PHOTO ARCHIVES

103 アメリカ西海岸南部(ロサンジェルス、サンディエゴ、フェニックス)[1]

10日間の滞在期間中一度も雨は降らなかった。高い気温と強い日差しにもかかわらず、どれだけ水分を補給しても汗はでない。ロスの建築は、乾燥と日射というアドバンテージを享受する。水平ラインが強調された住宅は、広い敷地の中で道路に正対して配置される。日本のような南面信仰はなく、あまり陽のあたらない場所にリビングを配置している。雨の回りこみを気にしなくて良いせいだろう、木にラッカーを塗っただけで庇としているような建築も許されてしまう。設計者としてはある種のうらやましさを感じる。
ロスでもっとも印象に残ったのは「なにもない」《ノイトラ自邸》である。ただただ適切なスケールと視線の抜けによって心地良い居場所を形成する試み。これは写真では伝わらないもの。
今日では各サイトに住所を含む充分な情報が提供され、各施設ではガイド付ツアーが催されている。事前予約のうえ、ナビ付レンタカーで効率的に廻ることをお勧めする。

星裕之(STUDIOPOH)
www.poh.jp



[撮影者:星裕之+伊藤康裕]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:104 アメリカ西海岸南部(ロサンジェルス、サンディエゴ、フ
次の記事:102 マンハッタン:高層建築
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

講演会「建築家・藤井厚二を語る」(目黒区・8/24)

目黒区美術館で開催中の展覧会「太田喜二郎と藤井厚二──日本の光を追い求めた画家と建築家」の関連イベ...

TOKYO2021 建築展(中央区・8/3-8/24)

都市の前提が揺らぐ現代社会の変化を背景に、ポストオリンピック・パラリンピック=2021年以後の東京の...

ソトノバ・スタジオ「タクティカル・アーバニズムクラス:Park(ing)Dayを実践!」(募集・-7/31)

ソトノバが、ソトノバやパブリックスペースに関する能動的な学習と交流の機会として開催する人材育成講座...

篠山建築学校2019(募集・-7/27)

近年、全国的に空き家問題が深刻な課題となっており、丹波篠山市も例外ではありません。空き家となった古...

「記憶の家族 アーカイブ・プロジェクト」(ウェブサイト)

コミュニティのあり方をさまざまな手法で記録・収集し、アーカイブを試みるアーティスト・コレクティブのA...

トークイベント・写真展「TOKYO ARCHITECTURE」(千代田区・8/2-4)

高度成長、国際競技大会、日本万国博覧会を経て2020年。私たちは何を更新してきたのでしょうか。その...

日仏対談シリーズ「ル・ラボ」vol.28「デザインと自己」(新宿区・8/30)

アンスティチュ・フランセ東京が2015年春より開始した対談シリーズ「ル・ラボ」は、日本とフランスの...

展覧会「ブルーインフラがつくる都市 -東京港湾倉庫論-」(港区・7/5-27)

Logistics Architecture(ロジスティクス・アーキテクチャ)研究会は、展覧会「ブ...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る