書籍刊行のおしらせ
『構造・構築・建築──佐々木睦朗の構造ヴィジョン』

本ウェブサイトでの連載「構造・構築・建築──佐々木睦朗 連続討議」(全7回)が書籍になりました。


《せんだいメディアテーク》《座・高円寺》(以上、伊東豊雄)《金沢21世紀美術館》(SANAA/妹島和世+西沢立衛)《札幌ドーム》(原広司)《東京ウェルズテクニカルセンター》(山本理顕)など、構造家として数々の現代建築の話題作に取り組んだ佐々木睦朗の作品と構造理論およびその軌跡を集成。磯崎新、伊東豊雄、黒川雅之、齋藤裕、陣内秀信、妹島和世+西沢立衛、富永譲、川口衞らによる「佐々木睦朗の構造世界をめぐるレクチャー」の詳細な記録と多数の図版によって、佐々木睦朗の構造ヴィジョンとその理論、その応用としての作品を解説・解読します。巻頭に建築家難波和彦による書き下ろし「偶然を必然に変える意志──佐々木睦朗試論」を収録。


『構造・構築・建築──佐々木睦朗の構造ヴィジョン』


偶然を必然に変える意志│佐々木睦朗試論 難波和彦


I──構造デザインの射程│構造・構築・建築


第1回 法政大学の建築デザイン教育をめぐって
富永譲+陣内秀信+佐々木睦朗+[司会]難波和彦


第2回 木村スクールから佐々木スクールへ
池田昌弘+小西泰孝+満田衛資+佐々木睦朗+[司会]難波和彦


第3回 佐々木睦朗構造計画研究所の初期の協働
黒川雅之+齋藤裕+佐々木睦朗+[司会]難波和彦


第4回 フラックス・ストラクチャーの誕生と展開
磯崎新+佐々木睦朗+[司会]難波和彦


第5回 せんだいメディアテークをめぐって
伊東豊雄+佐々木睦朗+[司会]難波和彦


第6回 ライト・ストラクチャーの可能性
妹島和世+西沢立衞+佐々木睦朗+[司会]難波和彦


第7回 法政大学の構造デザイン教育をめぐって
川口衞+浜田英明+佐々木睦朗+[司会]難波和彦


第8回 最終講義・構造デザインの射程
佐々木睦朗


建築と構造デザイン 佐々木睦朗


II──佐々木睦朗構造計画研究所アーカイヴス

せんだいメディアテーク/ 飯田市小笠原資料館/大田区休養村とうぶ/山口情報芸術センター/金沢21世紀美術館/まつもと市民芸術館/北方町生涯学習センター きらり/ツォルフェライン・スクール/ニューミュージアム/カタール国立コンベンションセンター/瞑想の森 市営斎場/豊島美術館/ロレックス・ラーニングセンター/マスタバ/Junko Fukutake Hall(岡山大学J-Hall)/なかまちテラス 小平市立仲町公民館・仲町図書館/物質試行55 BRIDGE/山梨学院大学 国際リベラルアーツ学部棟/宮戸島月浜のみんなの家



著者:佐々木睦朗、難波和彦、ほか
ブックデザイン:鈴木一誌
本体価格:2,400円(税抜き)
A5判/308ページ
発行:LIXIL出版
2017年3月発行
ISBN 978-4-86480-028-0

http://www1.lixil.co.jp/publish/book/detail/d_86480028.html


201703

連載 構造・構築・建築──佐々木睦朗 連続討議

書籍刊行のおしらせ
『構造・構築・建築──佐々木睦朗の構造ヴィジョン』
このエントリーをはてなブックマークに追加
INDEX|総目次 NAME INDEX|人物索引

PROJECT

  • パブリック・トイレのゆくえ
  • TOKYOインテリアツアー
  • 建築系ラジオ r4
  • Shelter Studies
  • 再訪『日本の民家』 瀝青会
  • TRAVEL-BOOK: GREECE
  • 4 DUTCH CITIES
  • [pics]──語りかける素材
  • 東京グラウンド
  • 地下設計製図資料集成
  • リノベーションフォーラム
『10+1』DATABASE

INFORMATIONRSS

戦後空間シンポジウム03「市民・まちづくり・広場──1960-70年代の革新自治体と都市・建築のレガシー」(港区・6/29)

1960〜70年代にかけて、東京都や横浜市など革新系首長が率いる自治体が全国に登場した。これらは高...

