【第5回】[インタヴュー後記]小都市の実験可能性

太田浩史
佐々木先生との対話で印象に残り、ひとつ腑に落ちたのは、フランスのジャック・ラングの名前を出したときの先生の嬉しそうな顔である。文中でも触れたとおり、彼は42歳でフランスの文化大臣となり、文化予算を倍増して「文化の民主化」を進めたのだが、その舞台となったのは地方の小都市だった。彼は従来のハイ・アートだけではなく、ポピュラー音楽、大道芸、人形劇などのサブカルチャーを奨励し、文化の中心地パリだけではなく、地方小都市の文化産業を育成しようとしたのである。その文化復興の動きに対し、政治的には地方分権化、そして空間的には90年代以降の都市再生の波が重なってくるというのが構図なのだが、フランスにおいては、歩行者専用道や広場の再整備などが、この文化の再活性策に大きく寄与することになった。フランスの街々に、大道芸やストリートミュージシャンが多いのはこうした背景があるからであり、スペクタクルのチャンピオンといえるロワイヤル・ド・リュクスが出てきたのも、30年以上にわたる総合的な取り組みがあったからなのである。文中ではソフトとハードと簡単に言ったのだけれど、前回の富山のグランドプラザの例のように、文化的な実験と空間再編を連動させるのは一朝一夕でできることではない。何よりも、人を育てるのに時間がかかる。

ロワイヤル・ド・リュクス『スルタンの象と少女』(2006)筆者撮影

さて、何が腑に落ちたかというと、「創造都市」はひとつの運動なのだ、ということである。今回の私の理解は、創造都市の目標は2つあり、ひとつは東京以外のさまざまな都市──地方都市、という言い方はここでは避けたい──の可能性を高めること、もうひとつは「都市はみなのものである」という都市民主主義の原理のような物言いを改めて掲げること、というものだった。前者については、金沢、鶴岡、ボローニャなど、佐々木先生の言葉の端々に現われているから解説は不要だろう。ただ、後者について念を押しておきたいのは、創造都市に期待されているのは実験性と、それを共有する社会包摂性であって、単に誰かが「創造的」「文化的」であればよいものではない、ということである。学生の演劇祭からナンシー国際演劇祭を育て上げ、寺山修司や山海塾を招待していたジャック・ラングにしても、軍事政権と戦った女優で後にギリシア文化大臣として「欧州文化首都」を提唱したメリナ・メルクーリにしても、創造都市の源流には、制度に異議を唱え、価値観を転覆しようとした時代の熱気が今も息づいている。日本の創造都市論でたまに物足りなく感じるのは、それが経済的価値を強調するあまり、そもそも文化的実験がなぜ必要なのか、という熱気を帯びた議論を欠いているからである。私の好きなイギリスの創造都市ニューカッスル、ゲーツヘッドでも、2009年の欧州文化首都のリンツでも、またはエッセン、ドルトムントなど2010年文化首都のルール地方でも、そこには現状の都市を逆立ちしてでも読み替えてやろうという気迫があって、文化やアートは、その読み替えの作業を都市全体で共有するための飛び道具のように見えたのである。創造都市論でパブリックスペースがしばしば話題になるのも、その共有の仕組みこそが最も重要であるということが認知されているからだろう。そんなところにも、私たちのできる仕事があるように思われる。

アトリエ・ワン《リンツ・スーパー・ブランチ》(リンツ、2009)アトリエ・ワン提供

アンソニー・ゴームリー《エンジェル・オブ・ザ・ノース》(ニューカッスル、1998)筆者撮影

つまるところ、私の興味は創造都市論をどのように日本の「まちデザイン」に接続していくのかなのだが、食べ物にしても、製造業にしても、もちろん伝統工芸やサブカルチャーにしても、そもそも日本社会は圧倒的に創造性に溢れていているので、その創造性が都市空間に向かうことを願うばかりである。繰り返しになるけれども、運動は開かれていて、むしろ小さな都市のほうが実験的になりうるから、この連載を通じて、そういう事例をもっと見ていきたいな、と思っている。

201210

連載 Think about New "Urban Design"

