PHOTO ARCHIVES

105 京都大学派の建築

「建築論」の系譜
京都大学建築学科を中心とする建築デザインの潮流は独自の質と思想を継いでいる。
京大の建築意匠は、設立に際し武田五一が招聘された時に端を発する。しかし通底する思想を見るならば、武田が招いた森田慶一以降の系譜として位置づけたほうがより明快になるだろう。思想的背景として、森田が著作『建築論』でウィトルウィウス以来の「美」「用」「強」の三様態に「聖」を加えた功績をここでは注目したい。

周知のように、近代主義において「美」「用」「強」の諸概念は、建築を「道具」として再解釈させることに貢献した。建築もまた椅子やテーブル、あるいはナイフやフォークなどと同じく日用品として扱われる。そうした「道具」の性質が身体の延長であることも手伝っている。建築は特別なものではなく、要求された機能にしたがう、合目的的制作物に位置づけられた。建築の近代とは、その意味に限って人間中心主義と同義になる。
では森田が「美」「用」「強」に、あえて「聖」を加えた意図はなにか。
森田の「聖」は建築について身体の延長になりえない側面を示している。彼は人間の外にありつづける「超越性の問題」を考えた。「超越」は人間によって生きられることをしない。すなわち森田は建築を人間の延長としながらも、人間自身に関与されないもうひとつの視点を同時成立させている。いうなればそれは近代的なパースペクティブを相対化する複眼的な視点場であり、その展望は近代を超克しうる可能性をもつ。

本特集は上記の見解において京大建築派を構成した。森田を継いだ増田友也は上の問題をあくまでも道具性の先に見据えた。他の建築家もまたその点において考察される別の機会が必要だろう。無論「京大派」とは多様な解釈が可能である。「京大派」については『建築MAP京都』所収の長田直之による論考を参照してほしい。



[撮影者:田中明+杉山真魚+千葉美幸+近藤大介+松田大輝]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:106 沖縄
次の記事:104 アメリカ西海岸南部(ロサンジェルス、サンディエゴ、フ
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

SPACE DESIGN TOOL BOX VOL.1 「空間デザインの道具箱」(渋谷区・11/21)

「空間デザイン」をもっと面白くするための道具や知恵を集めて、共有したい! 働く空間は、オフィスだけ...

保存再生学特別研究会「20世紀建築遺産の積極的保存活用に向けて」(千代田区・11/9)

都市内には、日々使い続けられている20世紀建築が多数存在するが、それらの保存活用における課題、それ...

上妻世海『制作へ』刊行記念トークイベント 上妻世海×門脇耕三×木内俊克(千代田区・11/30)

『制作へ』の表題論考「制作へ」は一種の身体論であり、身体拡張論である。制作を通じて身体を〈作品〉...

分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回「分離派登場の背景に見る建築教育と建築構造」(文京区・11/3)

分離派建築会(1920年 東京帝国大学卒業・結成)を、日本の近代建築におけるモダンデザインの鼻祖と...

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る