【第4回】[訪問後記]オーラを放つまちデザイン

乾久美子
私は学生時代になにかと富山市にお世話になりました。北アルプスの登山の帰りに立ち寄ったり、夏の室堂でスキー合宿をした際には資材の調達のため市内の山用品店に何度も足を運んだりと、山に関わる活動のベースキャンプのような位置づけだったのです。そうした個人的な思い出がつまった富山市が都市再生に力を入れていると以前から聞いており興味を覚えていたので、編集部より取材旅行を提案されたときは同意を即断しました。

大雪の翌日に訪れた久しぶりの富山、盛りだくさんの2日間でした。交通政策でいえばライトレール(LRT)の「ポートラム」と「セントラム」、「アヴィレ」、建築でいえば総曲輪の「グランドプラザ」、富岩運河環水公園、岩瀬地区のまちなみ保存修復といった主要プロジェクトを見学し、さらにそれらのプロジェクトの直接の関係者である富山市役所の京田憲明さん、谷口博司さん、「グランドプラザ」の運営にかかわる山下裕子さんといったキーパーソンの貴重なお話を聞くことができたのですから。お話を聞いてすべてのプロジェクトに熱い思いを実現するためのさまざまなスキルが高度に構築されていることや、また困難をのりきるためのさまざまな英断がなされていることに感激し、ひとつひとつのお話がかっこうよくて「やるなあ」と敬服してしまいました。その立ち振る舞いや話し振りが強いスポーツ選手のようですらあったほどです。なんでしょうね。やることが見えている、やらなきゃいけないことが明確に見えている人のみが放つオーラを感じたからかもしれません。

山下裕子氏(左)、京田憲明氏(右)

どのプロジェクトもすばらしかったのですが、特に今回の取材で印象深かったのはLRTでした。交通に対してまったくの素人(私)でも、ついつい「おおっ、これは次世代の乗り物ですね!」などと浮かれたコメントを言ってしまうほどだったのですが、乗り心地や外観、駅舎までが周到にデザインされていたからだと思います。そうしたデザインの力を通して、まちがこれまでのものと違ったように見え体験されることが「まちデザイン」が目指すことのひとつなのだろうと、LRTを通して気づくことができたように思います。さらに低床の車両が地面にくっついたままのような姿でスルスルスルと動いている姿がなんだか非常にかわいく、その存在がまわりの風景を変化させるように感じるほどだったのも「まちデザイン」の理解を深化させるのを手伝いました。「まちのペットのようだね~」と太田さんは秀逸なコメントをされておられましたが、そうした「路面電車がペットのようなかわいい存在としてまちのあちこちを走り回り、都市再生を実感させること」というようなまちの見せ方までが、まちにおいてデザインの対象になることが実感できたわけです。

ちなみにLRTの感想を「かわいい」と書いてしまいましたが、動物の顔が描かれたコミュニティバス(最近多くて気になっておりますが、東京だけでしょうか)などが奇妙なこびを売りながらふりまいている「かわいさ」とはまったく違う次元でのものです。LRTそのものは正統なインダストリアル・デザインが施されたものだったのですが、そのデザインが生活者の感覚を豊かにし、まちでの身振りに伸びやかさを与えていることが感じられてしまうため、ついつい愛情を注ぐ対象にしてしまう。そのような感情をあらわす言葉のひとつとしての「かわいい」なのです。ということで、かわいいと思わせることだけはなく、いろいろな次元や方向性で人の心を震わせることができるのがデザインの本来の姿であると思いますが、そうした良質なデザインが私的な領域だけではなく(それはあらゆるところにあふれています)公共の場で成立することを、富山市は証明しているのではないでしょうか。貴重な場所だと思います。

201205

連載 Think about New "Urban Design"

