イントロダクション──趣旨説明

青井哲人(建築史・都市史、明治大学准教授)
最初に今回の展覧会およびギャラリートーク、記念シンポジウムという一連のイベントをオーガナイズした者として経緯と趣旨、流れを説明させていただきます。明治大学建築学科は、戦中期に明治大学が設立した東京明治工業専門学校を大学に取り込むかたちで、1949年に工学部建築学科として開設されています。堀口捨己は創立の立役者の一人であり、神代雄一郎も創立当初から教師陣の一角を占め、構造・環境分野の他の先生方とともに、本学科の歴史的核心をつくってこられたわけです。1965年にはキャンパスが駿河台・猿楽町から生田へ移り、その頃に堀口先生が退任され、神代先生は1993年まで本学科の教員を務められました。堀口捨己と言えば、分離派建築会の思想的な主導者であり、近代の代表的建築家として、また茶室や数寄屋の研究者としても高名です。堀口の設計図面等の膨大な資料群は堀口研出身の木村儀一先生(元明治大学教授)が継承・保存されています。今日、基調報告していただく藤岡洋保先生も整理・研究にご尽力されてきました。一方、神代先生は近代建築思潮史、日本建築の意匠論、デザイン・サーヴェイ、そして建築評論でよく知られていますが、大変残念なことに再評価がまだ非常に少ないのが現状です。旧蔵資料は、本学科で兼任講師として日本建築史を教えていただいている松崎照明先生がお預かりになられていたものを、一昨年前から本学科で保管・整理していますが、まだ緒についたばかりです。今回は明治大学で保管されている堀口捨己・神代雄一郎両先生の膨大な資料を、そのごく一部ではありますが、明治大学博物館の特別展示室にて皆様に広く見ていただく機会ができたことを嬉しく思っています。
さて、今日のシンポジウムはいささか大上段に構え、「建築家とは何か」というテーマを掲げていますが、その背景には今、建築家像が大きく揺らいでいるということがあります。堀口・神代両先生は「建築家とは何か」という問題を考える時に外すことのできない先達であり、単に回顧ではなく、これからの世代に両者の問題を繋いでいくことが重要だと考えています。本日の登壇者が年齢的に非常に幅広くなっているのはそういう考えからです。最初に基調講演をお願いするのは東京工業大学教授の藤岡洋保先生です。東工大で学ばれ、本大学の助手をつとめられた後に東工大に戻られました。藤岡先生の長年にわたる堀口研究は『表現者・堀口捨己--総合芸術の探求』という著書で集大成されています。次に、神代先生については、僭越ですが私からご報告させていただきます。その後に、コメンテーターという立場で建築家の磯崎新さんから同時代的な証言と今日的な問題提起をいただきたいと思っています。後半は、ワシントン大学のケン・タダシ・オオシマさん、建築家の日埜直彦さん、藤村龍至さん、美学の分野から天内大樹さんという若いメンバーでディスカッションを試みることにしました。昨今、建築家と歴史家が過去と現在を結び合わせながら議論する機会が耐えて久しく、このような場がなければ建築史も建築家もやせ細っていく一方ではないかという危機感を持っています。堀口・神代両先生という御先達と、われわれがそのなかにいるところの歴史過程、そして現在という地点について、皆さんと考えていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。


*本特集は、展覧会「建築家とは何か──堀口捨己・神代雄一郎展」の関連企画として開催されたシンポジウムの内容をまとめたものです。

建築家とは何か──堀口捨己・神代雄一郎 展
会場=明治大学駿河台キャンパス 明治大学博物館 特別展示室
会期=2013年4月20日(土)〜5月19日(日)
主催=明治大学理工学部 建築学科
URL=http://meiji-architecture.net/event/2013_horiguchi+kojiro.php

