家具、この動くもの──ペリアン/ル・コルビュジエ《住宅のインテリア設備》(1928-29)

戸田穣(日仏近現代建築史・庭園史)
シャルロット・ペリアンは1903年10月24日パリに生まれ、1999年10月27日パリで逝去した。
「ル・コルビュジエの家具デザイナー」といって思い浮かぶのはペリアンであり、ペリアンといえばル・コルビュジエのデザイナーである。それゆえか、彼女の回顧展がはじめて開催されたのはようやく1985年、パリ装飾芸術美術館においてのことである。長命を保った彼女である。戦前の10年にわたるル・コルビュジエ/ピエール・ジャンヌレとの協働の後も、日本での活動、戦後のマルセイユのユニテ・ダビタシオンへの協力、ジャン・プルーヴェとの協働などなど、その後の仕事も数多い。近年、モノグラフも陸続と出版されておりアーサー・リュエグのCharlotte Perriand. Livre de bord(Birkhauser, 2004)のような重要な研究をはじめとして、2005年にはポンピドゥ・センターにて大規模な回顧展(カタログCharlotte Perriand, cat. d'expo., Éd. du Centre Pompidou, 2005)が開催され、また後半生のパートナーであったジャック・バルサックの浩瀚な二冊の書物Charlotte Perriand. Un art d'habiter 1903-1959(Éd. Norma, 2005)とCharlotte Perriand et le Japon(Éd. Norma, 2008)が出版された。そして死の前年に刊行された『シャルロット・ペリアン自伝』(Une vie de création, 1998)は、彼女の人生全体を包み込んでいる。つまりは、「ル・コルビュジエの家具デザイナー」としてではなく、一人の作家として、ペリアンを再評価する動向があらわれている。

スチール・パイプと「動く」こと

しかし、そのキャリアはやはりル・コルビュジエとともにはじまる。ペリアンは1927年のサロン・ドートンヌに出品した《屋根裏のバー》で、一躍デザイン界の注目を集めるのだが、依然アール・デコの圏内にいた。その彼女を一気にモダニズムへと引き寄せたのがル・コルビュジエの『建築をめざして』と『今日の装飾芸術』に衝撃である。サロン・ドートンヌも終わらぬうちに、ペリアンは自らル・コルビュジエ/ピエール・ジャンヌレのアトリエの門を叩いた。ペリアン24歳、ル・コルビュジエ40歳のことである。
ペリアンの仕事は、ル・コルビュジエが1925年のエスプリ・ヌーヴォー館で示したテーゼ「収納棚(カジエ=casier)、椅子、机」を洗練・具体化することだった。マルセル・ブロイヤーとウォルター・グロピウスによって先鞭をつけられていた「スチール・パイプ家具」という当時のデザイン潮流に棹さしながらも(実際スチール・パイプはドイツのコピーにすぎないという皮相な批判もあった)、「ル・コルビュジエ/ピエール・ジャンヌレ/シャルロット・ペリアン」この三つの署名の下に実現した「収納棚、椅子、机」のデザインには、新しいコンセプトが加えられている。可動性・可変性である。
1──シャルロット・ペリアン《伸縮自在テーブルと回転式椅子》(1927、ポンピドゥ・センター所蔵)
Charlotte Perriand, Table extensible avec fauteuil tournant, 1927, Centre Pompidou, Mnam-Cci.
引用出展=Charlotte Perriand, cat. d'expo., Éd. du Centre Pompidou, 2005.

可変性のコンセプトは、ペリアンがすでに一人で考案していた天板の幅を変えられる《伸縮自在テーブル》や《回転式椅子》にすでに明らかだが、もっともよく具体化されているのが1928年に考案された一連の椅子のデザインだ。《グラン・コンフォール》《ドシエ・バスキュラン》そしてペリアン自身が寝そべる写真で有名な《シェズ・ロング》などの傑作が含まれる。実際の建築空間のなかで、建物・家具と身体との直接的な接触は掌と足の裏に限定されるなかで、椅子とは、ほとんど唯一、体全体を包み込むものである。人形模型の写真をもとにしたフォト・モンタージュには、ペリアンの試行錯誤の跡がみてとれる。彼らの「ドシエ・バスキュラン/Dossier Basculant」とは、つまり「動く背もたれ」のことであり、身体のとる姿勢に応じてその角度を変化させる。「シェズ・ロング(=長椅子)」では、単純な土台の上に、円弧を描くフレームをときに垂直、ときに水平に、自由な角度で載せることができる。
2──ル・コルビュジエ、ピエール・ジャンヌレ、シャルロット・ペリアンによってサロン・ドートンヌにて発表された「《住宅のインテリア設備》計画のためのフォトモンタージュ」(1929、ル・コルビュジエ財団所蔵)。手前真ん中が《グラン・コンフォール》。左右両脇の二つが《シェズ・ロング》、左に寝そべるのはペリアン本人で写真はジャンヌレが撮影した。右の《シェズ・ロング》の左脇にあるのが《ドシエ・バスキュラン》。一番奥が《回転式椅子》。
Charlotte Perriand, photomontage pour le projet du stand l'Équipement intérieur d'une habitation, présenté par Le Corbusier, Pierre Jeanneret et Charlotte Perriand au Salon d'automne, 1929. FLC L1-20-16.
出展=Jacques Barsac, Charlotte Perriand. Un art d'habiter, 1903-1959, Éd. NORMA, 2005.

