東京で一番住みたい街、吉祥寺──街の魅力とジェントリフィケーションをめぐって

新雅史(社会学者)×笠置秀紀(建築家、都市研究)

吉祥寺の公共空間のあり方

新──今やディベロッパーでも、パブリック・スペース(公共空間)や、パブリック・スフィア(公共圏)、コミュニティ・スペースを提示しますし、「モノからコトへ」は社会学や都市計画の分野でよく重要な論点になります。計画段階で住民の人たちとワークショップが開かれ、行政の人たちも入り込んで議論し、学びの空間などが設置されたりしています。吉祥寺におけるパブリックスペースについてはどうでしょうか。わたしの印象だと、吉祥寺ではそういった空間が既に埋め込まれているような気がします。パブリック・スペースにおいて酷い使われ方があまりない。犬の散歩のマナーは良さそうだし、グラフィティもあまりありません。外から来た人でも、自分たちが半分吉祥寺に住んでいるかのように歩いています。住むことを擬似的に演じることができる場所、それが「住みたい街」にさせている理由だと思います。ただ、それは行政や住民によって、パブリック・スペースの許容値が狭められているような気もして、少し気持ち悪いところかもしれません。

笠置──『都市のドラマトゥルギー』(吉見俊哉、弘文堂、1987年)で言えば、住民を演じる、日常を演じるということがありますね。確かに吉祥寺に来る人も、吉祥寺にいること=美しい暮らしというような想定をしていて、その「空気」によって振舞っているのだと思います。変なことはしないし、余裕を持っていいて、歩行速度もゆっくりです。リア充的な絵が浮かびますね。物理的には、パブリックスペースはそれほど多くなく、歩行のための道ばかりです。休むとしたら飲食店の中になります。行政も民間もお金があるので、グラフィティは比較的はやく消されていきます。
一方でストリート系のダンスは駅の構内でやられていますね。あと井の頭公園の駐車場や中央線の高架下がそういったスペースとして使われています。スケボーはハモニカ横丁の目の前のバス通りでやられているのがおもしろいですね。バス通りがある種劇場のようになっていて、バスを待つ人に見せているようです。ここは行政もあえて放置しているような気がします。

新──吉祥寺は外から見ると、結構休めるスペースは多くて、商品化されたパブリック・スペースらしき場所は沢山あると思います。本当のパブリックスペースはないとも言えますが。「渋谷センター街」でレジャーシートを敷いた女子高生にアイデアを得て、間取りのシートをゲリラでやったみたいなことって吉祥寺でできますか?

笠置──私たちミリメーターのプロジェクト「MADRIX(http://mi-ri.com/project/madrix/)」ですね。吉祥寺ではできないでしょうね。私自身も地元のことになると途端に保守的になってしまうところがあります。

新──多分吉祥寺でやったら苦情が来ますよね。それが予感できます。渋谷センター街にも新宿歌舞伎町にも大阪の新世界にも定住者があまりいないので苦情が来ないと思います。吉祥寺は定住者が増えたけれど、盛り場でもあり、複雑な空間です。

笠置──日本には本当の意味でのパブリック・スペースはそもそもほとんどないと思っています。「渋谷センター街」は数少ないパブリック・スペースです。最近話題になりましたが、若者がワールドカップ日本出場決定で騒ぐ場所は渋谷くらいにしかありません。そこも今完璧に封鎖されるようになってきています。街で自由な日常を享受しているように思い込んでいますが、私たちのパブリックスペースはあらゆる場面で狭くなっているように感じています。そのなかで吉祥寺に救いがあるとすれば、都市計画で拡張された道端でスケボーをしている少年たちなのかもしれません。

[2013年6月9日、吉祥寺にて]


あらた・まさふみ
1973年福岡生まれ。社会学(産業社会学・スポーツ社会学)。学習院大学非常勤講師。著書=『商店街はなぜ滅びるのか──社会・政治・経済史から探る再生の道』。

かさぎ・ひでのり
1975年東京生まれ。建築家。ミリメーター共同主宰。日本大学芸術学部美術学科住空間デザインコース修了。2000年、宮口明子とミリメーター設立。公共空間に関わるプロダクトやフィールドワークを多数発表。プロジェクト=「アーバンピクニックシリーズ」「リスボン建築トリエンナーレ 日本セクション アートディレクション」「小国町桐沢集落デザイン策定」「東京にしがわ大学キャンパス計画」ほか。


