アルゴリズム的思考と新しい空間の表象

柄沢祐輔(建築家)
現代社会における建築の可能性とは何処にあるのだろうか。情報技術によって社会構造が激しく変化を遂げているなかで、物理的な建築はどのように変化を遂げてゆくのだろうか。建築はいうまでもなく社会的状況と深く結びつき、その時代の美学を表現してきたが、現代の情報化社会においてはどのような建築が可能なのだろうか。



そのような問いに対して、筆者は一昨年前に雑誌『10+1』No.48において「アルゴリズム的思考と建築」という特集を責任編集者として編集を行ない、建築のみならず情報理論、社会設計などの多岐に及ぶ分野の識者・建築家に対してのインタヴュー・対談・取材を通して探求を行なってきた。そこで私はアルゴリズムを「時系列を伴った決定ルールの連なり」として定義し、その思考が生み出すさまざまな可能性の検証を行なった。その成果が現在、ひとつの住宅として結実しようとしている。アルゴリズムの可能性とは何か。情報化社会における建築の姿とは何か。それらが今日の建築の世界を一体どのように更新しようとしているのか。ここではささやかながら先日竣工を迎えた住宅を通して、アルゴリズム的思考の持つ可能性の一端の説明を試みたいと思う。

fig.1──《villa kanousan》空間概念ダイアグラムとコンピュータモデル



アルゴリズムとは「時系列を伴った決定ルールの連なり」であると先に述べた。このアルゴリズム的な思考は多様な建築的な手法を導出することができるが、ひとつには建築空間を生み出す手法を「時系列を伴った決定ルールの連なり」として定義することによって、建築空間を根底から支える幾何学をまったく新しい幾何学へと進化させることが可能となることが指摘できる。いわゆるギリシアの時代から現代にまで綿々と受け継がれてきたプラトン的な幾何学(円・三角・四角・黄金比、etc)などが、まったく新しい幾何学、いうなれば非線形幾何学へと置き換え可能になるのだ。ひとつに例を挙げれば、ギリシア時代の幾何学は正方形にしても多角形にしても、辺においては同一の比例関係(1,1,1,1......)が反復されることによって生み出されるが、非線形の幾何学においては異なる比例関係の予期しない連続が連なり、最後に閉じた環を成すことによって生み出される。例えば1.3.4.3というランダムな数が連なり一辺を構成する不定形な多角体の図形が空間上に生み出される様を想像してみると、これはたやすく理解されることになるだろう。このランダムで予測できない数を内包した辺が最後に閉じた円環を成し、その閉じた図形が空間を埋め尽くすことによって非線形幾何学はさまざまなヴァリエーションを生み出すことが可能になる。非線形幾何学とは、最も簡明に説明を行なうならばこのような定義となる。

fig.2──《villa kanousan》空間生成ダイアグラム



この非線形幾何学はアルゴリズムによって操作・定義可能であるが、これによって従来のギリシア幾何学を用いた建物の反復する単調さから、私たちは逃れることが可能である。そしてそれは建築空間と造形原理の根本的な刷新となるばかりでなく、私たちの時代に相応しい空間概念と近接することになる。



いうまでもなく今日私たちは誰もが携帯電話などの情報端末やインターネットなどの情報ネットワークを日常的に利用しているが、これらの情報技術の浸透によって私たちの経験する空間の概念は大きく変わってしまった。その空間概念の変容を、ダンカン・ワッツ、スティーヴン・ストロガッツらのアメリカの複雑ネットワークの研究者達は「スモール・ワールド・ネットワーク」という概念で表現する。それは一言で言えば、「より距離の遠いものとより距離の近いものの関係が撹乱された世界」であり、近くのものを取り結ぶ関係性と遠いものの関係が複雑に錯綜するグラフ構造によって図示される世界である。このような空間概念はまさにインターネットによって変化を遂げた空間概念を生々しく表象するものであるが、アルゴリズムによる非線形幾何学も同様にインターネットによって変化を遂げた空間の概念を、直接的に抉り切り取るものなのだ。



