PHOTO ARCHIVES

104 アメリカ西海岸南部(ロサンジェルス、サンディエゴ、フェニックス)[2]

旅の後半は、フランク・ロイド・ライトの《タリアセン・ウエスト》とルイス・I・カーンの《ソーク生物学研究所》を見るため、アリゾナ州フェニックスとカリフォルニア州南端の町サンディエゴを訪れた。《タリアセン》が、巨大なカクタスの点在する砂漠のなかに力強くその姿を現わしているのに対し、《ソーク》は、太平洋を望む緑豊かな美しい崖の上に端正で優美な姿を見せていた。それは、すでに72年、44年という歳月を経ているにもかかわらず、ほとんど風化することなくかつて見た写真のままであるように思えた。日本に暮らし、建築の風合が増すことや朽ちていくことが自然であると思う身には、それは少し不思議な光景に感じたが、それには気候風土という要素が大きく影響していることを、現地の強烈な陽射し、抜けるような青い空、極度に乾燥し澄み切った空気に触れることではじめて実感した。
写真は、ロス編も含めてすべて2008年10月に撮影したものである。



[撮影者:星裕之+伊藤康裕]

→ 「公開の原則と著作権について」

pic  フランク・ロイド・ライト《タリアセン・ウエスト》

pic  フランク・ロイド・ライト《ファースト・クリスチャン教会》

pic  アルバート・チェイス・マッカーサー《アリゾナ・ビルトモア・ホテル》

pic  アントワン・プレドック《アリゾナ州立大学ネルソン美術センター》

pic  スコギン・エラム&ブレイ《アリゾナ州立大学法学部図書館》

pic  パーキンス+ウィル/ディック&フリッチェ・デザイングループ《アリゾナ州立大学総合理工学部棟》

pic  フランク・ロイド・ライト《アリゾナ州立大学グラディ・ガメージ記念講堂》

pic  ゲンスラー/ジョーンズ《アリゾナ州立大学ラッティ・F・クアー・ホール》

pic  グールド・エヴァンス/ロード・アエック&サージェント《アリゾナ州立大学アリゾナ州バイオデザイン研究施設》

pic  グールド・エヴァンス/リチャード+バウアー《アリゾナ州立大学総合理工学部別棟》

pic  グールド・エヴァンス/マシャード・シルヴェッティ《アリゾナ州立大学コージェネレーション施設》

pic  エドワード・バーニー《アリゾナ州立大学農業者育成ビル》

pic  カートメリ&ロスマン《アリゾナ州立大学アームストロング・ホール》

pic  マザー《書店(アリゾナ州立大学内)》

pic  ウィリアム・ピーター・タリアセン建築研究所《アリゾナ州立大学音楽棟》

pic  DWL《警察署(アリゾナ州立大学内)》

pic  パオロ・ソレリ《コサンティ財団》

pic  《バイオスフィア2》

pic  ルイス・I・カーン《ソーク生物学研究所》

pic  アンシェン&アレン《ソーク生物学研究所新館》

pic  リカルド・レゴレッタ《サウス・チュラヴィスタ図書館》

pic  ウィリアム・L・ペレイラ《カリフォルニア大学サンディエゴ校ゲイゼル図書館》

pic  グンナー・バーカーツ《ゲイゼル図書館増築》

pic  ヴェンチューリ・スコット・ブラウン《サンディエゴ現代美術館ラホーヤ分館》

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:105 京都大学派の建築
次の記事:103 アメリカ西海岸南部(ロサンジェルス、サンディエゴ、フ
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

公開レクチャー「神山に3年通って:石川初さん語り下ろし[東京編]w/若林恵、真鍋太一、西村佳哲」(渋谷区・12/5)

今年8月に徳島県神山町で開催した、石川初(いしかわ はじめ)さんの公開レクチャー「神山に3年通って...

アート&メディア・フォーラム「ポスト・オープンデータ時代のカルチュラル・レジスタンス」(目黒区・12/15)

21世紀に入り、IoTや人工知能、バイオテクノロジー、ロボティクスが飛躍的に発達し、20世紀にSF...

中村好文『芸術家(アーティスト)のすまいぶり』刊行記念「アーティストの住まいぶりと暮らしぶりから学んだこと」トークイベント(渋谷区・12/3)

アーティストにとって、住まいは「生き方の姿勢が、かたちになって見えるもの」(本文より)── ホンカ...

トークイベント『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』刊行記念 藤森照信×田村尚子(中央区・11/21)

『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』の刊行を記念して、建築家であり建築史...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...

「磯崎新─水戸芸術館縁起─」(茨城・11/16-1/26)

建築家・磯崎新による美術館設計を振り返るシリーズの一環として、当館では水戸芸術館の設計コンセプトや...

展覧会「Steven Holl: Making Architecture」(品川区・11/8-1/8)

アメリカを代表する建築家、スティーブン・ホールは72歳になった現在も、ニューヨークと北京にオフィス...

シンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか」(兵庫・11/23)

2019年11月23日(土・祝)にシンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか...

戦後空間シンポジウム 04「バブル・震災・オウム教─1990年代、戦後空間の廃墟から─」(港区・11/22)

主旨: 「戦後空間シンポジウム」第 4回目のシンポジウムは戦後空間の変質に目を向け、80年代後半か...

[磯崎新の謎]展(大分・9/23-11-24)

大分市が誇る建築家・磯崎新(1931~)は建築の枠を超え、思想、美術、デザインなど多岐に渡る分野で...

展覧会「日本建築の自画像 探求者たちの もの語り」(香川県・9/21-12/15)

われわれがよく聞く『日本建築』とは、何なのか? そもそも、何が『日本的』なのか? 本展では『日本建...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る