【第5回】[インタヴュー]新しい「まちデザイン」を考える 5──創造都市論の現在【第5回】[インタヴュー後記]小都市の実験可能性【第5回】[インタヴュー後記]多様で寛容な創造都市論、そして日本の文化【第4回】[訪問対談]Learning from 富山市
──まちはデザインで変わる
【第4回】[特別寄稿]富山市の都市特性と都心地区の活性化概要 【第4回】[特別寄稿]まちなかの超一等地を「広場」にする
──アイがうまれるグランドプラザ
【第4回】[訪問後記]富山の都市再生から建築を考える【第4回】[訪問後記]オーラを放つまちデザイン【第3回】[インタヴューを終えて]まちデザインを連歌のように【第3回】[インタヴューを終えて]あらためて歩行者空間を思う【第3回】[インタヴュー解題]ヨーロッパのアーバンデザインの歩み【第3回】[インタヴュー]新しい「まちデザイン」を考える 3──ヨーロッパの都市デザイン20年史【第2回】[インタヴュー]新しい「まちデザイン」を考えるための、アーバンデザイン20年史【第2回】[インタヴュー解題]第2世代の「アーバンデザイン」【第2回】[インタヴューを終えて]アーバンデザインの青春と私たち【第2回】[インタヴューを終えて]都市居住なくして都市の繁栄はない、のかも【第1回】[連載にあたって]建築やアートでは限りがある【第1回】[連載にあたって]建築家、まちへ出る【第1回】[対談]新しい「まちデザイン」を考える
このエントリーをはてなブックマークに追加
INDEX|総目次 NAME INDEX|人物索引

PROJECT

  • パブリック・トイレのゆくえ
  • TOKYOインテリアツアー
  • 建築系ラジオ r4
  • Shelter Studies
  • 再訪『日本の民家』 瀝青会
  • TRAVEL-BOOK: GREECE
  • 4 DUTCH CITIES
  • [pics]──語りかける素材
  • 東京グラウンド
  • 地下設計製図資料集成
  • リノベーションフォーラム
『10+1』DATABASE

INFORMATIONRSS

中村好文『芸術家(アーティスト)のすまいぶり』刊行記念「アーティストの住まいぶりと暮らしぶりから学んだこと」トークイベント(渋谷区・12/3)

アーティストにとって、住まいは「生き方の姿勢が、かたちになって見えるもの」(本文より)── ホンカ...

シンポジウム「建築家・根津耕一郎の仕事」(兵庫・11/16)

1960年代から70年代を中心に、関西を拠点として数多くの建築物を設計した建築家・根津耕一郎氏のシ...

トークイベント『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』刊行記念 藤森照信×田村尚子(中央区・11/21)

『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』の刊行を記念して、建築家であり建築史...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...

「磯崎新─水戸芸術館縁起─」(茨城・11/16-1/26)

建築家・磯崎新による美術館設計を振り返るシリーズの一環として、当館では水戸芸術館の設計コンセプトや...

展覧会「Steven Holl: Making Architecture」(品川区・11/8-1/8)

アメリカを代表する建築家、スティーブン・ホールは72歳になった現在も、ニューヨークと北京にオフィス...

シンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか」(兵庫・11/23)

2019年11月23日(土・祝)にシンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか...

戦後空間シンポジウム 04「バブル・震災・オウム教─1990年代、戦後空間の廃墟から─」(港区・11/22)

主旨: 「戦後空間シンポジウム」第 4回目のシンポジウムは戦後空間の変質に目を向け、80年代後半か...

第5回「吉阪隆正賞」授賞式/記念シンポジウム(千代田区・11/18)

第5回「吉阪隆正賞」を受賞した西沢立衛氏による記念シンポジウムが、11月18日にアテネ・フランセ文...

[磯崎新の謎]展(大分・9/23-11-24)

大分市が誇る建築家・磯崎新(1931~)は建築の枠を超え、思想、美術、デザインなど多岐に渡る分野で...

展覧会「日本建築の自画像 探求者たちの もの語り」(香川県・9/21-12/15)

われわれがよく聞く『日本建築』とは、何なのか? そもそも、何が『日本的』なのか? 本展では『日本建...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る