さらにスチール・パイプを用いた椅子は、ル・コルビュジエのドミノ・システムの理念を、家具のレヴェルで具現していた。つまり支持体と被支持体との明確な分離である。伝統的な木製フレームでは、座面となるクッション部は、直接フレームに詰め物が張られ、それを布地でくるんで釘でとめられる。たいしてスチールパイプ椅子では、構造材であるスチール・パイプと、座面のクッションとは明確に独立しておりクッションは任意に交換可能である。巨大なクッションを抱きかかえるだけの《グラン・コンフォール》のスチール・パイプのフレームを、彼らは「クッション・バスケット」と呼んでいた。ここにも可変性がある。

家具のためのマニフェスト

スライドする天板、動く背もたれ、弧を描くフレーム、そしてクッション・バスケット。これらはスチール・パイプという新素材、その可塑性によって可能となった。1929年イギリスの雑誌『ザ・スタジオ(The Studio)』1月号に掲載された金属製家具を批判する記事に応えるかたちで、ペリアンははじめて自身の署名でマニフェストを発表することになる。同誌4月号に掲載された「木か金属か?」である。この記事ではじめて、《ロング・シェズ》、《グラン・コンフォール》が写真とともにメディアに発表され、この数カ月後に、上に述べた一連の「収納棚、椅子、机」を含む《住宅のインテリア設備》がサロン・ドートンヌに発表されることになる。つまりペリアンのこのテクストは、『建築をめざして』が住宅建築にとってそうであったように、ペリアン(そしてル・コルビュジエ)による家具デザインのためのマニフェストである。そのなかでペリアンは、家具にとっての金属を、建築にとってのセメントになぞらえて、これを「革命」だと謳う。ペリアンは家具(meuble)の語源、ラテン語のmobilisの原義、つまり「場所を移すこと」にまで遡り「動かせるもの」としての椅子と机だけが家具のカテゴリーに妥当すると主張するのだ。そして「移動」だけにとどまらず、机、椅子そのものに動く機構を組み込んだのだ。
では、最後に「棚」は? ル・コルビュジエの三位一体「収納棚、椅子、机」のうち、もっとも重要な「棚」が残っている。1928年のうちに椅子と机については結論をえたペリアンは、最後に「棚」に着手した。もはや多言は要さないだろう。動く棚とは、つまり可動間仕切、スクリーン、としての棚である。
「自由な平面。明確な機能をもった単位、つまり「休息、食事、衛生」。それらが通じる居間には「楽しみ、仕事、空間」。居間の分離は、工場生産されたさまざまなタイプの可動棚という要素によって構成される。これらの棚は上下に重ねたり左右に並べることができ、必要に応じて単位を全体的にあるいは部分的に閉じる間仕切となる」。
「木か金属か?」には、動かせるもの、動くものとしてのペリアン/ル・コルビュジエの家具のコンセプトが明瞭に表われている。しかし、リュエグが指摘しているように、ル・コルビュジエは家具については、とくに材料の面で保守的な傾向があり、ラディカルな近代化を望まなかったのにたいし、ペリアンは、ル・コルビュジエよりも純粋主義(puriste)だった。ペリアンがスチールで考案した棚も、ル・コルビュジエは実際には木製で施工した。この時代のペリアンのスチールへの執着は(日本滞在時の彼女の竹への関心の高さをみれば、あるいは彼女の資質だろうか)、しかしそれ自体ひとつのコンセプトでもあった。それはスチールゆえの可塑性──「動くこと」「変ること」──へのオブセッションと通底していたのだった。
3──トーネット社による「ル・コルビュジエ/ジャンヌレ/ペリアン」モデルのカタログ(1930、シャルロット・ペリアン・アーカイブ所蔵)。下段左ページの左上B301が《ドシエ・バスキュラン》、その他の3点(B302, 3030, 304)が《回転式椅子》。右ページの下、B.306が《シェズ・ロング》。
Catalogue Thonet présentant les modéles Le Corbusier-Jeanneret-Perriand, 1930, AChP.
図版出展=Jacques Barsac, ibid.

