見知らぬ場所へのアプローチ──グラウンディングのまなざし

石川初+田中浩也

2006年1月8日に行なわれた「東京グランディング」の様子。詳細は『10+1』No.42(3月下旬刊行予定)において紹介します。

空間体験と仮想風景のあいだで
都市に向かうとき、私たちは二重の風景を見ている。ひとつは、私たちが実際にそこで体験する空間であり、もうひとつは都市を俯瞰する「仮想の風景」である。
私たちのなかで都市の印象を形作っているのは、実際に目にする街の光景や物音、匂いや温度や足に感じる舗装の固さなど、さまざまに具体的な物事の連なりである。「都市の風景」として私たちが思い浮かべるのは、通常、このような空間体験の記憶である。
一方で、私たちはしばしば、自分が「どこ」にいるのかということを意識する。街を移動しながら、私たちは頭の中に、実際にはそのような視点から(少なくとも肉眼では)見たこともない都市の全体像、道路や市街地の地理的な分布を思い描いている。思い描く図像は必ずしも緻密なイメージとは限らないが、例えば山手線に乗って移動するとき、私たちの頭の中には、池袋を上にした丸い(緑色の)路線の形が、車窓の風景とは別な次元で浮かんでいて、私たちはそれほど強く意識もせずに、現在の自分をその中に位置づけている。
この「仮想の風景」を共有可能な形で可視化したものが「地図」である。むろん、地図は地表の状態をそのまま表現したものではなく、あくまでも私たち(の社会)が捉えた地表の事情を記号化し、平面座標上に表現したものである。しかし地図の「真実味」は強力であって、私たちはしばしば、地図がもたらす像によって自分の「位置」を確かめ、場所のリアリティを得ている。
そして私たちは地形図を見ることで、都心の辟易するような坂の連続が、単なる凹凸でなく「地形」であることを了解する。台地の表面は小河川の浸食跡にびっしりと覆われ、末端にはいくつもの谷が深く切れ込んでいる。地形図で見た東京の地面は、じつに多様で豊かな表情を見せている。さらに、沖積層の基底等深線が記された地盤図などを眺めると、都市の表層を覆う人工物が薄い地層の一部のようにも見えてくる。

「東京グランディング」(2006年1月8日)の行路と地形図

地図と地表との往還運動
しかし、こうした脈絡は、都市の地面に身を置いたときの実体験からは懸け離れている。むしろ、街で目撃するのは、それぞれの敷地が目一杯「平坦面」を確保しようとし、擁壁や建物によって斜面を改変している様子であったりする。地形図が描いていた「複雑な秩序」はそこにはなく、目前には脈絡を欠いたとりとめのない(一見)人工的な光景が続いている。この、地図の視座と地表の実体験の乖離は、都市を観察し、読むという行為においてだけではなく、都市に働きかける行為においても、広域計画と空間デザインの乖離、というような問題として現われる。これはこれまでも多くの「フ ィールドワーカー」の、方法論的な課題であり続けている。
この乖離を充分に自覚したうえで、あえてその中に飛び込み、それらをいくつもの細い回路で繋ごうとするさまざまな実践を、仮に「グラウンディング」と呼ぶことにした。「グラウンディング」は、地表の実体験をもって地図の視座から逃れることではないし、地図の視座にのみ留まって都市を把握した気になるものでもない。私たちは、それらの二重のまなざしを行き来するための、冴えた方法を作り出すことを目論んでいる。
さしあたって、大きな方向性は二つある。ひとつは、さまざまな「地図」を駆使しつつ、地図的な視座が拾うことのない土地の潜在性を読み取るような、いわば「地図のリテラシー」を磨くことである。オンラインの地図や衛星写真へのアクセスが容易になり、急速に普及し共有されるようになりつつある現在、特にこうした「スキル」は重要である、と私たちは考える。もうひとつは、地表の実体験の感度を上げることである。私たちは、時に電子デバイスで「拡張」した私たちの身体をして、都市の地表を探査するセンサーにしようと思う。それは、いずれ私たちが描くかもしれない「新しい地図」への準備運動でもある。このようにして、私たちは「地図」と「地表」の絶え間ない往復運動と循環のなかから、都市の(一見)人工的な層の下に隠れて眠っているものを見出す、いわば新しい都市観/自然観を作り出したいと考えている。