【第5回】[インタヴュー]新しい「まちデザイン」を考える 5──創造都市論の現在【第5回】[インタヴュー後記]小都市の実験可能性【第5回】[インタヴュー後記]多様で寛容な創造都市論、そして日本の文化【第4回】[訪問対談]Learning from 富山市
──まちはデザインで変わる
【第4回】[特別寄稿]富山市の都市特性と都心地区の活性化概要 【第4回】[特別寄稿]まちなかの超一等地を「広場」にする
──アイがうまれるグランドプラザ
【第4回】[訪問後記]富山の都市再生から建築を考える【第4回】[訪問後記]オーラを放つまちデザイン【第3回】[インタヴューを終えて]まちデザインを連歌のように【第3回】[インタヴューを終えて]あらためて歩行者空間を思う【第3回】[インタヴュー解題]ヨーロッパのアーバンデザインの歩み【第3回】[インタヴュー]新しい「まちデザイン」を考える 3──ヨーロッパの都市デザイン20年史【第2回】[インタヴュー]新しい「まちデザイン」を考えるための、アーバンデザイン20年史【第2回】[インタヴュー解題]第2世代の「アーバンデザイン」【第2回】[インタヴューを終えて]アーバンデザインの青春と私たち【第2回】[インタヴューを終えて]都市居住なくして都市の繁栄はない、のかも【第1回】[連載にあたって]建築やアートでは限りがある【第1回】[連載にあたって]建築家、まちへ出る【第1回】[対談]新しい「まちデザイン」を考える
このエントリーをはてなブックマークに追加
INDEX|総目次 NAME INDEX|人物索引

PROJECT

  • パブリック・トイレのゆくえ
  • TOKYOインテリアツアー
  • 建築系ラジオ r4
  • Shelter Studies
  • 再訪『日本の民家』 瀝青会
  • TRAVEL-BOOK: GREECE
  • 4 DUTCH CITIES
  • [pics]──語りかける素材
  • 東京グラウンド
  • 地下設計製図資料集成
  • リノベーションフォーラム
『10+1』DATABASE

INFORMATIONRSS

中村好文『芸術家(アーティスト)のすまいぶり』刊行記念「アーティストの住まいぶりと暮らしぶりから学んだこと」トークイベント(渋谷区・12/3)

アーティストにとって、住まいは「生き方の姿勢が、かたちになって見えるもの」(本文より)── ホンカ...

シンポジウム「建築家・根津耕一郎の仕事」(兵庫・11/16)

1960年代から70年代を中心に、関西を拠点として数多くの建築物を設計した建築家・根津耕一郎氏のシ...

トークイベント『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』刊行記念 藤森照信×田村尚子(中央区・11/21)

『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』の刊行を記念して、建築家であり建築史...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...

「磯崎新─水戸芸術館縁起─」(茨城・11/16-1/26)

建築家・磯崎新による美術館設計を振り返るシリーズの一環として、当館では水戸芸術館の設計コンセプトや...

展覧会「Steven Holl: Making Architecture」(品川区・11/8-1/8)

アメリカを代表する建築家、スティーブン・ホールは72歳になった現在も、ニューヨークと北京にオフィス...

シンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか」(兵庫・11/23)

2019年11月23日(土・祝)にシンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか...

戦後空間シンポジウム 04「バブル・震災・オウム教─1990年代、戦後空間の廃墟から─」(港区・11/22)

主旨: 「戦後空間シンポジウム」第 4回目のシンポジウムは戦後空間の変質に目を向け、80年代後半か...

第5回「吉阪隆正賞」授賞式/記念シンポジウム(千代田区・11/18)

第5回「吉阪隆正賞」を受賞した西沢立衛氏による記念シンポジウムが、11月18日にアテネ・フランセ文...

[磯崎新の謎]展(大分・9/23-11-24)

大分市が誇る建築家・磯崎新(1931~)は建築の枠を超え、思想、美術、デザインなど多岐に渡る分野で...

展覧会「日本建築の自画像 探求者たちの もの語り」(香川県・9/21-12/15)

われわれがよく聞く『日本建築』とは、何なのか? そもそも、何が『日本的』なのか? 本展では『日本建...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る