Sou Fujimoto at the 1:1, V&A, London

CJ Lim(建築家(Studio 8 Architects)、ロンドン大学バートレット校教授)
Having been invited to design and construct a small retreat structure at the '1:1 Architects Build Small Spaces' exhibition in the V&A Museum in London, Sou Fujimoto naturally chose to continue his mastery of blending nature and architecture; breaking down boundaries through the uses of voids and transparency, giving the spaces he creates a surreal duality. Nature has been Fujimoto's paramount concern and preoccupation - 'House N', a project completed in 2008, is a prime example of this mastery. With its towering white rectilinear walls covering the whole perimeter of the site, the house primarily appears to be a solid box, until voids and windows slowly emerge pierced from within by branches of the trees grown in the house.

© Edmund Sumner

Like most of Fujimoto's architecture, his small structure in the V&A Museum has the same poetic dualities of both being outside and inside, natural and artificial, and raw and precise. From the floor of the heavy and solid marble landing, the lightweight plexiglas 'tree' grows upwards and outwards, branching elegantly to choreograph the surfaces of abstracted nature. The transparent surfaces are neither outside nor inside of the described surreal structure - it is simply both simultaneously. Primarily experienced from the outside, the 'tree' can also be experienced from the inside looking out into the museum space through a small opening. The dualities continue in the construction of its precise laser-cut plexiglas and raw hand-assembled cable-ties at its seams - as soon as the cable-ties are cut, the 'tree' would fall down flat, leaving only triangular pieces of plexiglas on the landing. Fujimoto yearns to show the transience and fragility of nature that surrounds us through the temporal qualities of this small architectural 'tree'. And as the structure basks in the afternoon sunlight that floods into the landing of the Architecture Gallery, the 'tree' becomes alive with the reflections of the large trees outside the windows, moving to the rhythm of the wind.

© Edmund Sumner

Of the seven small structures in the delightful exhibition, almost all were absolute and literal in their spatial narrative of the retreat; Fujimoto's was the exception. His transparent abstracted 'tree' structure performs as a blank canvas to receive the viewers' individual imagination of nature - I imagined sitting within a maple tree, the autumnal appearance adding a majestic glow of crimson colour and magic to the surrounding space. This sophisticated and beautiful structure is just a glimpse into Fujimoto's ingenious architectural repertoire.

© Edmund Sumner

201008

特集 藤本壮介 近作のゆくえ


生命の渦──武蔵野美術大学 美術館・図書館
超「家型」建築──《Tokyo Apartment》
Sou Fujimoto at the 1:1, V&A, London
このエントリーをはてなブックマークに追加
INDEX|総目次 NAME INDEX|人物索引

PROJECT

  • パブリック・トイレのゆくえ
  • TOKYOインテリアツアー
  • 建築系ラジオ r4
  • Shelter Studies
  • 再訪『日本の民家』 瀝青会
  • TRAVEL-BOOK: GREECE
  • 4 DUTCH CITIES
  • [pics]──語りかける素材
  • 東京グラウンド
  • 地下設計製図資料集成
  • リノベーションフォーラム
『10+1』DATABASE

INFORMATIONRSS

早稲田大学・吉村靖孝研究室
《CROSS WAVE HUT》展示
(新宿区・11/2-11/3)

吉村靖孝研究室では、「半動産建築研究」と称し、モバイルハウスやコンテナ建築など土地への定着の度合い...

ARCH-ABLE PUBLIC OFFERING(中央区・11/11)

建築家の生み出したデザインのデジタルデータをアーカイブし、CCライセンスのもとに公開しようとするサ...

シンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか」(兵庫・11/23)

2019年11月23日(土・祝)にシンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか...

「街はだれのもの?」上映会&トーク(豊島区・10/25-27)

ブラジル都市部にあふれるグラフィティ。それは多様なルーツ、カルチャーが混沌とするブラジルの街から生...

戦後空間シンポジウム 04「バブル・震災・オウム教─1990年代、戦後空間の廃墟から─」(港区・11/22)

主旨: 「戦後空間シンポジウム」第 4回目のシンポジウムは戦後空間の変質に目を向け、80年代後半か...

JIAデザイントーク2019 第1回「共に考え、共につくるデザイン」原田祐馬(大阪・10/23)

日本建築家協会による「JIAデザイントーク」の第1回が、10月23日に大阪市で開催されます。「共に...

講演会「『バウハウス』美学によるプロパガンダ──戦前における日本のグラフィックデザイン」(港区・10/25)

10月25日まで東京ドイツ文化センターで開催中の「バウハウス オープン・エンド」展の関連企画として...

アントニー・ボダン「え」展(新宿区・10/10-11/3)

フランス・ナントを拠点に活動する造形美術家アントニー・ボダンの展覧会が10月10日よりアンスティチュ...

シンポジウム「建築がいる美術と写真 ー築土構木ー」(京都・10/20)

ミサワホームのAプロジェクトが主催するシンポジウムが10月20日に京都市下京区の徳正寺で行われます...

第5回「吉阪隆正賞」授賞式/記念シンポジウム(千代田区・11/18)

第5回「吉阪隆正賞」を受賞した西沢立衛氏による記念シンポジウムが、11月18日にアテネ・フランセ文...

[磯崎新の謎]展(大分・9/23-11-24)

大分市が誇る建築家・磯崎新(1931~)は建築の枠を超え、思想、美術、デザインなど多岐に渡る分野で...

「磯崎新 觀海庵 縁起」(群馬・9/13-10/23)

黒い色調で統一されたシャープなフォルムが特徴的なハラ ミュージアム アーク(1988年設立・200...

展覧会「日本建築の自画像 探求者たちの もの語り」(香川県・9/21-12/15)

われわれがよく聞く『日本建築』とは、何なのか? そもそも、何が『日本的』なのか? 本展では『日本建...

「New Nature/ 御手洗龍展──新しい幾何学でつくられる小さな生態系としての建築」(港区・9/7-10/26)

東京都港区のプリズミックギャラリーで、建築家の御手洗龍による展覧会「New Nature / 御手洗...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」第4回 大西麻貴/第5回 猪熊純(港区・8/25,10/26)

illustration: Mariko FUKUOKA 建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんな...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る