201307

特集 都市的なものの変容──場所・街区・ジェントリフィケーション


東京で一番住みたい街、吉祥寺──街の魅力とジェントリフィケーションをめぐって
北米都市におけるジェントリフィケーションの展開──バンクーバー ダウンタウン・イーストサイド地区の現在
想像力という理路──「黄金町バザール」と都市再開発をめぐって
このエントリーをはてなブックマークに追加
INDEX|総目次 NAME INDEX|人物索引

PROJECT

  • パブリック・トイレのゆくえ
  • TOKYOインテリアツアー
  • 建築系ラジオ r4
  • Shelter Studies
  • 再訪『日本の民家』 瀝青会
  • TRAVEL-BOOK: GREECE
  • 4 DUTCH CITIES
  • [pics]──語りかける素材
  • 東京グラウンド
  • 地下設計製図資料集成
  • リノベーションフォーラム
『10+1』DATABASE

INFORMATIONRSS

「World Interiors Day」デザインシンポジウム&カクテルパーティ(港区・5/26)

人の暮らしを豊かにする優れた「デザイン」は、国境、境界、様々な領域を飛び越えて世界をつなぐ重要な...

椹木野衣×伊藤俊治トーク「現代写真と現代美術 22世紀美術へ向けて」(港区・5/26)

21_21 DESIGN SIGHTで開催中の企画展「写真都市展──ウィリアム・クラインと22世...

齋木克裕展 Non-Architectural Photographs(中央区・5/23-6/17)

齋木克裕は、ニューヨーク・東京を拠点にして、都市空間に目を向けた写真作品に取り組む美術作家です。空...

「ハーモニカ横丁にあつまる建築家」展(武蔵野市、6/15-6/21)

このたび、吉祥寺の「ハーモニカ横丁」に集まる若手建築家たちに焦点をあてた展覧会を開催することとなり...

刊行記念イベント「建築家と小説家の再会」中山英之×柴崎友香×長島明夫(渋谷区・6/9)

気鋭の建築家・中山英之さんによる8年ぶりの新刊『中山英之|1/1000000000』(じゅうおく...

トークイベント「みんなの家、その先へ──3.11から学ぶ明日の住まい、建築」(宮城県・6/21)

地域のコミュニティづくり、街づくりにおいて、建築家の果たす真の役割とは? 行政や企業へ期待するこ...

建築レクチュアシリーズ217 原田真宏、田根剛(大阪・6/8、7/27)

大阪を拠点に活動を行う2人の建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏が1組のゲスト建築家をお呼びして、年に7...

建築情報学会キックオフ準備会議第2回(千代田区・5/24)

■会議当日は、19:00からストリーミング配信を行ないます https://youtu.be/Wud...

「飯沼珠実―建築の瞬間/momentary architecture」展(神奈川県・5/19-7/16)

飯沼珠実は、建築やその周囲の空間を写真をとおしてとらえ、プリントやアーティストブックにその様相を...

映画『ジェイン・ジェイコブズ──ニューヨーク都市計画革命』(全国・4/28-)

1961年に出版された「アメリカ大都市の死と生」は、近代都市計画への痛烈な批判とまったく新しい都市...

映画『BRIDGE』上映&トーク(渋谷区・4/29、目黒区・5/25)

昨年11月に完成した《出島表門橋》。その製作過程と設計者らの軌跡を辿りながら記録したドキュメンタ...

イサム・ノグチ─彫刻から身体・庭へ(新宿区・7/14-9/24)

イサム・ノグチ(1904-88)は、幅広い活動をした20世紀を代表する芸術家です。ノグチが目指した...

伊東豊雄展 Toyo Ito Exhibition「聖地・大三島を護る=創る」(中央区・4/12-6/17)

LIXILギャラリー企画「クリエイションの未来展」では、2014年9月より日本の建築・美術界を牽...

建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの(港区・4/25-9/17)

いま、世界が日本の建築に注目しています。丹下健三、谷口吉生、安藤忠雄、妹島和世など多くの日本人建...

写真都市展 ―ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち―(港区・2/23-6/9)

21_21 DESIGN SIGHTでは、2018年2月23日より企画展「写真都市展 −ウィリア...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る