PHOTO ARCHIVES

104 アメリカ西海岸南部(ロサンジェルス、サンディエゴ、フェニックス)[2]

旅の後半は、フランク・ロイド・ライトの《タリアセン・ウエスト》とルイス・I・カーンの《ソーク生物学研究所》を見るため、アリゾナ州フェニックスとカリフォルニア州南端の町サンディエゴを訪れた。《タリアセン》が、巨大なカクタスの点在する砂漠のなかに力強くその姿を現わしているのに対し、《ソーク》は、太平洋を望む緑豊かな美しい崖の上に端正で優美な姿を見せていた。それは、すでに72年、44年という歳月を経ているにもかかわらず、ほとんど風化することなくかつて見た写真のままであるように思えた。日本に暮らし、建築の風合が増すことや朽ちていくことが自然であると思う身には、それは少し不思議な光景に感じたが、それには気候風土という要素が大きく影響していることを、現地の強烈な陽射し、抜けるような青い空、極度に乾燥し澄み切った空気に触れることではじめて実感した。
写真は、ロス編も含めてすべて2008年10月に撮影したものである。



[撮影者:星裕之+伊藤康裕]

→ 「公開の原則と著作権について」

pic  フランク・ロイド・ライト《タリアセン・ウエスト》

pic  フランク・ロイド・ライト《ファースト・クリスチャン教会》

pic  アルバート・チェイス・マッカーサー《アリゾナ・ビルトモア・ホテル》

pic  アントワン・プレドック《アリゾナ州立大学ネルソン美術センター》

pic  スコギン・エラム&ブレイ《アリゾナ州立大学法学部図書館》

pic  パーキンス+ウィル/ディック&フリッチェ・デザイングループ《アリゾナ州立大学総合理工学部棟》

pic  フランク・ロイド・ライト《アリゾナ州立大学グラディ・ガメージ記念講堂》

pic  ゲンスラー/ジョーンズ《アリゾナ州立大学ラッティ・F・クアー・ホール》

pic  グールド・エヴァンス/ロード・アエック&サージェント《アリゾナ州立大学アリゾナ州バイオデザイン研究施設》

pic  グールド・エヴァンス/リチャード+バウアー《アリゾナ州立大学総合理工学部別棟》

pic  グールド・エヴァンス/マシャード・シルヴェッティ《アリゾナ州立大学コージェネレーション施設》

pic  エドワード・バーニー《アリゾナ州立大学農業者育成ビル》

pic  カートメリ&ロスマン《アリゾナ州立大学アームストロング・ホール》

pic  マザー《書店(アリゾナ州立大学内)》

pic  ウィリアム・ピーター・タリアセン建築研究所《アリゾナ州立大学音楽棟》

pic  DWL《警察署(アリゾナ州立大学内)》

pic  パオロ・ソレリ《コサンティ財団》

pic  《バイオスフィア2》

pic  ルイス・I・カーン《ソーク生物学研究所》

pic  アンシェン&アレン《ソーク生物学研究所新館》

pic  リカルド・レゴレッタ《サウス・チュラヴィスタ図書館》

pic  ウィリアム・L・ペレイラ《カリフォルニア大学サンディエゴ校ゲイゼル図書館》

pic  グンナー・バーカーツ《ゲイゼル図書館増築》

pic  ヴェンチューリ・スコット・ブラウン《サンディエゴ現代美術館ラホーヤ分館》

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:105 京都大学派の建築
次の記事:103 アメリカ西海岸南部(ロサンジェルス、サンディエゴ、フ
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

SPACE DESIGN TOOL BOX VOL.1 「空間デザインの道具箱」(渋谷区・11/21)

「空間デザイン」をもっと面白くするための道具や知恵を集めて、共有したい! 働く空間は、オフィスだけ...

保存再生学特別研究会「20世紀建築遺産の積極的保存活用に向けて」(千代田区・11/9)

都市内には、日々使い続けられている20世紀建築が多数存在するが、それらの保存活用における課題、それ...

上妻世海『制作へ』刊行記念トークイベント 上妻世海×門脇耕三×木内俊克(千代田区・11/30)

『制作へ』の表題論考「制作へ」は一種の身体論であり、身体拡張論である。制作を通じて身体を〈作品〉...

分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回「分離派登場の背景に見る建築教育と建築構造」(文京区・11/3)

分離派建築会(1920年 東京帝国大学卒業・結成)を、日本の近代建築におけるモダンデザインの鼻祖と...

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る