PHOTO ARCHIVES

103 アメリカ西海岸南部(ロサンジェルス、サンディエゴ、フェニックス)[1]

10日間の滞在期間中一度も雨は降らなかった。高い気温と強い日差しにもかかわらず、どれだけ水分を補給しても汗はでない。ロスの建築は、乾燥と日射というアドバンテージを享受する。水平ラインが強調された住宅は、広い敷地の中で道路に正対して配置される。日本のような南面信仰はなく、あまり陽のあたらない場所にリビングを配置している。雨の回りこみを気にしなくて良いせいだろう、木にラッカーを塗っただけで庇としているような建築も許されてしまう。設計者としてはある種のうらやましさを感じる。
ロスでもっとも印象に残ったのは「なにもない」《ノイトラ自邸》である。ただただ適切なスケールと視線の抜けによって心地良い居場所を形成する試み。これは写真では伝わらないもの。
今日では各サイトに住所を含む充分な情報が提供され、各施設ではガイド付ツアーが催されている。事前予約のうえ、ナビ付レンタカーで効率的に廻ることをお勧めする。

星裕之(STUDIOPOH)
www.poh.jp



[撮影者:星裕之+伊藤康裕]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:104 アメリカ西海岸南部(ロサンジェルス、サンディエゴ、フ
次の記事:102 マンハッタン:高層建築
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

SPACE DESIGN TOOL BOX VOL.1 「空間デザインの道具箱」(渋谷区・11/21)

「空間デザイン」をもっと面白くするための道具や知恵を集めて、共有したい! 働く空間は、オフィスだけ...

保存再生学特別研究会「20世紀建築遺産の積極的保存活用に向けて」(千代田区・11/9)

都市内には、日々使い続けられている20世紀建築が多数存在するが、それらの保存活用における課題、それ...

上妻世海『制作へ』刊行記念トークイベント 上妻世海×門脇耕三×木内俊克(千代田区・11/30)

『制作へ』の表題論考「制作へ」は一種の身体論であり、身体拡張論である。制作を通じて身体を〈作品〉...

分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回「分離派登場の背景に見る建築教育と建築構造」(文京区・11/3)

分離派建築会(1920年 東京帝国大学卒業・結成)を、日本の近代建築におけるモダンデザインの鼻祖と...

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る