いまだから知りたい海外建築の実践 2015

2000年代に相次いだ雑誌メディアの休刊などから、日本の現代建築は他分野との学際的交流や歴史にひもづく議論が進んで行なわれなくなり、建築設計をめぐるテーマも、スポットのあたるものとそうでないものの明確な分布状態がつづいていると言えよう。多くの人々の意識にのぼることになる建築も、新国立競技場設計案のような問題とともにあっては、建築の今日的な特殊性ばかりが浮き上がることになる。

こうした状況を、一度、世界の同時的な建築の展開に目を向けることで、相対化してみたい。ただしそこでもまた同様の問題は散見される。私たちは、日々更新される海外の建築情報サイトから、世界の著名な建築家のプロジェクトを中心とした膨大な数の写真や図面を容易に入手できる。しかし、作家像や個々の作品がつくられた経緯、文化的・社会的背景などを共有するためのプラットホームはいまだ不在であり、それゆえに海外の建築思潮への理解や批評が生まれにくい状況がつづいていると言えるだろう。

そこで、この海外建築の実践を知るプロジェクトの継続を視野に入れながら、日本国内から世界へ飛び立った、事務所を主宰する建築家、スタッフとして働く建築家、インターンとして働く学生などから、世界のさまざまな地域では建築実践がどのように行なわれているか、建築は歴史や文化や都市とどのようにつながり、人々の営みとどのような関係にあるかなど、建築の多様性を再発見することを期待したいと思う。

今号では、アジア、ヨーロッパ、南米と、異なる文化圏の6カ国を拠点に設計事務所を主宰し、あるいは設計事務所に在籍して活躍する6組の彼ら/彼女らに

❶ 建築設計事務所の沿革
❷ 活動拠点とする国・都市の建築状況──建築・都市の特徴、社会問題や社会が取り組むテーマなど
❸ 主宰、在籍する建築設計事務所の「コンセプト」や「リサーチ活動」の内容
❹ これまでの実践、現在行なっている実践

などについて、紙幅の範囲で答え、プレゼンテーションをしていただいた。

世界各地から届く個々の多様な言葉と実践から、建築設計のキャパシティを感じ、改めて可能性と向き合う機会となることを想像している。


編集部記


201509

特集 いまだから知りたい海外建築の実践 2015


いまだから知りたい海外建築の実践 2015
[イギリス]Caruso St John Architects
[スイス]Hosoya Schaefer Architects
[中国]MAD Architects
[フランス]Moreau Kusunoki Architectes
[チリ]Smiljhan Radic Arquitecto
[ヴェトナム]Vo Trong Nghia Architects
このエントリーをはてなブックマークに追加
INDEX|総目次 NAME INDEX|人物索引

PROJECT

  • パブリック・トイレのゆくえ
  • TOKYOインテリアツアー
  • 建築系ラジオ r4
  • Shelter Studies
  • 再訪『日本の民家』 瀝青会
  • TRAVEL-BOOK: GREECE
  • 4 DUTCH CITIES
  • [pics]──語りかける素材
  • 東京グラウンド
  • 地下設計製図資料集成
  • リノベーションフォーラム
『10+1』DATABASE

INFORMATIONRSS

SPACE DESIGN TOOL BOX VOL.1 「空間デザインの道具箱」(渋谷区・11/21)

「空間デザイン」をもっと面白くするための道具や知恵を集めて、共有したい! 働く空間は、オフィスだけ...

保存再生学特別研究会「20世紀建築遺産の積極的保存活用に向けて」(千代田区・11/9)

都市内には、日々使い続けられている20世紀建築が多数存在するが、それらの保存活用における課題、それ...

上妻世海『制作へ』刊行記念トークイベント 上妻世海×門脇耕三×木内俊克(千代田区・11/30)

『制作へ』の表題論考「制作へ」は一種の身体論であり、身体拡張論である。制作を通じて身体を〈作品〉...

分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回「分離派登場の背景に見る建築教育と建築構造」(文京区・11/3)

分離派建築会(1920年 東京帝国大学卒業・結成)を、日本の近代建築におけるモダンデザインの鼻祖と...

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る