まなざしの現在性──都市・メディア技術・身体

吉見俊哉(東京大学大学院情報学環教授)+南後由和(明治大学情報コミュニケーション学部専任講師)

帝国からポスト帝国へ、社会的身体
──『都市のドラマトゥルギー』以降

吉見──南後さんが指摘してくれたように、『都市のドラマトゥルギー』のなかでやり切れなかった問題があり、それらにその後、取り組んできました。戦前の浅草・銀座、戦後の新宿・渋谷という比較があり、また、浅草から銀座へ、新宿から渋谷へという2つの変化が似ているということを書いていますが、戦前/戦後が近代日本の東京の歴史でどうつながっているかはあまり論じていませんでした。その後の作業では、戦前から戦後への連続性を帝国からポスト帝国への連続性として考えようとしてきました。戦前の東京は帝都であり、軍都であり、そしてアジアで最も近代的な大都市だった。この中心性が戦後、より大きなアメリカのヘゲモニーのなかに組み込まれていきます。それは、帝国が完全になくなったというわけではなく、グローバルな帝国的体制のなかで自らを再規定していくプロセスでした。私の仕事のなかで言えば、アメリカニゼーションやグローバリゼーション、ポストコロニアリズムを考えていく流れのなかで東京を捉え返してきています。
また、都市のテクスト、意味的世界を読み取り、物語っていく主役/主体はけっして抽象的なものではなく、その存在自体がジェンダー、エスノシティ、階級などにおいて差異化され、社会的に構成されています。その主体の差異化を都市がテクストとして読解されていくプロセス自体のなかで考えることが大切です。『都市のドラマトゥルギー』では、そうした都市の主体が割と単純に捉えられていました。




南後──『都市のドラマトゥルギー』の「あとがき」では、今後の研究の展開可能性のひとつとして、高度成長以降の都市についての文献調査だけではなく、聞き書きや参与観察による調査を挙げられていましたが、吉見先生の都市論がそうした調査の方向に向かわなかった理由は何でしょうか。


吉見──そうしたエスノグラフィックなフィールドワークは、たしかにあまりできませんでしたね。80年代半ばには都市民俗学の連中と一緒に研究会を開いたりしましたし、あるいは東京ディズニーランド論や『路上のエスノグラフィ』、『東京スタディーズ』のなかで学生のみなさんと一緒にフィールドワークの可能性を考えようとした時期もあったのですが、結局、フィールドワークをするには忙しすぎたのかな。本格的にエスノグラフィをやるのなら、ひとつの地域で長年調査を重ねる必要があるのですが、どうもばたばたしていて、そうした余裕がありませんでした。もうひとつの理由としては、一人ひとりの当事者の経験や認識以上に、それらがどう条件付けられているのかに関心があったということです。それぞれの人の経験は多様ですが、やはりある傾向や方向性、構造を持っていると思います。ジェンダーやエスノシティによっても異なりますし、物理的な空間や場所によっても異なります。それが地政学であり、そこに大きな関心を持ってきたのです。


201609

特集 都市・映像・まなざしの地政学


まなざしの現在性──都市・メディア技術・身体
ポストメディア都市と情動資本主義の回路 ──YouTuber、「恋するフォーチュンクッキー」、Pokémon GO
均質化される視線
このエントリーをはてなブックマークに追加
INDEX|総目次 NAME INDEX|人物索引

PROJECT

  • パブリック・トイレのゆくえ
  • TOKYOインテリアツアー
  • 建築系ラジオ r4
  • Shelter Studies
  • 再訪『日本の民家』 瀝青会
  • TRAVEL-BOOK: GREECE
  • 4 DUTCH CITIES
  • [pics]──語りかける素材
  • 東京グラウンド
  • 地下設計製図資料集成
  • リノベーションフォーラム
『10+1』DATABASE

INFORMATIONRSS

篠山建築学校2019(募集・-7/27)

近年、全国的に空き家問題が深刻な課題となっており、丹波篠山市も例外ではありません。空き家となった古...

「記憶の家族 アーカイブ・プロジェクト」(ウェブサイト)

コミュニティのあり方をさまざまな手法で記録・収集し、アーカイブを試みるアーティスト・コレクティブのA...

東京プロジェクトスタディ(千代田区ほか・募集 -7/21)

"東京で何かを「つくる」としたら"という投げかけのもと、3組のナビゲーターそれぞれが、チームをつく...

トークイベント・写真展「TOKYO ARCHITECTURE」(千代田区・8/2-4)

高度成長、国際競技大会、日本万国博覧会を経て2020年。私たちは何を更新してきたのでしょうか。その...

レクチャー&ディスカッション「《静かなレトリック》と『建築におけるフィクションについての12章』」立石遼太郎(台東区・7/13)

10+1 website 2018年4月号の論考「建築の修辞学──装飾としてのレトリック」の著者、...

日仏対談シリーズ「ル・ラボ」vol.28「デザインと自己」(新宿区・8/30)

アンスティチュ・フランセ東京が2015年春より開始した対談シリーズ「ル・ラボ」は、日本とフランスの...

「神社」建築の始まりと多様性(愛知県・7/20)

「遺構として残る神社建築はせいぜい平安時代であるから、いわゆる「神社建築史」の最初の記述に疑問を抱く...

新南蛮文化シリーズ講演会「建築家・内藤廣が見たスペインの激動の時代」(千代田区・7/8)

マドリードの建築家フェルナンド・イゲーラスのアトリエで70年代中頃に勤務していた著名な建築家内藤廣...

展覧会「ブルーインフラがつくる都市 -東京港湾倉庫論-」(港区・7/5-27)

Logistics Architecture(ロジスティクス・アーキテクチャ)研究会は、展覧会「ブ...

建築家フォーラム第180回「建築という物語による都市の編纂(キュレーション)」(墨田区・7/16)

7月の建築家フォーラムの講演者は、多方面に天才的能力を持つ建築家・入江経一さんです。 近年、日本の...

早稲田まちづくりシンポジウム 2019 アーバニズムの現在と未来(新宿区・7/21)

アーバンデザインの手法として住民参加型の「まちづくり」が日本各地で行われるようになり、多くの経験が...

建築レクチュアシリーズ217 長谷川豪、田根剛(大阪・6/14, 7/19)

大阪を拠点に活動を行う2人の建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏が1組のゲスト建築家をお呼びして、年に7...

「宮本隆司 いまだ見えざるところ」(目黒区・5/14-7/15)

東京都写真美術館では、現在も国内外の美術展などで発表を続ける宮本隆司の個展を開催します。宮本隆司は...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る