PHOTO ARCHIVES

08 プラハ

今回は、菅野裕子によるプラハの写真である。筆者も、ほとんど同じコースをまわり、同じ建築を撮影したが、ちょっとしたミスがあり、万全の写真とはいえないものになった。そこで菅野裕子の撮影した写真を使うことにした。もともとこのアーカイブは、五十嵐の基本コレクションに多くの方からの寄贈を加えていくという構想がある。すべてが五十嵐の写真であるべきというこだわりはない。 プラハの見所は、プラハのバロック建築、チェコ・キュビスムの作品群、プレチェニックの個性あふれるデザインなどである。なお、訪問時、ジャン・ヌーヴェルのプラハ・アンデルは未完成だったために、その写真はない。



[撮影者:五十嵐太郎(建築史、建築批評)]

→ 「公開の原則と著作権について」

 

pic  アントニーン・バルシャーネク、オスヴァルド・ポリーフカ《市民会館》

pic  ヤン・ヴェジュリフ《ホテル・パリ》

pic  アロイス・ドリヤーク、ベドジフ・ベンデルマイエル、ベドジフ・オーマン《セントラル・ホテル》

pic  ヤン・レツェル、クイド・ベルスキー、ベドジフ・ベンデルマイエル、B・ヘプシュマン《ホテル・エヴロパ》

pic  ヨーゼフ・シュルツ《国立博物館》

pic  キリアーン・イグナーツ・ディーンツェンホーファー、アンセルモ・ルラーゴ《ゴルツ・キンスキー宮殿》/キリアーン・イグナーツ・ディーンツェンホーファー《ティーン聖母教会》

pic  旧市庁舎

pic  キリアーン・イグナーツ・ディーンツェンホーファー《聖ニコラウス聖堂》

pic  The House at The Minute

pic  火薬庫

pic  フランチシェク・イグナーツ・プレー《聖ミカエル教会》

pic  フランク・O・ゲーリー《ナショナル・ネーデルランデン・ビル》

pic  キリアーン・イグナーツ・ディーンツェンホーファー《聖ボロミーオ教会》

pic  ヨーゼフ・ゴチャール《黒いマドンナの家》

pic  ヨーゼフ・ゴチャール《旧レジオ銀行》

pic  ヤン・コチェラ《ウルバーネック邸》

pic  ヨーゼフ・ホホール《コヴァジョヴィッチ邸》

pic  ヨーゼフ・ホホール《ネクラノヴァ通りの集合住宅》

pic  ヨーゼフ・ホホール《ヴィシェフラットの3世帯の家》

pic  オタカル・ノヴォトニー《教職員組合アパート》

pic  パヴェル・ヤナーク、ヨーゼフ・ザスチャ《アドリア宮殿》

pic  ホテル・ホフマイスター

pic  ジョヴァンニ・サンティーニ《トゥーン・ホーエンシュタイン宮殿》

pic  アウグスチン・ヴラフ《シュヴァルツェンベルク宮殿》

pic  プラハ城改築[1][2][3]