ペリアンと日本

トーネット社によって商品化されることになった「収納棚、椅子、机」の三点セットだが(その際に、ペリアン一人の作品である《回転式椅子》も「ル・コルビュジエ/ジャンヌレ/ペリアン」モデル・コレクションに加えられた)、広く受け容れられることはなかった。ル・コルビュジエ自身、公共建築にはトーネット社の曲木チェアを採用し、「収納棚、椅子、机」はごく限られた個人のクライアント向けのものとした。その理由のひとつには、ル・コルビュジエが当初、棚、椅子、机のばら売りを嫌ったという理由もある。しかし結局はこれらの品が高級品であり、購買層として一部のエリートしか存在しなかったのが最大の理由である。結果的に、ペリアンが実現した《グラン・コンフォール》の単純な直線と《シェズ・ロング》の複雑な曲線によって──ゆるやかに──バウハウス以来のスチール・パイプ椅子の潮流がフランスにおいてはいったんは閉じられることとなった。その後、30年代末頃からペリアン自身、木製の家具を手掛けてゆくこととなる。その過程で、彼女の日本滞在が重要な画期となったことは間違いない。彼女を日本へ招聘したのは、1931年から36年のあいだル・コルビュジエの下でともに働いた──なによりスキー仲間だった──坂倉準三だった。
坂倉の家具へのペリアンの影響を語るのは難しい。というのも坂倉が継続的に家具のデザインを手掛けるようになるのが戦後、40年代後半からのことであり、それも木製を主とした。少なくとも二人がともに働いた時期にペリアンが手掛けていたようなスチール・パイプ家具の直接的な反映を認めがたい。そして、50年代に登場する座面中央がゆるやかにたわんだ扁円形の椅子のしなやかさは、あきらかに坂倉独自のヴォキャブラリーだからだ。
ペリアンの日本に対する影響は、彼女の立場が日本の工芸技術指導という公式のものであっただけに、もう少し潜在的なレヴェルにあったのではないかと思われる。ただ民藝運動、とくにペリアンの日本滞在中の視察に随行した柳宗理に、ペリアンのはっきりとした影響を認めるのがジャック・バルサックの『シャルロット・ペリアンと日本』である。この本に掲げられた、ペリアンと柳の作品三題の写真をみれば、インテリアとは一本の閉じた線の豊かなヴァリエーションなのだと思い知らされる。一方で、同書に掲載された滞在中の日記、スケッチ、写真などにわたる詳細なドキュメンテーションと、バルサックによるその綿密な記述を前にした時、ペリアンに対する日本の影響を簡単に要約することもためらわれる。建築史的文脈(あるいはル・コルビュジエ圏)のなかにあるペリアン/坂倉のあいだに(あるいは後に)柳を置いてみることで、逆に日本の家具デザイン史のなかにペリアンと坂倉をふさわしく位置づける糸口があるかもしれない。
4──ジャック・バルサックによる、ペリアン(左)と柳宗理(右)の対照ページ(部分)
図版出展:Jacques Barsac, Charlotte Perriand et le Japon, Éd. NORMA, 2008.

とだ・じょう
1976年生まれ。日仏近代建築史・庭園史。博士(工学)・東京大学大学院研究生。翻訳=クロード・パラン『斜めにのびる建築──クロード・パランの建築原理』。共訳=エイドリアン・フォーティー『言葉と建築──語彙体系としてのモダニズム』ほか。


200910

特集 インテリアデザイン史を遡る


強靱かつ官能的に生きた建築家──『シャルロット・ペリアン自伝』レヴュー
建築・都市への「インテリア」的眼差し──「建築家 坂倉準三」展を通して
家具、この動くもの──ペリアン/ル・コルビュジエ《住宅のインテリア設備》(1928-29)
このエントリーをはてなブックマークに追加
INDEX|総目次 NAME INDEX|人物索引

PROJECT

  • パブリック・トイレのゆくえ
  • TOKYOインテリアツアー
  • 建築系ラジオ r4
  • Shelter Studies
  • 再訪『日本の民家』 瀝青会
  • TRAVEL-BOOK: GREECE
  • 4 DUTCH CITIES
  • [pics]──語りかける素材
  • 東京グラウンド
  • 地下設計製図資料集成
  • リノベーションフォーラム
『10+1』DATABASE

INFORMATIONRSS

SPACE DESIGN TOOL BOX VOL.1 「空間デザインの道具箱」(渋谷区・11/21)

「空間デザイン」をもっと面白くするための道具や知恵を集めて、共有したい! 働く空間は、オフィスだけ...

保存再生学特別研究会「20世紀建築遺産の積極的保存活用に向けて」(千代田区・11/9)

都市内には、日々使い続けられている20世紀建築が多数存在するが、それらの保存活用における課題、それ...

上妻世海『制作へ』刊行記念トークイベント 上妻世海×門脇耕三×木内俊克(千代田区・11/30)

『制作へ』の表題論考「制作へ」は一種の身体論であり、身体拡張論である。制作を通じて身体を〈作品〉...

分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回「分離派登場の背景に見る建築教育と建築構造」(文京区・11/3)

分離派建築会(1920年 東京帝国大学卒業・結成)を、日本の近代建築におけるモダンデザインの鼻祖と...

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る