そもそもスモール・ワールド・ネットワークの概念は、物理的な距離概念が意味を成さない抽象的なネットワーク構造における社会的なコミュニケーションの様態をどのように理解し図示するかという問題系によって発見されたものだが、このような抽象的なネットワーク構造やインターネットの情報空間のように物理的距離が存在しない世界では、個別の要素の関係性だけが操作の対象となる。そのために個別のばらばらの要素をどのように関連づけるかという離散数学が応用されることとなった。この離散数学に基づく空間概念を、私たちは離散的空間と呼び習わすことができる。先にアルゴリズムの定義として取り出した「時系列を伴った決定ルールの連なり」とはひとえにこの離散的なばらばらな要素をどのように新しく関係づけるかということであり、またアルゴリズムによる非線形幾何学とはその結びつけるプロセスを図示して空間化したものなのだ。このアルゴリズムによる非線形幾何学によって、私たちはようやく、個別の要素がばらばらであるが繋がっているという離散的なインターネットの時代の空間の概念の建築化を行なうことができる。因習的・伝統的なギリシア時代以来の安定した線形的な幾何学ではなく、ランダムかつ複雑に錯綜するネットワーク構造をかりそめにも具現化するものとしての非線形幾何学は、21世紀の空間概念である離散的な空間を物理的に建築化するための大きな触媒となるだろう。

fig.3──《villa kanousan》外観と内観(現場写真)



先日竣工した住宅《villa kanousan》(設計:柄沢祐輔建築設計事務所)では、この離散的な空間性をアルゴリズムによってどのように実現するかという問題系に対するひとつの現時点での私なりの回答である。ここでは、山の斜面に佇むキューブの中が1階4部屋、2階4部屋の合計8個の空間に積層されながら分割されている。その空間の間仕切る壁と天井の交差する位置(交点)に、再度キューブを差し挟み、そのキューブそれぞれを個別に回転させながら位置を動かし、空間を抉りとった残余空間がそれぞれの室を視覚的・空間的に接続させている。この個別の空間を視覚的に繋げるキューブの回転の角度がアルゴリズムによって生み出されている。このような操作によって、単純な操作の連続によって複雑な空間が生み出され、視覚的、身体的に多様で濃密な体験を与える最小限の空間が実現している。そして空間を抉り取るキューブの回転の角度がアルゴリズムによって厳密に規定されており、それぞれのキューブは離れて配置されながらも回転の角度の関係性においては連続しているため、いわば空間のエレメントがばらばらではあるけれども繋がっているという独自の空間の様態を実現している。このようにそれぞれのキューブの位置関係と回転角が見えない法則性を内包しているがゆえに、空間は単純なカオスにならず、多様な見えがかりが背後で統一された不思議な秩序感を訪れる者は体験することができるようになっている。この多様性と統一性の共存は、アルゴリズム建築の最大の特性であり、また単なるカオスへと陥ってしまったポストモダン建築と現代にふさわしい建築を峻別する最大の要因ともなっていることが指摘できるだろう。

fig.4──《villa kanousan》内観キューブの切り欠き部



私たちが生きているこの世界。この社会をポストモダンと呼ぶものはもうすでに誰もいないであろう。しかしポストモダンが事実上終焉した後に訪れている社会を、まだ正確に理解しているものは実は少ないのではないだろうか。そのような状況のなかで、ポストモダンが目指した差異の肯定と、近代が目指した規範性、言葉を換えるならば秩序のあり方をゆるやかな形式として両立させるアルゴリズム建築の性質は、単純にポストモダン建築の次の様式という皮相な意味を超えて、社会の今後の行方を図らずも予告的に示しているのではないだろうか。おそらくはかつてポストモダンという概念が他の分野に先がけて建築の分野から生み出されたように、アルゴリズム的思考に基づく建築物は今後の社会のあり方と世界の今後の状況を、建築の分野からささやかに照射し始めているのかもしれない。