[いしかわ はじめ:ランドスケープアーキテクト、http://fieldsmith.net/

[たなか ひろや:慶応義塾大学環境情報学部専任講師、http://htanaka.sfc.keio.ac.jp/


200601


このエントリーをはてなブックマークに追加
INDEX|総目次 NAME INDEX|人物索引

PROJECT

  • パブリック・トイレのゆくえ
  • TOKYOインテリアツアー
  • 建築系ラジオ r4
  • Shelter Studies
  • 再訪『日本の民家』 瀝青会
  • TRAVEL-BOOK: GREECE
  • 4 DUTCH CITIES
  • [pics]──語りかける素材
  • 東京グラウンド
  • 地下設計製図資料集成
  • リノベーションフォーラム
『10+1』DATABASE

INFORMATIONRSS

シンポジウム「日本建築学会賞(作品)を考える」(港区・7/3)

日本建築学会賞の受賞者に贈られる賞牌は古墳時代の銅鏡「家屋文鏡」のレプリカです。1950(昭和2...

大和ハウス工業株式会社寄付講座開講「文化の居場所を考える」(豊島区・6/28)

21世紀の文化の容れ物−変容するビルディングタイプソーシャルシアター、哲学カフェ、シェアオフィス、...

建築新人戦2018(応募登録 -8/3)

建築新人戦は、所属する教育機関(大学・短期大学・専門学校・高等専門学校)で取り組んだ設計課題作品...

前田紀貞建築塾「座会・其ノ十三[組織設計×ゼネコン×アトリエ]」(新宿区・6/23)

「座会」とは 世論や流行に流される事なく骨太な作品を発表し続けている建築家をゲストにお迎えしてタ...

秋野不矩美術館開館20周年記念特別展「藤森照信展」(静岡県・8/4-9/17)

秋野不矩美術館開館20周年を記念し、当館を始め多数の建築設計を手掛けている建築家・建築史家、藤森...

海を渡ったニッポンの家具-豪華絢爛仰天手仕事-(大阪府・6/8-8/21)

1873年のウィーン万博で一躍人気を博した日本の工芸品。浮世絵をきっかけに巻き起こった欧州のジャポ...

伊藤暁建築設計事務所展「具体的な建築」(港区・6/8-7/23)

伊藤暁建築設計事務所の初の個展です。これまで考えてきた建築や、その手掛かりとなっていることがらを...

齋木克裕展 Non-Architectural Photographs(中央区・5/23-6/17)

齋木克裕は、ニューヨーク・東京を拠点にして、都市空間に目を向けた写真作品に取り組む美術作家です。空...

「ハーモニカ横丁にあつまる建築家」展(武蔵野市、6/15-6/21)

このたび、吉祥寺の「ハーモニカ横丁」に集まる若手建築家たちに焦点をあてた展覧会を開催することとなり...

刊行記念イベント「建築家と小説家の再会」中山英之×柴崎友香×長島明夫(渋谷区・6/9)

気鋭の建築家・中山英之さんによる8年ぶりの新刊『中山英之|1/1000000000』(じゅうおく...

トークイベント「みんなの家、その先へ──3.11から学ぶ明日の住まい、建築」(宮城県・6/21)

地域のコミュニティづくり、街づくりにおいて、建築家の果たす真の役割とは? 行政や企業へ期待するこ...

建築レクチュアシリーズ217 原田真宏、田根剛(大阪・6/8、7/27)

大阪を拠点に活動を行う2人の建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏が1組のゲスト建築家をお呼びして、年に7...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る