建築のそれからにまつわるArchitects

乾久美子(建築家)+中山英之(建築家)

「小さな風景からの学び」から建築をつくる

司会──LIXIL出版の長島と申します。今日は乾久美子さんの『Inui Architects──乾久美子建築設計事務所の仕事』(LIXIL出版)と、中山英之さんの『建築のそれからにまつわる5本の映画 , and then: 5 films of 5 architectures』(TOTO出版)、このTOTOとLIXILの2社による新刊の合同刊行記念イベントとして、乾さんと中山さんにお話しいただきます。

この2冊は、おのおの優れたデザイナーによって個性的なブックデザインがされているわけですが、同時にお二人の建築のあり方をよく反映しているようにも思えます。乾さんの作品集は、テキストと写真、図面のページをはっきり分けた明快な構成と、強い全体性を持っている。一方、中山さんの作品集は断片的なつくり方で、5本ぶんの映画のパンフレットをラフに束ねたようなかたちです。今日はこの2冊を起点にしつつ、お二人の建築観の深いところにまで話が進むことを期待しています。ではまず乾さんから、簡単に『Inui Architects』のご説明をお願いします。

『Inui Architects
──乾久美子建築設計事務所の仕事』

『小さな風景からの学び
──さまざまなサービスの表情』

──今日はお集まりいただきありがとうございます。まず『Inui Architects』の前に、それまでつくらせていただいた別の本の話をします。2014年に『小さな風景からの学び──さまざまなサービスの表情』(乾久美子+東京藝術大学乾久美子研究室編著)という本が、こちらはTOTO出版から刊行されました。建築家がつくったのではないけれども、誰しもが素敵だと思う建築や場所を「小さな風景」と呼び、それを全国各地で見つけては撮影した膨大な写真群を分類してまとめたものです。同時にTOTOギャラリー・間で展覧会「小さな風景からの学び」(2014年4月18日~6月21日)を行い、18,000枚あまりの写真を展示しました。この一連の活動は、自分にとってどういう建築をつくりたいのかを考える機会となり、たいへんに意味のあるものとなりました。

「小さな風景」の多くは、そこに住む人たちが日常のものを上手く利用して、楽しく場所を使っている事例です。このように偶然によって生まれた素晴らしい風景がある一方で、建築家はどうしても計画者の立場でしかものをつくることができない。とくに公共建築を設計する際には、計画者がどれだけいろいろなワークショップを開いても、ユーザーと100パーセント同調しながらつくることはなかなかできません。どうすれば「小さな風景」のような建築をつくることができるのか。《唐丹小学校/唐丹中学校/唐丹児童館》(2018)や《延岡駅周辺整備プロジェクト》(2018)、《七ヶ浜中学校》(2015)は、そのように悩みながら進めたプロジェクトです。今回の『Inui Architects』は作品集ですが、同時にこの「小さな風景」をどうやって建築設計に生かしていったのかを説明した本です。

『Herzog & De Meuron
1992-1996: The Complete Works』

『TYPOLOGIES』

菊地敦己さんにデザインしていただいた本は明快な形式を持っています。淡々と情報を網羅しつつ、見開きの2ページで一つひとつの情報が完結するように、なるべく正対称のレイアウトでつくられていることが特徴です。こうした完結性は、そこから何かを見出してもらう、つまり読者に受け取り方を委ねるようなつくり方でもあります。じつはこの形式は、雑誌『JA』87号(2012年10月)で私の建築作品を特集していただいたときに採用したもので、ヘルツォーク&ド・ムーロンの作品集『Herzog & De Meuron 1992-1996: The Complete Works』(2001)や、ベッヒャー夫妻の写真集『TYPOLOGIES』(2004)などに参照元があります。今回作品集をつくるにあたっていろいろな作品集の形式を調べましたが、作品集としての物語性をつくったりすることがどうしてもできないと思い、淡々と情報を載せるこの形式に落ち着きました。結果として、以前から感心していた作品集の形式を踏襲することになったわけです。