pic  ベネディクト・リート《ヴラジスラフ広間》

pic  ジョン・ヘイダック《自殺者の家、自殺者の母の家》

pic  フランチシェク・イグナーツ・プレー《聖ミカエル教会》

pic  キリアーン・イグナーツ・ディーンツェンホーファー、ジョバンニ・バティスタ・オルシ、クリストフ・ディーンツェンホーファー《ロレッタ教会》

pic  キリアーン・イグナーツ・ディーンツェンホーファー《アメリカ荘》

pic  ヨジェ・プレチェニク《聖心教会》

pic  キリアーン・イグナーツ・ディーンツェンホーファー《聖ネポムツキー教会》

pic  聖ヨゼフ教会

pic  キリアーン・イグナーツ・ディーンツェンホーファー《聖トマーシュ教会》

pic  クリストフ・ディーンツェンホーファー《ピーセク門》

pic  イグナーツ・パッラーディ《ストラホフ修道院図書館》

pic  オスワルト・ポリーフカ《ウ・ノヴァークーの館》

pic  フィッシャー・フォン・エルラッハ《クラム・ガラス宮殿》

pic  キリアーン・イグナーツ・ディーンツェンホーファー《聖バーソロミュー教会》

pic  キリアーン・イグナーツ・ディーンツェンホーファー《聖ニコラウス聖堂》

pic  ファウストの家

pic  キリアーン・イグナーツ・ディーンツェンホーファー《岩場の聖ネポムツキー教会》

pic  マルコ・アントニオ・カナヴァーレ《聖ウルスラ教会》

pic  ヨーゼフ・ズィーテック、ヨーゼフ・シュルツ《国民劇場》

pic  カレル・プラガー、S・リベンスキー《国民劇場》

pic  キリアーン・イグナーツ・ディーンツェンホーファー《シルバ=タルーサ宮殿》

pic  G・サンティーニ《聖ガルス教会》

pic  ブレフノフの聖マーガレット教会

pic  

pic  ヴェラ・マコーニン、ウラジミール・マコーニン《コトヴァ・デパート》

pic  地下鉄

pic  カレル4世《カレル橋》

pic  テレジン強制収容所


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:09 香港
次の記事:07 東北+北関東
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

第24回 R&R 建築再生展2019 学生 建築ストック再生コンテスト(応募・〆4/25)

近年、日本では建築ストックの活用が叫ばれ、建築再生の時代へと移行しつつあります。学生の卒業設計でも...

建築学生ワークショップ出雲2019開催説明会、講演会(東京・5/9、京都・5/16)

2019年夏、古代より現代に受け継がれてきた、わが国を代表する神聖な場所、出雲大社周辺区域にて、小...

杉戸洋「cut and restrain」(港区・3/16-4/13)

杉戸洋による展覧会が「cut and restrain」4月16日まで小山登美夫ギャラリーで開催し...

建築レクチュアシリーズ217 平田晃久(大阪・4/5)

大阪を拠点に活動を行う2人の建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏が1組のゲスト建築家をお呼びして、年に7...

山岸剛×光嶋裕介「なぜ山岸は光嶋に対話を頼むのか? なぜ光嶋は山岸に撮影を頼むのか? 建築をめぐる写真とことば」『Tohoku Lost, Left, Found 山岸剛写真集』刊行記念(世田谷区・3/29)

東日本大震災から8年。3.11をきっかけに東北の大地を8年にわたり撮り続けた『Tohoku Los...

山岸剛写真集『Tohoku Lost, Left, Found』刊行記念トーク:山岸剛×植田実「『建築写真』とはなにか」(中央区・3/17)

『Tohoku Lost, Left, Found 山岸剛写真集』(LIXIL出版)の刊行を記念し...

公開討議「西欧的空間の彼岸とイスラーム空間」(港区・3/19)

横浜国立大学の都市空間研究会が主催する公開討議「西欧的空間の彼岸とイスラーム空間」が、3月19日に...

シンポジウム「建築の公共性──誰のためにつくるのか」(港区・3/28)

その建築をだれのためにつくるのか。 発注者のためです。そして同時にそれを使う人のためです。発注者が...

建築写真家・山岸剛作品展示「Tohoku Lost, Left, Found」(中央区・2/26-3/31)

写真家・山岸剛氏による『Tohoku Lost, Left, Found 山岸剛写真集』(LIXI...

鏡と天秤─ミクスト・マテリアル・インスタレーション─(中央区・3/12-5/11)

私たちは非日常(ハレ)と日常(ケ)の境界が曖昧な社会におり、個々が非日常(ハレ)と日常(ケ)のバラ...

- Green, Green and Tropical - 木質時代の東南アジア建築展(品川区・2/6-5/6)

建築倉庫ミュージアムでは、2月6日より「- Green, Green and Tropical -...

AA visiting school workshop at 竹中大工道具館(兵庫県ほか・3/13-24)

イギリスの建築の名門AAスクールが世界中の大学や企業と共に世界各地で行うワークショップ「A...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る