からさわ・ゆうすけ
1976年生まれ。慶応義塾大学大学院建築・都市デザインコース修了。文化庁派遣芸術家在研修制度派遣員としてMVRDV(蘭)に在籍を経て、2006年柄沢祐輔建築設計事務所設立。


200909

特集 きたるべき秩序とはなにか──システム、パターン、アルゴリズム


自己組織化は設計可能か──スティグマジーの可能性
自生的秩序の形成のための《メディア》デザイン──パターン・ランゲージは何をどのように支援するのか?
アルゴリズム的思考と新しい空間の表象
このエントリーをはてなブックマークに追加
INDEX|総目次 NAME INDEX|人物索引

PROJECT

  • パブリック・トイレのゆくえ
  • TOKYOインテリアツアー
  • 建築系ラジオ r4
  • Shelter Studies
  • 再訪『日本の民家』 瀝青会
  • TRAVEL-BOOK: GREECE
  • 4 DUTCH CITIES
  • [pics]──語りかける素材
  • 東京グラウンド
  • 地下設計製図資料集成
  • リノベーションフォーラム
『10+1』DATABASE

INFORMATIONRSS

篠山建築学校2019(募集・-7/27)

近年、全国的に空き家問題が深刻な課題となっており、丹波篠山市も例外ではありません。空き家となった古...

「記憶の家族 アーカイブ・プロジェクト」(ウェブサイト)

コミュニティのあり方をさまざまな手法で記録・収集し、アーカイブを試みるアーティスト・コレクティブのA...

東京プロジェクトスタディ(千代田区ほか・募集 -7/21)

"東京で何かを「つくる」としたら"という投げかけのもと、3組のナビゲーターそれぞれが、チームをつく...

トークイベント・写真展「TOKYO ARCHITECTURE」(千代田区・8/2-4)

高度成長、国際競技大会、日本万国博覧会を経て2020年。私たちは何を更新してきたのでしょうか。その...

レクチャー&ディスカッション「《静かなレトリック》と『建築におけるフィクションについての12章』」立石遼太郎(台東区・7/13)

10+1 website 2018年4月号の論考「建築の修辞学──装飾としてのレトリック」の著者、...

日仏対談シリーズ「ル・ラボ」vol.28「デザインと自己」(新宿区・8/30)

アンスティチュ・フランセ東京が2015年春より開始した対談シリーズ「ル・ラボ」は、日本とフランスの...

「神社」建築の始まりと多様性(愛知県・7/20)

「遺構として残る神社建築はせいぜい平安時代であるから、いわゆる「神社建築史」の最初の記述に疑問を抱く...

新南蛮文化シリーズ講演会「建築家・内藤廣が見たスペインの激動の時代」(千代田区・7/8)

マドリードの建築家フェルナンド・イゲーラスのアトリエで70年代中頃に勤務していた著名な建築家内藤廣...

展覧会「ブルーインフラがつくる都市 -東京港湾倉庫論-」(港区・7/5-27)

Logistics Architecture(ロジスティクス・アーキテクチャ)研究会は、展覧会「ブ...

建築家フォーラム第180回「建築という物語による都市の編纂(キュレーション)」(墨田区・7/16)

7月の建築家フォーラムの講演者は、多方面に天才的能力を持つ建築家・入江経一さんです。 近年、日本の...

早稲田まちづくりシンポジウム 2019 アーバニズムの現在と未来(新宿区・7/21)

アーバンデザインの手法として住民参加型の「まちづくり」が日本各地で行われるようになり、多くの経験が...

建築レクチュアシリーズ217 長谷川豪、田根剛(大阪・6/14, 7/19)

大阪を拠点に活動を行う2人の建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏が1組のゲスト建築家をお呼びして、年に7...

「宮本隆司 いまだ見えざるところ」(目黒区・5/14-7/15)

東京都写真美術館では、現在も国内外の美術展などで発表を続ける宮本隆司の個展を開催します。宮本隆司は...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る