東京で一番住みたい街、吉祥寺──街の魅力とジェントリフィケーションをめぐって

新雅史(社会学者)×笠置秀紀(建築家、都市研究)

吉祥寺の変遷

新──笠置さんは、吉祥寺の転換点を2005年に見ていますが、そのあたりをもう少し議論するために、笠置さんの吉祥寺の記憶を少しお話しいただければと思います。笠置さんは1975年生まれですが、1970〜80年代にかけて、どのように吉祥寺に資本が入っていき、どう街が変わっていったのでしょうか。また、笠置さんが小さかった頃の吉祥寺の風景はいまどのように残存しているのでしょうか。

笠置──ひとつ挙げるとすれば、1980年代の「平和通り商店会」の再開発があるかもしれません。一連の再開発計画の最後の大きなインフラ整備として、あの駅前の道路拡幅が位置づけられていたと思います。それまでの駅前は傷痍軍人がいたり、卵だけを売っている卵屋さんなどがあったりもしました。再開発によって「サンロード」を通っていたバスが廃止になり、北側の駅前の東西を走る道が通ったわけです。そこで、卵屋のようななりわいがなくなっていったと思います。その頃は、1980年に「パルコ」ができて、みんなが浮かれていたような気がしますし、今のような危機的な感じはずっとありませんでした。百貨店は、今は「東急」しか残っていません。「近鉄」も「伊勢丹」もありませんし、「マルイ」にも「ユザワヤ」が入って、いわゆる華やかな百貨店はここ数年でなくなっていきましたね。

新──かつて1970年代までは、駅前にも住民が日常的に消費する場が残っていて、人びとの生活とつながったなりわいが駅近辺にあったけれど、1983年代の駅前再開発で根本的に変わったということですね。たしかにわたしが知っている吉祥寺は、下北沢などとは違って、生活が垣間見える場所ではありませんね。以前の吉祥寺は、JRの駅改札の間近にいきなり「ロンロン」のようなモロに「生活世界」の風景がひろがっていました。ですが、駅ビルの外へ出てしまうと、日用品を買う場所ではありませんでした。下北沢の方が、住む街であり、日常的な街のイメージがあります。いまは「ロンロン」もなくなり、吉祥寺から生活の側面が見えなくなったように思います。

笠置──高山英華の都市計画の影響は大きいと思います。グリッドで街区を計画し、百貨店を周縁に配置しながら、ビル同士をペデストリアンデッキで結ぶ計画です。吉祥寺にはそういった「計画」が1970年代に押し寄せてきました。下北沢ではあまり計画が見えません。地形を見ても、かつては普通の農園だったことがわかりますよね。一方、吉祥寺は平地を生かした新田として開発されたグリッド状の街で、都市計画とフィットしていました。そして、都市計画とそれへの反対運動がぶつかり合うことで、おもしろさも現れていたと思います。さらに、その上に商業的な要素も入り込んでいます。高山英華の都市計画然としたグリッドと、商業の論理が混ざっているわけです。

高山英華による計画案
引用出典=『吉祥寺と周辺寸描!!鈴木育男写真作品集(第2集)』

新──たしかに、吉祥寺は、極小の敷地の集合である高円寺的エリアと、都市計画によって整序された街区で巨大な商業施設が立地する立川的エリアが混在していると言えます。つまり、大規模な商業ビルでニーズを満たしたい人と、小規模の個人的な商店で特殊なニーズを満たしたい人が両方いる街といえるでしょう。かつ、誰もが求める緑があるわけですから、中央線沿線のみならず、大抵の人が街に求めるものが揃っていると言えます。しかし、全方位的といいますか、多くの人の需要を満たす場所というのは、かえって「吉祥寺らしさとは何か」という問いを浮かび上がらせます。


201307

特集 都市的なものの変容──場所・街区・ジェントリフィケーション


東京で一番住みたい街、吉祥寺──街の魅力とジェントリフィケーションをめぐって
北米都市におけるジェントリフィケーションの展開──バンクーバー ダウンタウン・イーストサイド地区の現在
想像力という理路──「黄金町バザール」と都市再開発をめぐって
このエントリーをはてなブックマークに追加
INDEX|総目次 NAME INDEX|人物索引

PROJECT

  • パブリック・トイレのゆくえ
  • TOKYOインテリアツアー
  • 建築系ラジオ r4
  • Shelter Studies
  • 再訪『日本の民家』 瀝青会
  • TRAVEL-BOOK: GREECE
  • 4 DUTCH CITIES
  • [pics]──語りかける素材
  • 東京グラウンド
  • 地下設計製図資料集成
  • リノベーションフォーラム
『10+1』DATABASE

INFORMATIONRSS

中村好文『芸術家(アーティスト)のすまいぶり』刊行記念「アーティストの住まいぶりと暮らしぶりから学んだこと」トークイベント(渋谷区・12/3)

アーティストにとって、住まいは「生き方の姿勢が、かたちになって見えるもの」(本文より)── ホンカ...

シンポジウム「建築家・根津耕一郎の仕事」(兵庫・11/16)

1960年代から70年代を中心に、関西を拠点として数多くの建築物を設計した建築家・根津耕一郎氏のシ...

トークイベント『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』刊行記念 藤森照信×田村尚子(中央区・11/21)

『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』の刊行を記念して、建築家であり建築史...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...

「磯崎新─水戸芸術館縁起─」(茨城・11/16-1/26)

建築家・磯崎新による美術館設計を振り返るシリーズの一環として、当館では水戸芸術館の設計コンセプトや...

展覧会「Steven Holl: Making Architecture」(品川区・11/8-1/8)

アメリカを代表する建築家、スティーブン・ホールは72歳になった現在も、ニューヨークと北京にオフィス...

シンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか」(兵庫・11/23)

2019年11月23日(土・祝)にシンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか...

戦後空間シンポジウム 04「バブル・震災・オウム教─1990年代、戦後空間の廃墟から─」(港区・11/22)

主旨: 「戦後空間シンポジウム」第 4回目のシンポジウムは戦後空間の変質に目を向け、80年代後半か...

第5回「吉阪隆正賞」授賞式/記念シンポジウム(千代田区・11/18)

第5回「吉阪隆正賞」を受賞した西沢立衛氏による記念シンポジウムが、11月18日にアテネ・フランセ文...

[磯崎新の謎]展(大分・9/23-11-24)

大分市が誇る建築家・磯崎新(1931~)は建築の枠を超え、思想、美術、デザインなど多岐に渡る分野で...

展覧会「日本建築の自画像 探求者たちの もの語り」(香川県・9/21-12/15)

われわれがよく聞く『日本建築』とは、何なのか? そもそも、何が『日本的』なのか? 本展では『日本建...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る