【第3回】[インタヴューを終えて]まちデザインを連歌のように

乾久美子(建築家)

今回は海外の都市デザイン史を概観することができればと、服部圭郎先生に話を伺いにいきました。事前に読んだ著書やお話のなかで最も興味を惹かれたのは、世界的な脱車社会のトレンドがやってくる時期が国によってまったく異なっていることです。モータリゼーションが問題視されるようになった70年代に早々と歩行者天国化しているブラジル南部のクリチバのようなという都市がある一方で、人口減少時代に入ったにもかかわらずいまだに道路を旺盛につくり続けようとする日本が存在したり、ソウルの清渓川(チョンゲチョン)における高架の撤去という英断がいまだ東京の日本橋などで実現しなかったりと、日本は道路行政の後進国のようです。太田さんが発案した「まちデザイン」という概念には、「有形無形のさまざまなデザインの集合がまちをかたちづくるのではないのか?」という思いが込められているわけですが、そのなかに政治や制度のデザインが含まれていないといけないことが、こうした大局的な各国の比較からわかってきます。前回の中野恒明先生も、教え子を行政マンにして、行政側から都市のデザインを動かしたいというような内容のことをおっしゃられていたことも思い出しました。

日本のまちのあり方は意外と世界的評価が高いという服部先生のご指摘も興味深いものがありました。商店街が実質上の歩行者天国を形成して人間を中心とする濃密な都市空間を形成していることに興味を覚える人が多いとか。確かに欧米の街路のようなおしゃれさはないものの、歩行者ゾーンは結構多いかもしれません。空洞化している中心市街地にも、カラー舗装など「整備」の跡がみられるケースは多々あるように感じます。でもあまり使われていないのも事実。自然発生的に発展した商店街を事後的に歩行ゾーンにしただけで、それ以外のまちデザインの戦略と結びつかないことが理由のひとつなのでしょうか。延岡を見ていても、商店街の発展とともに整備された歩行者ゾーンは、空洞化した今となっては起点と終点に説得力を失い、さらにバスなどの公共交通機関とも連動していないので「なぜ、ここに歩行ゾーンが設けられているのか」というメッセージが見えにくくなっています。使い手に対する明解で緻密で用意周到なメッセージがあることはすぐれたデザインの条件と思いますが、そうした条件を満たしていない「メッセージが失われてしまったまちデザイン」は日本全国に蔓延しているように感じます。

建築ではリノベーションが、新築には達成できないような多様性や冗長性の創出の重要な手段として注目されていますが、それと同じような概念でまちをデザインできるという指摘が、今回ご一緒したバルセロナの都市計画に詳しい阿部さんから出たのも面白かったです。勇気のでる話でした。それまで使われてきた都市ストラクチャーを区画整理でクリアランスしてまっさらな場所をつくるのではなく、バルセロナのようにそれまでのストラクチャーを継承し「プランニングにプランニングを重ねていく」ことで、多様性を保存しながら変化に対応していくという考え方があるそうなのです。新しく付け足されるまちデザインが、それまでに適用されてきたまちデザイン群に新しい意味を加えつつ既存のデザインがもっていたメッセージをリフレッシュする、そんな連歌のような感覚が必要とされるまちデザインに必要なのはどういう感性なのだろうか、それはこれまでの都市計画に必要とされた感性とどう違うのだろうか、そんなことをいろいろと考えるとてもよい時間になりました。

◉ 乾久美子 いぬい・くみこ/建築家


※「新しい『まちデザイン』を考える」は隔月で連載を行ないます。


201112

連載 Think about New "Urban Design"

