PHOTO ARCHIVES

111 サンフランシスコ

アメリカ人が住みたい国内の都市でつねに一番を競うサンフランシスコ。1848年のゴールドラッシュをきっかけにサンフランシスコはアメリカ西海岸を代表する大都市へと急成長した。比較的短いアメリカ西海岸の歴史の中では都市形態と密度からそれなりに歴史を感じとれる珍しい都市である。アメリカ東海岸から来たヨーロッパの移民文化をベースに南から隣国メキシコのヒスパニック文化、太平洋を渡って中国、日本を始めとするアジア文化がサンフランシスコの随所に根付いている。

また急な坂が多いことで有名なサンフランシスコは多彩な角度から都市の全体像を眺めることができる。横へ横へと広がるアメリカの都市形態のなかでその坂のおかげでファサードが縦に並んでいる姿を見ることができるこの都市は珍しい。そんな急勾配の坂は生活するうえではさぞかし不便だが、実際サンフランシスコ市民はこれをこの街の観光名所として謳っているのだ。

初のガラスカーテンウォール建築や可愛らしいビクトリアン様式の住宅に始まり、フランク・ロイド・ライトのブティック、マリオ・ボッタの近代美術館などの近代建築に加え、ヘルツォーク&ド・ムーロンによるデ・ヤング美術館、モーフォシスによるサンフランシスコ連邦ビルとレンゾ・ピアノによる博物館(残念ながらこの2つは当時まだ建設中だったので見学できず)などの現代建築を見ることができるとても贅沢な街でもある。

あと最後に加えてオススメしたいのが野球場である。サンフランシスコにある球場は近年の球場デザインの傾向が見受けることができることで知られている。「メジャーリーグの球場とはこういうものだ」という独特の雰囲気を肌で実感してもらいたい。2006年9月末に2泊3日、会社の研修旅行で行ってきたサンフランシスコは都市と建築の4次元教科書であった。



[撮影者:吉川彰布(東北大学大学院)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:112 エジプト+ドバイ
次の記事:110 北欧[2]──フィンランド
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

建築情報学会キックオフ準備会議第6回(江東区・2/3)

「建築情報学」は、旧来の建築学の学問的カテゴリに捉われることなく、建築内外の知見を架橋することが...

戦後空間シンポジウム02「技術・政策・産業化─1960年代住宅の現実と可能性─」(港区・1/14)

日本建築学会が主催する戦後空間シンポジウムの第2回が、1月14日に開催されます。第1回(戦後空間シン...

METACITY(千葉県・1/18-19)

「METACITY」は、思考実験とプロトタイピングを通して「ありえる都市」の形を探求するリサーチプ...

AA visiting school workshop at 竹中大工道具館(兵庫県ほか・3/13-24)

イギリスの建築の名門AAスクールが世界中の大学や企業と共に世界各地で行うワークショップ「A...

第1回復興 シンポジウム「復興と地域社会圏」(福島県・1/26)

福島県では震災後7年が経過し避難区域の解除に伴い避難者・帰還者の復興がより具体的な形ではじまりつつ...

日本建築学会 西洋建築史小委員会 西洋建築史の諸問題ラウンドテーブル第2回(港区・1/12)

日本建築学会 西洋建築史小委員会では、2018年秋に「西洋建築史の諸問題ワーキンググループ」を設置...

鉄道芸術祭vol.8「超・都市計画 〜そうなろうとするCITY〜」(大阪府・11/10-1/27)

鉄道芸術祭vol.8では、アートエリアB1開館/中之島線開業10周年を記念して、沿線開発という「都...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る