刊行記念イベント「建築のそれからにまつわるArchitects」乾久美子×中山英之(渋谷区・6/3)

乾久美子さん、中山英之さんの建築作品集が、それぞれLIXIL出版とTOTO出版から刊行されます。同じ...

「新しい時代のはじまり」展(神奈川県・4/20-5/6)

「旧神奈川県立近代美術館 鎌倉」が「鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム」として生まれ変わります。 鶴岡八...

「ある編集者のユートピア──小野二郎:ウィリアム・モリス、晶文社、高山建築学校」(世田谷区・4/27-6/23)

編集者にしてウィリアム・モリス研究家の小野二郎(1929-1982)が生涯を通して追い求めたテーマ...

連続講義「建築とアーカイブズを巡る論点」(武蔵野市・5/11-)

近年、開催される大規模な建築展も多く、建築や建築に関する資料への関心が高まっているように感じられま...

シンポジウム「日本の近代建築を支えた構造家たち」(新宿区・5/18)

我が国の近現代建築の発展を技術的側面から支えた構造設計手法や施工法などに関する構造資料は、これまで...

「ル・コルビュジエ 絵と家具と」(渋谷区・3/29-5/18)

20世紀に最も影響を与えた建築家、ル・コルビュジエ。建築と都市計画においてのパイオニアであり紛れな...

「わたしはどこにいる? 道標(サイン)をめぐるアートとデザイン」(富山県・3/9-5/19)

「サイン」とは、人を目的地に導く目印のこと。普段意識することは少なくても、駅や空港、商業施設、美術...

「宮本隆司 いまだ見えざるところ」(目黒区・5/14-7/15)

東京都写真美術館では、現在も国内外の美術展などで発表を続ける宮本隆司の個展を開催します。宮本隆司は...

豊田市美術館リニューアル記念イベント「谷口吉生──美術館を語る」(6/15・愛知県)

豊田市美術館のリニューアルを記念して、同美術館を設計した谷口吉生のトークイベントが開催されます。 ...

日本橋高島屋と村野藤吾(中央区・3/5-5/26)

高島屋史料館TOKYOは、1970年に創設した高島屋史料館(大阪)の分館として、重要文化財である日...

NPO建築とアートの道場 2019春レクチャーシリーズ「これからの建築を考える──表現者と建築家による対話実験」(文京区・4/27-)

これからの建築を考えてみたいと思います 確固たるビジョンがあるわけではありません ただ葛藤や矛盾は...

シンポジウム「感性×知性=建築の新たなる可能性を求めて」 (港区・5/7)

21世紀も2020年代が近づき、AI、生命科学、宇宙といった新たなイノベーションが進行し人類のサス...

建築学生ワークショップ出雲2019開催説明会、講演会(東京・5/9、京都・5/16)

2019年夏、古代より現代に受け継がれてきた、わが国を代表する神聖な場所、出雲大社周辺区域にて、小...

杉戸洋「cut and restrain」(港区・3/16-4/13)

杉戸洋による展覧会が「cut and restrain」4月16日まで小山登美夫ギャラリーで開催し...

鏡と天秤─ミクスト・マテリアル・インスタレーション─(中央区・3/12-5/11)

私たちは非日常(ハレ)と日常(ケ)の境界が曖昧な社会におり、個々が非日常(ハレ)と日常(ケ)のバラ...

- Green, Green and Tropical - 木質時代の東南アジア建築展(品川区・2/6-5/6)

建築倉庫ミュージアムでは、2月6日より「- Green, Green and Tropical -...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る