東京で一番住みたい街、吉祥寺──街の魅力とジェントリフィケーションをめぐって

新雅史(社会学者)×笠置秀紀(建築家、都市研究)

「猥雑さ」が計画ができないなかで

新──吉祥寺は、家賃の高さや不動産取得の難しさを除けば、安全安心、騒音、交通、環境、教育面、どれもそれなりに良いというのは間違いありません。「住みたい街」をイメージではなく指標化したとしても、どれも得点が高くなりそうです。実際に吉祥寺に住んでいる人自身も住みにくいとは思っていないでしょう。それを批判することが果たして可能なのか、という問題があります。

笠置──僕も色々と調べていった結果、結構いい街じゃないかと思ったりして。今日のように一日街の中を歩くと、批判しようとしていたことが惑わされます。だとしても街のはずれの社宅が高級マンションに建て変わっている姿を見ると、多様な人びとにとっての住みやすい街ではなくなってきていると思います。

新──それは誰にとっての街なのかという話につながりますね。「住みやすい街ランキング」というのは、マジョリティにとっての住みやすい街であって、中より上の人たち向けでもあります。吉祥寺はそういった人たちを相手にしていて、それ以下の人にとっては段々と関わりを持ちにくくなっていると思います。かつて、闇市や猥雑な空間が吉祥寺の魅力をつくってきました。だからといって、ふたたび、貧しい人たちが商売できる空間をつくるのかというと、それは無理です。あるいは猥雑な空間といっても多くの人が安全安心を求めたいのは仕方がありません。

笠置──今の街を形づくってきた「敷居の低さ」はなぜ出てきたかというと、中島飛行機や横河電機など、工場労働者の人たちを許容してきたこと、また国鉄、新日鉄の社宅などもあり、高給な役人や大きな邸宅に住んでいる人たちも同時にいて、それらをすべて許容していた場所でした。いろんな人が入っていたから多様な文化が入ってきたわけです。

新──おっしゃっていることはわかりますが、その多様性を計画的につくり出すことはなかなか難しいです。都市を考える人たち、アーキテクトにとって難しいところは、最初から猥雑さを組み込むことが不可能だということです。猥雑さが生まれやすい空間をつくることはできても、それが生まれるとは限らないですし、大手資本の息がかかった計画のもとでは、短期的な収益性を求めざるを得ないところも厳しいところです。では、何が重要なのか。その街が単に愛されているというだけでなく、その街でリスクをとろうとするだけの愛情をもつ人がいるかどうか、つまり苦しいことがあったとしても事業を起こして、それを継続しようとする人がどれだけいるかということだと思います。そうした主体の生成は、収益性だけで生成されるわけではありません。それは必要条件ではあるが、十分条件ではない。それでは他に何が必要なのか。それは、自分がそこで事業をおこなう「物語」がその街にあるかどうか、ということだと思います。自分が事業をおこなう「物語」を他の事業者と共有し、かつそれをその街に集う人々と共有できているか。わたしは、シャロン・ズーキンのいう「オーセンティシティ」とはそういったものだと考えています。

笠置──実は吉祥寺のあり方は計画的なものを柔軟に受け入れながらコロコロ変わっています。最初は新田開発でできた村でした。その後、渋沢栄一が公園をつくって田園都市として計画され、成蹊大学、藤村女子中学校・高等学校、東京女子大学などによる学園都市構想もありました。戦前は、中島飛行機と横河電機による軍需産業の街であり、本土で一番最初に爆撃されたのは中島飛行機です。その後は高山英華の都市計画のモデル都市になります。高山英華は成蹊大学出身ですね。また、中央線文化としての、ジャズ文化があり、アニメカルチャーがあり、今はナチュラル系の街になっています。実は激しく変遷していて、何でもありです。更にこの先はどうなっていくのかは気になります。

