PHOTO ARCHIVES

108 エチオピア

エチオピアはアフリカ最古の独立国であり、アフリカで唯一ヨーロッパからの植民地化を免れた国である。人口の半数以上はエチオピア正教と呼ばれるキリスト教を信仰している。
まず、首都のアジスアベバは、約100年前に首都になった比較的新しい街である。高度2,400mに位置する高山地帯であり、気候は一年を通して暖かく、乾いた空気が爽やかだ。ほぼ赤道下にいるとは思えない気持ちの良い環境である。そこでは、100年前からほとんど変わることのない、市民ののびのびとした都市生活が繰り広げられている。牛や羊や鶏を自宅で飼い、炭を使って調理をする。近代建築と呼べるものはまず存在しない。教会も新しく、歴史は浅い。
一方、12世紀後半、17世紀にそれぞれエチオピアの首都であったラリベラとゴンダールには世界遺産に指定された建物が存在する。特にラリベラの岩窟教会群は必見である。一枚の岩を堀り、くり抜くことで内部をつくる。気が遠くなるような作業である。これらを発案から設計まで、当時の王であるラリベラ王が行なったそうだ。王として、そして建築家として、彼に敬意を覚えずにはいられない。それほど岩窟教会の中は感動的なのだ。靴を脱ぎ、ひんやり湿った教会の中に入ると、最初は真っ暗で何も見えない。やがて目が慣れてくると一人の司祭がひっそりと座っているのが見えてくる。深く彫り込まれた窓からは一筋の光。エチオピア正教の信者は、ラリベラに巡礼し、岩窟教会で祈りを捧げるのが夢だそうだ。無宗教の私がここまで感動するのだから、信者の感動は想像を絶するものに違いない。
ゴンダールは、1936年〜1941年にイタリアに占領された際、近代的な都市計画によって拡大した。慶應大学の三宅理一さんが手がけた「ミレニアムパビリオン」の完成も見ることができ、今後は日本とエチオピアの交流も期待できる。
これらの写真は2009年春に約1カ月間エチオピアに滞在した際に撮影した写真である。



[撮影者:鈴木茜(東北大学大学院修士2年)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:109 北欧[1]──デンマーク+スウェーデン
次の記事:107 フランクフルト
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

対談「磯崎新×浅田彰」「インポッシブル・アーキテクチャー」展(大阪府・2/15)

国立国際美術館で開催中の展覧会「インポッシブル・アーキテクチャー──建築家たちの夢」の関連企画とし...

座談会「彫刻という幸いについて」(府中市・2/23)

府中市美術館で開催中の展覧会「青木野枝 霧と鉄と山と」(3月1日まで)の関連企画として、座談会「彫...

展覧会「超看板 SIGNS & BEYOND Vol.2」(渋谷区・1/10-19)

「超看板」は、建築家、デザイナー、アーティストなど、異なる分野で活動するコラボレーターと協働し、既...

展覧会「アイノとアルヴァ 二人のアアルト 建築・デザイン・生活革命」(江東区・12/20-2/27)

世界的建築家のアルヴァ・アアルトとその妻、アイノ・アアルトが1920年から1930年にかけて追及し...

「いま」を考えるトークシリーズVol.9「観光と都市のモビリティそしてアート」(京都・1/11)

多様な角度から同時代の社会を知り、捉え直すためのトピックを挙げ、それにまつわるゲストを招く連続トー...

安藤忠雄早稲田大学特別講演会「夢かけて走る」(新宿区・1/21)

2020年1月21日に早稲田大学西早稲田キャンパスにて、 安藤忠雄氏の早稲田大学特別講演会「夢かけ...

展覧会 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」(港区・1/11-3/22)

1928年、初の国立デザイン指導機関として仙台に商工省工芸指導所が設立され、1933年には来日中の...

対談 「岡﨑乾二郎──視覚のカイソウ」展 斎藤環+岡﨑乾二郎(愛知県・1/13)

豊田市美術館で開催中の展覧会「岡﨑乾二郎──視覚のカイソウ」の関連企画として、本展出品作家の岡﨑乾...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...

「磯崎新─水戸芸術館縁起─」(茨城・11/16-1/26)

建築家・磯崎新による美術館設計を振り返るシリーズの一環として、当館では水戸芸術館の設計コンセプトや...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る