)

都市内には、日々使い続けられている20世紀建築が多数存在するが、それらの保存活用における課題、それ...

上妻世海『制作へ』刊行記念トークイベント 上妻世海×門脇耕三×木内俊克(千代田区・11/30)

『制作へ』の表題論考「制作へ」は一種の身体論であり、身体拡張論である。制作を通じて身体を〈作品〉...

分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回「分離派登場の背景に見る建築教育と建築構造」(文京区・11/3)

分離派建築会(1920年 東京帝国大学卒業・結成)を、日本の近代建築におけるモダンデザインの鼻祖と...

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る