【第5回】[インタヴュー]新しい「まちデザイン」を考える 5──創造都市論の現在【第5回】[インタヴュー後記]小都市の実験可能性【第5回】[インタヴュー後記]多様で寛容な創造都市論、そして日本の文化【第4回】[訪問対談]Learning from 富山市
──まちはデザインで変わる
【第4回】[特別寄稿]富山市の都市特性と都心地区の活性化概要 【第4回】[特別寄稿]まちなかの超一等地を「広場」にする
──アイがうまれるグランドプラザ
【第4回】[訪問後記]富山の都市再生から建築を考える【第4回】[訪問後記]オーラを放つまちデザイン【第3回】[インタヴューを終えて]まちデザインを連歌のように【第3回】[インタヴューを終えて]あらためて歩行者空間を思う【第3回】[インタヴュー解題]ヨーロッパのアーバンデザインの歩み【第3回】[インタヴュー]新しい「まちデザイン」を考える 3──ヨーロッパの都市デザイン20年史【第2回】[インタヴュー]新しい「まちデザイン」を考えるための、アーバンデザイン20年史【第2回】[インタヴュー解題]第2世代の「アーバンデザイン」【第2回】[インタヴューを終えて]アーバンデザインの青春と私たち【第2回】[インタヴューを終えて]都市居住なくして都市の繁栄はない、のかも【第1回】[連載にあたって]建築やアートでは限りがある【第1回】[連載にあたって]建築家、まちへ出る【第1回】[対談]新しい「まちデザイン」を考える
このエントリーをはてなブックマークに追加
INDEX|総目次 NAME INDEX|人物索引

PROJECT

  • パブリック・トイレのゆくえ
  • TOKYOインテリアツアー
  • 建築系ラジオ r4
  • Shelter Studies
  • 再訪『日本の民家』 瀝青会
  • TRAVEL-BOOK: GREECE
  • 4 DUTCH CITIES
  • [pics]──語りかける素材
  • 東京グラウンド
  • 地下設計製図資料集成
  • リノベーションフォーラム
『10+1』DATABASE

INFORMATIONRSS

公開レクチャー「神山に3年通って:石川初さん語り下ろし[東京編]w/若林恵、真鍋太一、西村佳哲」(渋谷区・12/5)

今年8月に徳島県神山町で開催した、石川初(いしかわ はじめ)さんの公開レクチャー「神山に3年通って...

アート&メディア・フォーラム「ポスト・オープンデータ時代のカルチュラル・レジスタンス」(目黒区・12/15)

21世紀に入り、IoTや人工知能、バイオテクノロジー、ロボティクスが飛躍的に発達し、20世紀にSF...

中村好文『芸術家(アーティスト)のすまいぶり』刊行記念「アーティストの住まいぶりと暮らしぶりから学んだこと」トークイベント(渋谷区・12/3)

アーティストにとって、住まいは「生き方の姿勢が、かたちになって見えるもの」(本文より)── ホンカ...

トークイベント『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』刊行記念 藤森照信×田村尚子(中央区・11/21)

『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』の刊行を記念して、建築家であり建築史...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...

「磯崎新─水戸芸術館縁起─」(茨城・11/16-1/26)

建築家・磯崎新による美術館設計を振り返るシリーズの一環として、当館では水戸芸術館の設計コンセプトや...

展覧会「Steven Holl: Making Architecture」(品川区・11/8-1/8)

アメリカを代表する建築家、スティーブン・ホールは72歳になった現在も、ニューヨークと北京にオフィス...

シンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか」(兵庫・11/23)

2019年11月23日(土・祝)にシンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか...

戦後空間シンポジウム 04「バブル・震災・オウム教─1990年代、戦後空間の廃墟から─」(港区・11/22)

主旨: 「戦後空間シンポジウム」第 4回目のシンポジウムは戦後空間の変質に目を向け、80年代後半か...

[磯崎新の謎]展(大分・9/23-11-24)

大分市が誇る建築家・磯崎新(1931~)は建築の枠を超え、思想、美術、デザインなど多岐に渡る分野で...

展覧会「日本建築の自画像 探求者たちの もの語り」(香川県・9/21-12/15)

われわれがよく聞く『日本建築』とは、何なのか? そもそも、何が『日本的』なのか? 本展では『日本建...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る