PHOTO ARCHIVES

103 アメリカ西海岸南部(ロサンジェルス、サンディエゴ、フェニックス)[1]

10日間の滞在期間中一度も雨は降らなかった。高い気温と強い日差しにもかかわらず、どれだけ水分を補給しても汗はでない。ロスの建築は、乾燥と日射というアドバンテージを享受する。水平ラインが強調された住宅は、広い敷地の中で道路に正対して配置される。日本のような南面信仰はなく、あまり陽のあたらない場所にリビングを配置している。雨の回りこみを気にしなくて良いせいだろう、木にラッカーを塗っただけで庇としているような建築も許されてしまう。設計者としてはある種のうらやましさを感じる。
ロスでもっとも印象に残ったのは「なにもない」《ノイトラ自邸》である。ただただ適切なスケールと視線の抜けによって心地良い居場所を形成する試み。これは写真では伝わらないもの。
今日では各サイトに住所を含む充分な情報が提供され、各施設ではガイド付ツアーが催されている。事前予約のうえ、ナビ付レンタカーで効率的に廻ることをお勧めする。

星裕之(STUDIOPOH)
www.poh.jp



[撮影者:星裕之+伊藤康裕]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:104 アメリカ西海岸南部(ロサンジェルス、サンディエゴ、フ
次の記事:102 マンハッタン:高層建築
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

建築レクチュアシリーズ217 平田晃久(大阪・4/5)

大阪を拠点に活動を行う2人の建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏が1組のゲスト建築家をお呼びして、年に7...

山岸剛×光嶋裕介「なぜ山岸は光嶋に対話を頼むのか? なぜ光嶋は山岸に撮影を頼むのか? 建築をめぐる写真とことば」『Tohoku Lost, Left, Found 山岸剛写真集』刊行記念(世田谷区・3/29)

東日本大震災から8年。3.11をきっかけに東北の大地を8年にわたり撮り続けた『Tohoku Los...

山岸剛写真集『Tohoku Lost, Left, Found』刊行記念トーク:山岸剛×植田実「『建築写真』とはなにか」(中央区・3/17)

『Tohoku Lost, Left, Found 山岸剛写真集』(LIXIL出版)の刊行を記念し...

公開討議「西欧的空間の彼岸とイスラーム空間」(港区・3/19)

横浜国立大学の都市空間研究会が主催する公開討議「西欧的空間の彼岸とイスラーム空間」が、3月19日に...

シンポジウム「建築の公共性──誰のためにつくるのか」(港区・3/28)

その建築をだれのためにつくるのか。 発注者のためです。そして同時にそれを使う人のためです。発注者が...

建築写真家・山岸剛作品展示「Tohoku Lost, Left, Found」(中央区・2/26-3/31)

写真家・山岸剛氏による『Tohoku Lost, Left, Found 山岸剛写真集』(LIXI...

鏡と天秤─ミクスト・マテリアル・インスタレーション─(中央区・3/12-5/11)

私たちは非日常(ハレ)と日常(ケ)の境界が曖昧な社会におり、個々が非日常(ハレ)と日常(ケ)のバラ...

- Green, Green and Tropical - 木質時代の東南アジア建築展(品川区・2/6-5/6)

建築倉庫ミュージアムでは、2月6日より「- Green, Green and Tropical -...

AA visiting school workshop at 竹中大工道具館(兵庫県ほか・3/13-24)

イギリスの建築の名門AAスクールが世界中の大学や企業と共に世界各地で行うワークショップ「A...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る