シンポジウム「建築家とは何か──堀口捨己・神代雄一郎の問い」
会場=明治大学駿河台キャンパス リバティホール
日時=2013年4月28日(日)、13:30〜18:00
基調報告=藤岡洋保(東京工業大学)、青井哲人(明治大学)
コメント=磯崎新(磯崎新アトリエ)
ディスカッション=ケン・タダシ・オオシマ(ワシントン大学)、日埜直彦(日埜建築設計事務所)、藤村龍至(東洋大学)、天内大樹(東京理科大学)
主催=明治大学理工学部 建築学科


201306

特集 建築家とは何か──堀口捨己、神代雄一郎の問い


イントロダクション──趣旨説明
基調講演1:表現者・堀口捨己──総合芸術の探求
基調講演2:神代雄一郎、その批評精神の軌跡
堀口捨巳と神代雄一郎──二つの発言への註
プレゼンテーション+ディスカッション
このエントリーをはてなブックマークに追加
INDEX|総目次 NAME INDEX|人物索引

PROJECT

  • パブリック・トイレのゆくえ
  • TOKYOインテリアツアー
  • 建築系ラジオ r4
  • Shelter Studies
  • 再訪『日本の民家』 瀝青会
  • TRAVEL-BOOK: GREECE
  • 4 DUTCH CITIES
  • [pics]──語りかける素材
  • 東京グラウンド
  • 地下設計製図資料集成
  • リノベーションフォーラム
『10+1』DATABASE

INFORMATIONRSS

篠山建築学校2019(募集・-7/27)

近年、全国的に空き家問題が深刻な課題となっており、丹波篠山市も例外ではありません。空き家となった古...

「記憶の家族 アーカイブ・プロジェクト」(ウェブサイト)

コミュニティのあり方をさまざまな手法で記録・収集し、アーカイブを試みるアーティスト・コレクティブのA...

東京プロジェクトスタディ(千代田区ほか・募集 -7/21)

"東京で何かを「つくる」としたら"という投げかけのもと、3組のナビゲーターそれぞれが、チームをつく...

トークイベント・写真展「TOKYO ARCHITECTURE」(千代田区・8/2-4)

高度成長、国際競技大会、日本万国博覧会を経て2020年。私たちは何を更新してきたのでしょうか。その...

レクチャー&ディスカッション「《静かなレトリック》と『建築におけるフィクションについての12章』」立石遼太郎(台東区・7/13)

10+1 website 2018年4月号の論考「建築の修辞学──装飾としてのレトリック」の著者、...

日仏対談シリーズ「ル・ラボ」vol.28「デザインと自己」(新宿区・8/30)

アンスティチュ・フランセ東京が2015年春より開始した対談シリーズ「ル・ラボ」は、日本とフランスの...

「神社」建築の始まりと多様性(愛知県・7/20)

「遺構として残る神社建築はせいぜい平安時代であるから、いわゆる「神社建築史」の最初の記述に疑問を抱く...

新南蛮文化シリーズ講演会「建築家・内藤廣が見たスペインの激動の時代」(千代田区・7/8)

マドリードの建築家フェルナンド・イゲーラスのアトリエで70年代中頃に勤務していた著名な建築家内藤廣...

展覧会「ブルーインフラがつくる都市 -東京港湾倉庫論-」(港区・7/5-27)

Logistics Architecture(ロジスティクス・アーキテクチャ)研究会は、展覧会「ブ...

建築家フォーラム第180回「建築という物語による都市の編纂(キュレーション)」(墨田区・7/16)

7月の建築家フォーラムの講演者は、多方面に天才的能力を持つ建築家・入江経一さんです。 近年、日本の...

早稲田まちづくりシンポジウム 2019 アーバニズムの現在と未来(新宿区・7/21)

アーバンデザインの手法として住民参加型の「まちづくり」が日本各地で行われるようになり、多くの経験が...

建築レクチュアシリーズ217 長谷川豪、田根剛(大阪・6/14, 7/19)

大阪を拠点に活動を行う2人の建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏が1組のゲスト建築家をお呼びして、年に7...

「宮本隆司 いまだ見えざるところ」(目黒区・5/14-7/15)

東京都写真美術館では、現在も国内外の美術展などで発表を続ける宮本隆司の個展を開催します。宮本隆司は...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る