201908

特集 乾久美子『Inui Architects』刊行記念特集


建築のそれからにまつわるArchitects
シン・ケンチク
なぜそこにプーさんがいるのか──『Inui Architects──乾久美子建築設計事務所の仕事』書評
このエントリーをはてなブックマークに追加
INDEX|総目次 NAME INDEX|人物索引

PROJECT

  • パブリック・トイレのゆくえ
  • TOKYOインテリアツアー
  • 建築系ラジオ r4
  • Shelter Studies
  • 再訪『日本の民家』 瀝青会
  • TRAVEL-BOOK: GREECE
  • 4 DUTCH CITIES
  • [pics]──語りかける素材
  • 東京グラウンド
  • 地下設計製図資料集成
  • リノベーションフォーラム
『10+1』DATABASE

INFORMATIONRSS

早稲田大学・吉村靖孝研究室
《CROSS WAVE HUT》展示
(新宿区・11/2-11/3)

吉村靖孝研究室では、「半動産建築研究」と称し、モバイルハウスやコンテナ建築など土地への定着の度合い...

ARCH-ABLE PUBLIC OFFERING(中央区・11/11)

建築家の生み出したデザインのデジタルデータをアーカイブし、CCライセンスのもとに公開しようとするサ...

シンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか」(兵庫・11/23)

2019年11月23日(土・祝)にシンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか...

「街はだれのもの?」上映会&トーク(豊島区・10/25-27)

ブラジル都市部にあふれるグラフィティ。それは多様なルーツ、カルチャーが混沌とするブラジルの街から生...

戦後空間シンポジウム 04「バブル・震災・オウム教─1990年代、戦後空間の廃墟から─」(港区・11/22)

主旨: 「戦後空間シンポジウム」第 4回目のシンポジウムは戦後空間の変質に目を向け、80年代後半か...

JIAデザイントーク2019 第1回「共に考え、共につくるデザイン」原田祐馬(大阪・10/23)

日本建築家協会による「JIAデザイントーク」の第1回が、10月23日に大阪市で開催されます。「共に...

講演会「『バウハウス』美学によるプロパガンダ──戦前における日本のグラフィックデザイン」(港区・10/25)

10月25日まで東京ドイツ文化センターで開催中の「バウハウス オープン・エンド」展の関連企画として...

アントニー・ボダン「え」展(新宿区・10/10-11/3)

フランス・ナントを拠点に活動する造形美術家アントニー・ボダンの展覧会が10月10日よりアンスティチュ...

シンポジウム「建築がいる美術と写真 ー築土構木ー」(京都・10/20)

ミサワホームのAプロジェクトが主催するシンポジウムが10月20日に京都市下京区の徳正寺で行われます...

第5回「吉阪隆正賞」授賞式/記念シンポジウム(千代田区・11/18)

第5回「吉阪隆正賞」を受賞した西沢立衛氏による記念シンポジウムが、11月18日にアテネ・フランセ文...

[磯崎新の謎]展(大分・9/23-11-24)

大分市が誇る建築家・磯崎新(1931~)は建築の枠を超え、思想、美術、デザインなど多岐に渡る分野で...

「磯崎新 觀海庵 縁起」(群馬・9/13-10/23)

黒い色調で統一されたシャープなフォルムが特徴的なハラ ミュージアム アーク(1988年設立・200...

展覧会「日本建築の自画像 探求者たちの もの語り」(香川県・9/21-12/15)

われわれがよく聞く『日本建築』とは、何なのか? そもそも、何が『日本的』なのか? 本展では『日本建...

「New Nature/ 御手洗龍展──新しい幾何学でつくられる小さな生態系としての建築」(港区・9/7-10/26)

東京都港区のプリズミックギャラリーで、建築家の御手洗龍による展覧会「New Nature / 御手洗...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」第4回 大西麻貴/第5回 猪熊純(港区・8/25,10/26)

illustration: Mariko FUKUOKA 建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんな...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る