PHOTO ARCHIVES

08 プラハ

今回は、菅野裕子によるプラハの写真である。筆者も、ほとんど同じコースをまわり、同じ建築を撮影したが、ちょっとしたミスがあり、万全の写真とはいえないものになった。そこで菅野裕子の撮影した写真を使うことにした。もともとこのアーカイブは、五十嵐の基本コレクションに多くの方からの寄贈を加えていくという構想がある。すべてが五十嵐の写真であるべきというこだわりはない。 プラハの見所は、プラハのバロック建築、チェコ・キュビスムの作品群、プレチェニックの個性あふれるデザインなどである。なお、訪問時、ジャン・ヌーヴェルのプラハ・アンデルは未完成だったために、その写真はない。



[撮影者:五十嵐太郎(建築史、建築批評)]

→ 「公開の原則と著作権について」

 

pic  アントニーン・バルシャーネク、オスヴァルド・ポリーフカ《市民会館》

pic  ヤン・ヴェジュリフ《ホテル・パリ》

pic  アロイス・ドリヤーク、ベドジフ・ベンデルマイエル、ベドジフ・オーマン《セントラル・ホテル》

pic  ヤン・レツェル、クイド・ベルスキー、ベドジフ・ベンデルマイエル、B・ヘプシュマン《ホテル・エヴロパ》

pic  ヨーゼフ・シュルツ《国立博物館》

pic  キリアーン・イグナーツ・ディーンツェンホーファー、アンセルモ・ルラーゴ《ゴルツ・キンスキー宮殿》/キリアーン・イグナーツ・ディーンツェンホーファー《ティーン聖母教会》

pic  旧市庁舎

pic  キリアーン・イグナーツ・ディーンツェンホーファー《聖ニコラウス聖堂》

pic  The House at The Minute

pic  火薬庫

pic  フランチシェク・イグナーツ・プレー《聖ミカエル教会》

pic  フランク・O・ゲーリー《ナショナル・ネーデルランデン・ビル》

pic  キリアーン・イグナーツ・ディーンツェンホーファー《聖ボロミーオ教会》

pic  ヨーゼフ・ゴチャール《黒いマドンナの家》

pic  ヨーゼフ・ゴチャール《旧レジオ銀行》

pic  ヤン・コチェラ《ウルバーネック邸》

pic  ヨーゼフ・ホホール《コヴァジョヴィッチ邸》

pic  ヨーゼフ・ホホール《ネクラノヴァ通りの集合住宅》

pic  ヨーゼフ・ホホール《ヴィシェフラットの3世帯の家》

pic  オタカル・ノヴォトニー《教職員組合アパート》

pic  パヴェル・ヤナーク、ヨーゼフ・ザスチャ《アドリア宮殿》

pic  ホテル・ホフマイスター

pic  ジョヴァンニ・サンティーニ《トゥーン・ホーエンシュタイン宮殿》

pic  アウグスチン・ヴラフ《シュヴァルツェンベルク宮殿》

pic  プラハ城改築[1][2][3]

pic  ベネディクト・リート《ヴラジスラフ広間》

pic  ジョン・ヘイダック《自殺者の家、自殺者の母の家》

pic  フランチシェク・イグナーツ・プレー《聖ミカエル教会》

pic  キリアーン・イグナーツ・ディーンツェンホーファー、ジョバンニ・バティスタ・オルシ、クリストフ・ディーンツェンホーファー《ロレッタ教会》

pic  キリアーン・イグナーツ・ディーンツェンホーファー《アメリカ荘》

pic  ヨジェ・プレチェニク《聖心教会》

pic  キリアーン・イグナーツ・ディーンツェンホーファー《聖ネポムツキー教会》

pic  聖ヨゼフ教会

pic  キリアーン・イグナーツ・ディーンツェンホーファー《聖トマーシュ教会》

pic  クリストフ・ディーンツェンホーファー《ピーセク門》

pic  イグナーツ・パッラーディ《ストラホフ修道院図書館》

pic  オスワルト・ポリーフカ《ウ・ノヴァークーの館》

pic  フィッシャー・フォン・エルラッハ《クラム・ガラス宮殿》

pic  キリアーン・イグナーツ・ディーンツェンホーファー《聖バーソロミュー教会》

pic  キリアーン・イグナーツ・ディーンツェンホーファー《聖ニコラウス聖堂》

pic  ファウストの家

pic  キリアーン・イグナーツ・ディーンツェンホーファー《岩場の聖ネポムツキー教会》

pic  マルコ・アントニオ・カナヴァーレ《聖ウルスラ教会》

pic  ヨーゼフ・ズィーテック、ヨーゼフ・シュルツ《国民劇場》

pic  カレル・プラガー、S・リベンスキー《国民劇場》

pic  キリアーン・イグナーツ・ディーンツェンホーファー《シルバ=タルーサ宮殿》

pic  G・サンティーニ《聖ガルス教会》

pic  ブレフノフの聖マーガレット教会

pic  

pic  ヴェラ・マコーニン、ウラジミール・マコーニン《コトヴァ・デパート》

pic  地下鉄

pic  カレル4世《カレル橋》

pic  テレジン強制収容所


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:09 香港
次の記事:07 東北+北関東
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

中村好文『芸術家(アーティスト)のすまいぶり』刊行記念「アーティストの住まいぶりと暮らしぶりから学んだこと」トークイベント(渋谷区・12/3)

アーティストにとって、住まいは「生き方の姿勢が、かたちになって見えるもの」(本文より)── ホンカ...

シンポジウム「建築家・根津耕一郎の仕事」(兵庫・11/16)

1960年代から70年代を中心に、関西を拠点として数多くの建築物を設計した建築家・根津耕一郎氏のシ...

トークイベント『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』刊行記念 藤森照信×田村尚子(中央区・11/21)

『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』の刊行を記念して、建築家であり建築史...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...

「磯崎新─水戸芸術館縁起─」(茨城・11/16-1/26)

建築家・磯崎新による美術館設計を振り返るシリーズの一環として、当館では水戸芸術館の設計コンセプトや...

展覧会「Steven Holl: Making Architecture」(品川区・11/8-1/8)

アメリカを代表する建築家、スティーブン・ホールは72歳になった現在も、ニューヨークと北京にオフィス...

シンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか」(兵庫・11/23)

2019年11月23日(土・祝)にシンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか...

戦後空間シンポジウム 04「バブル・震災・オウム教─1990年代、戦後空間の廃墟から─」(港区・11/22)

主旨: 「戦後空間シンポジウム」第 4回目のシンポジウムは戦後空間の変質に目を向け、80年代後半か...

第5回「吉阪隆正賞」授賞式/記念シンポジウム(千代田区・11/18)

第5回「吉阪隆正賞」を受賞した西沢立衛氏による記念シンポジウムが、11月18日にアテネ・フランセ文...

[磯崎新の謎]展(大分・9/23-11-24)

大分市が誇る建築家・磯崎新(1931~)は建築の枠を超え、思想、美術、デザインなど多岐に渡る分野で...

展覧会「日本建築の自画像 探求者たちの もの語り」(香川県・9/21-12/15)

われわれがよく聞く『日本建築』とは、何なのか? そもそも、何が『日本的』なのか? 本展では『日本建...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る