新──将来の需要はわかりません。POSシステムの問題を思い起こしました。つまり、消費者が何に注目したかをデータ分析し、一番売れそうな商品をできるだけ仕入れて、注文の少ないものはメニューから外すというものです。そうすれば確かに利益率は上げることができます。在庫が劣化することなく効率的に回りますし、置くスペースも要りません。また、1990年代に、マーケット側が消費者を位置づける時に「F1層、M1層」などとセグメント化されましたが、それが広がっていくと、消費者自身もそれを認識して、自らその消費スタイルをなぞるようになりました。雑誌の記事やテレビドラマのつくられ方がその例です。吉祥寺も1990年代以降、そういった変化の波に晒され、収益性が求められたのだと思います。ただ、消費者に需要を聞き続ける限り、新しいイノベーションを生むことは不可能です。消費者自身が五年後、何を欲しがるかをわかっていません。これは生産者が提示しないとダメです。資本主義にとってのキーは、やはり起業家精神で、自らのリスクを投げ打ち、損失を覚悟しながらも、これが新しい需要なのだと提案する人間がいることです。吉祥寺がもしそういう将来を提言できないのであれば、大手資本のPOSシステム的な考え方で、今の消費者や販売履歴を分析し、それを提供する街になります。新しいものが生み出される街は、普通の人が信じられないような提案がされたり、多くの人が失敗できるような街であることが必要です。かつてのジャズ喫茶は、生産者が消費者に指示しているような店ですよね。お客さんが話をする場所ではなく、「この曲を聞け」と。今はそういう時代ではありません。

笠置──「アップル」などはマーケティングによってものをつくる企業ではないですね。

新──一部の企業はそうですね。「BOSE」も商品開発の時に他者の類似商品の値段を参考に値付けすることを禁止しているようです。


201307

特集 都市的なものの変容──場所・街区・ジェントリフィケーション


東京で一番住みたい街、吉祥寺──街の魅力とジェントリフィケーションをめぐって
北米都市におけるジェントリフィケーションの展開──バンクーバー ダウンタウン・イーストサイド地区の現在
想像力という理路──「黄金町バザール」と都市再開発をめぐって
このエントリーをはてなブックマークに追加
INDEX|総目次 NAME INDEX|人物索引

PROJECT

  • パブリック・トイレのゆくえ
  • TOKYOインテリアツアー
  • 建築系ラジオ r4
  • Shelter Studies
  • 再訪『日本の民家』 瀝青会
  • TRAVEL-BOOK: GREECE
  • 4 DUTCH CITIES
  • [pics]──語りかける素材
  • 東京グラウンド
  • 地下設計製図資料集成
  • リノベーションフォーラム
『10+1』DATABASE

INFORMATIONRSS

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

建築家とめぐるキャンパス140年の歴史散策(文京区・10/20)

安田講堂と総合図書館の大改修という、本郷キャンパス史に残る近年の二大プロジェクトを担った二人の建築家...

大学の建築フォーラム:アーカイヴとアウトリーチ(港区・10/20)

都市を彩る建築物は、その空間において生起した人々の活動を留める、記憶の器でもあります。 本フォー...

L-cafe ナノメートルアーキテクチャー講演会「つくってきたもの、一緒につくること、その場所でつくること。」(福井県・10/21)

北陸建築学生団体SAKが主催するL-cafeでは、ナノメートルアーキテクチャーをゲストの迎え、「つく...

立教大学社会デザイン研究所 大和ハウス工業株式会社寄付講座「文化の居場所を考える」(豊島区・10/15-)

ソーシャルシアター、哲学カフェ、シェアオフィス、ハウスグランピング、公共空間の開放的利用、など、...

オカムラデザインスペースR第16回企画展「Somesthetic-身体性-」(千代田区・9/27-10/17)

オカムラデザインスペースR(ODS-R)は、「建築家と建築以外の領域の表現者との協働」を基本コン...

建築フォーラム2018「都市東京の近未来」(新宿区・10/2-)

現在東京では2020年およびそれ以降をめざして都市を再編する行為(インテルヴェント)が数多く進行し...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...

NPO建築とアートの道場 2018年秋-1レクチャーシリーズ「建築家の生態を探る」(文京区・9/1-10/13)

gallery IHAの2018年秋-1レクチャーシリーズは、『建築家の生態を探る』と題して、成瀬友...

川田知志「Open Room」(大阪府・9/2-10/13)

「壁画」を主軸とするインスタレーション制作によって、視覚芸術と都市空間との関わりを提示する美術家・...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る