PHOTO ARCHIVES

03 パリ[2]



[撮影者:五十嵐太郎(建築史、建築批評)]

→ 「公開の原則と著作権について」

 

pic  ジャン・デュビュスほか イムーブル・ヴィラ

pic  リチャード・マイヤー キャナル・プリュス・テレビ

pic  ミシェル・カガン 芸術都市

pic  フレデリック・ボレル オーベルカンプ通りの郵便局と局員官舎

pic  マッシミリアーノ・フクサス カンディ通りの複合施設

pic  フランク・ゲーリー 旧アメリカン・センター

pic  ドミニク・ペロー ベルリエール工業館

pic  ドミニク・ペロー フランス国立図書館

pic  フランシス・ソレール エミール・デュルケム通りのアパート

pic  レンゾ・ピアノ+リチャード・ロジャース ポンピドゥー・センター

pic  ジャン・ヌーヴェルほか アラブ世界研究所

pic  ジャン・ヌーヴェル カルティエ財団ビル

pic  イヴ・リオン ヨーロッパ写真美術館

pic  アニエス・ボシュほか 自然庭園

pic  クレール・ロビンソンほか アマンディエZAC再開発

pic  クロード・パランほか 旧イラン学生会館

pic  ル・コルビュジエほか スイス学生会館

pic  ル・コルビュジエ ブラジル学生会館

pic  アンリ+ブリュノ・ゴーダン セバスティアン・シャルレティ・スタジアム

pic  ピエール・パトゥー ヴィクトール通りのアパート

pic  マリオ・ヘイマンほか サン・タンブロワーズ通りのアパート

pic  ミシェル・マカリーほか フランススタジアム

pic  パトリック・シャヴァンヌ レオン・モーリス・ノルマン通りのアパート

pic  アレクサンドル・ギュラミーラ アクア・ブールバール

pic  ドミニク・リヨンほか 旧ル・モンド紙本社

pic  ジョルジュ=アンリ・パンギュソン 収容所犠牲者追悼メモリアル

pic  モンソー公園のピクチャレスク風景

pic  パリ13区の中華街

pic  アルベール・ラプラードほか アフリカ・オセアニア博物館

pic  オーギュスト・ペレ ノートルダム教会

pic  オーギュスト・ペレ+ アンリ・ヴァンド・ヴェルド シャンゼリゼ劇場

pic  ジュール・ソルニエ チョコレート工場

pic  クリスチャン・ド・ポルザンパルク 水の城/給水塔

pic  レンゾ・ピアノ IRCAM(現代音楽・音響研究所)増築

pic  ポール・シュメトフ 大蔵省

pic  カルロス・オット バスティーユの新オペラ座

pic  パトリック・ベルジェほか アンドレ・シトロエン公園

pic  シャルル・ジロー プチ・パレ

pic  リカルド・ボフィール カタローニュ広場のアパート

pic  リカルド・ボフィール アブラクサス

pic  マリノ・ニュネズ・ヤノブスキー ピカソ・アリーナ

pic  アームストロング・アーキテクツ パリ日本文化会館

pic  丹下健三 グラン・エクラン(大屏風)

pic  レンゾ・ピアノ ベルシーの商業センター

pic  リヨン駅

pic  ルイ・ボニエ カイユ丘の水泳施設

pic  ピエール・パラほか ベルシーの多目的総合体育館

pic  フィリップ・シェクスほか ポマール通りのアパート

pic  グラン・パレ

pic  オリンピック団地

pic  ベルナルド・ウェット ベルシー公園

pic  Canal メディアテク・ジャン=ピエール・メルヴィル

pic  ダニエル・ビュラン パレ・ロワイヤルの広場

pic  ジャン・ニコラウス・セルヴァンドーニ サン・シュルピス聖堂

pic  ルメルシエ ソルボンヌ教会

pic  クリスチャン・ド・ポルザンパルク 13区の集合住宅


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:04 オランダ[1]
次の記事:02 パリ[1]
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

SPACE DESIGN TOOL BOX VOL.1 「空間デザインの道具箱」(渋谷区・11/21)

「空間デザイン」をもっと面白くするための道具や知恵を集めて、共有したい! 働く空間は、オフィスだけ...

保存再生学特別研究会「20世紀建築遺産の積極的保存活用に向けて」(千代田区・11/9)

都市内には、日々使い続けられている20世紀建築が多数存在するが、それらの保存活用における課題、それ...

上妻世海『制作へ』刊行記念トークイベント 上妻世海×門脇耕三×木内俊克(千代田区・11/30)

『制作へ』の表題論考「制作へ」は一種の身体論であり、身体拡張論である。制作を通じて身体を〈作品〉...

分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回「分離派登場の背景に見る建築教育と建築構造」(文京区・11/3)

分離派建築会(1920年 東京帝国大学卒業・結成)を、日本の近代建築におけるモダンデザインの鼻祖と...

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る