シン・ケンチク

青木淳(建築家)

3 手続的幾何学性、または配置計画

こうした微妙な調整作業を拾っていくと、キリがない。まだ、建具や家具について、触れられていない。あるいは、おそらくここでも重要なことだったに違いない「小さな風景」についても、触れられていない。では、書き尽くせないにもかかわらず、延々となぜこんなことばかり書き連ねてきたのか、と言えば、こういう果てしない作業こそが、まさにここでの「建築」だからだ。

海岸から坂を登り、唐丹の集落を歩いてこの学校に辿りつくその印象に、まるで違和感が感じられない。さらに校庭を突っ切り、跳躍する階段を上って、校舎を迂回し、野草の生えた坂道を辿って岡の上に出る。見返すと校舎の上階だけが頭を出しているから、面する建物は横に伸びた平屋に見える。そのずっと向こうに湾が見渡せる。学校を通り過ぎても、ずっと違和感がない。
集落の家々とは学校ではスケールが違う。新築である。使われている素材も違う。色を、集落から採取した、と聞いた。それは関係ない、とは言わない。にしても、ここには、なぜここまでの集落からの連続感があるのか。

fig.10──東側からの遠景[撮影=山岸剛]

こうした感覚が生まれる理由は、まずはこの建築が「造形的」につくられていないことにある。
モニュメントとしても、シンボルとしても、つくられていない。特徴的な形態も、新しい空間の発明も、構造的アクロバットもない。これ見よがしのところがまったくない。ありきたりの手だけでつくられている。
全体を覆うグリッド体系だけがある。その意味で、この建築は純粋だ。しかしまた、その純粋性を表現しようとする兆しもない。グリッドだけがある。その抽象性を表すデザインというものがありえるのに、それも目指されていない。
目にされるのは凡庸な形と、標準的な素材ばかり。ふつうそう捉えられているところの「建築的」デザインの手すべてが、封印されている。

しかし、これは投げやりにつくられた建築でもなければ、普通であることを目指した建築でもない。それとはまったく逆の、徹底的にスタディされた建築である。

この建築は、きわめて強力な幾何学からできている。静的な幾何学ではない。設計が進むにつれ、全体が揺れ動き、複雑化しつつまた単純化しつつ進行する、終わることのない手続的な幾何学だ。この建築は、それだけでできている。
その強度がもっとも表われるのが配置計画だ。それは、動きながらも、揺るがしがたい精度にまで達する。そして、それを鍛えあげる論理が、建築内部まで侵入し、細部に至るまで、つまり全体を一気通貫に串ざす。
いや、そういう順番ではないだろう。すべてのことが同時に、同じ論理構造──配置計画に代表される──で整えられたことが想像される。
「配置計画」だけでできている、というこの建築の発明。


201908

特集 乾久美子『Inui Architects』刊行記念特集


建築のそれからにまつわるArchitects
シン・ケンチク
なぜそこにプーさんがいるのか──『Inui Architects──乾久美子建築設計事務所の仕事』書評
このエントリーをはてなブックマークに追加
INDEX|総目次 NAME INDEX|人物索引

PROJECT

  • パブリック・トイレのゆくえ
  • TOKYOインテリアツアー
  • 建築系ラジオ r4
  • Shelter Studies
  • 再訪『日本の民家』 瀝青会
  • TRAVEL-BOOK: GREECE
  • 4 DUTCH CITIES
  • [pics]──語りかける素材
  • 東京グラウンド
  • 地下設計製図資料集成
  • リノベーションフォーラム
『10+1』DATABASE

INFORMATIONRSS

中村好文『芸術家(アーティスト)のすまいぶり』刊行記念「アーティストの住まいぶりと暮らしぶりから学んだこと」トークイベント(渋谷区・12/3)

アーティストにとって、住まいは「生き方の姿勢が、かたちになって見えるもの」(本文より)── ホンカ...

シンポジウム「建築家・根津耕一郎の仕事」(兵庫・11/16)

1960年代から70年代を中心に、関西を拠点として数多くの建築物を設計した建築家・根津耕一郎氏のシ...

トークイベント『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』刊行記念 藤森照信×田村尚子(中央区・11/21)

『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』の刊行を記念して、建築家であり建築史...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...

「磯崎新─水戸芸術館縁起─」(茨城・11/16-1/26)

建築家・磯崎新による美術館設計を振り返るシリーズの一環として、当館では水戸芸術館の設計コンセプトや...

展覧会「Steven Holl: Making Architecture」(品川区・11/8-1/8)

アメリカを代表する建築家、スティーブン・ホールは72歳になった現在も、ニューヨークと北京にオフィス...

シンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか」(兵庫・11/23)

2019年11月23日(土・祝)にシンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか...

戦後空間シンポジウム 04「バブル・震災・オウム教─1990年代、戦後空間の廃墟から─」(港区・11/22)

主旨: 「戦後空間シンポジウム」第 4回目のシンポジウムは戦後空間の変質に目を向け、80年代後半か...

第5回「吉阪隆正賞」授賞式/記念シンポジウム(千代田区・11/18)

第5回「吉阪隆正賞」を受賞した西沢立衛氏による記念シンポジウムが、11月18日にアテネ・フランセ文...

[磯崎新の謎]展(大分・9/23-11-24)

大分市が誇る建築家・磯崎新(1931~)は建築の枠を超え、思想、美術、デザインなど多岐に渡る分野で...

展覧会「日本建築の自画像 探求者たちの もの語り」(香川県・9/21-12/15)

われわれがよく聞く『日本建築』とは、何なのか? そもそも、何が『日本的』なのか? 本展では『日本建...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る