見知らぬ場所へのアプローチ──グラウンディングのまなざし

石川初+田中浩也

2006年1月8日に行なわれた「東京グランディング」の様子。詳細は『10+1』No.42(3月下旬刊行予定)において紹介します。

空間体験と仮想風景のあいだで
都市に向かうとき、私たちは二重の風景を見ている。ひとつは、私たちが実際にそこで体験する空間であり、もうひとつは都市を俯瞰する「仮想の風景」である。
私たちのなかで都市の印象を形作っているのは、実際に目にする街の光景や物音、匂いや温度や足に感じる舗装の固さなど、さまざまに具体的な物事の連なりである。「都市の風景」として私たちが思い浮かべるのは、通常、このような空間体験の記憶である。
一方で、私たちはしばしば、自分が「どこ」にいるのかということを意識する。街を移動しながら、私たちは頭の中に、実際にはそのような視点から(少なくとも肉眼では)見たこともない都市の全体像、道路や市街地の地理的な分布を思い描いている。思い描く図像は必ずしも緻密なイメージとは限らないが、例えば山手線に乗って移動するとき、私たちの頭の中には、池袋を上にした丸い(緑色の)路線の形が、車窓の風景とは別な次元で浮かんでいて、私たちはそれほど強く意識もせずに、現在の自分をその中に位置づけている。
この「仮想の風景」を共有可能な形で可視化したものが「地図」である。むろん、地図は地表の状態をそのまま表現したものではなく、あくまでも私たち(の社会)が捉えた地表の事情を記号化し、平面座標上に表現したものである。しかし地図の「真実味」は強力であって、私たちはしばしば、地図がもたらす像によって自分の「位置」を確かめ、場所のリアリティを得ている。
そして私たちは地形図を見ることで、都心の辟易するような坂の連続が、単なる凹凸でなく「地形」であることを了解する。台地の表面は小河川の浸食跡にびっしりと覆われ、末端にはいくつもの谷が深く切れ込んでいる。地形図で見た東京の地面は、じつに多様で豊かな表情を見せている。さらに、沖積層の基底等深線が記された地盤図などを眺めると、都市の表層を覆う人工物が薄い地層の一部のようにも見えてくる。

「東京グランディング」(2006年1月8日)の行路と地形図

地図と地表との往還運動
しかし、こうした脈絡は、都市の地面に身を置いたときの実体験からは懸け離れている。むしろ、街で目撃するのは、それぞれの敷地が目一杯「平坦面」を確保しようとし、擁壁や建物によって斜面を改変している様子であったりする。地形図が描いていた「複雑な秩序」はそこにはなく、目前には脈絡を欠いたとりとめのない(一見)人工的な光景が続いている。この、地図の視座と地表の実体験の乖離は、都市を観察し、読むという行為においてだけではなく、都市に働きかける行為においても、広域計画と空間デザインの乖離、というような問題として現われる。これはこれまでも多くの「フ ィールドワーカー」の、方法論的な課題であり続けている。
この乖離を充分に自覚したうえで、あえてその中に飛び込み、それらをいくつもの細い回路で繋ごうとするさまざまな実践を、仮に「グラウンディング」と呼ぶことにした。「グラウンディング」は、地表の実体験をもって地図の視座から逃れることではないし、地図の視座にのみ留まって都市を把握した気になるものでもない。私たちは、それらの二重のまなざしを行き来するための、冴えた方法を作り出すことを目論んでいる。
さしあたって、大きな方向性は二つある。ひとつは、さまざまな「地図」を駆使しつつ、地図的な視座が拾うことのない土地の潜在性を読み取るような、いわば「地図のリテラシー」を磨くことである。オンラインの地図や衛星写真へのアクセスが容易になり、急速に普及し共有されるようになりつつある現在、特にこうした「スキル」は重要である、と私たちは考える。もうひとつは、地表の実体験の感度を上げることである。私たちは、時に電子デバイスで「拡張」した私たちの身体をして、都市の地表を探査するセンサーにしようと思う。それは、いずれ私たちが描くかもしれない「新しい地図」への準備運動でもある。このようにして、私たちは「地図」と「地表」の絶え間ない往復運動と循環のなかから、都市の(一見)人工的な層の下に隠れて眠っているものを見出す、いわば新しい都市観/自然観を作り出したいと考えている。

[いしかわ はじめ:ランドスケープアーキテクト、http://fieldsmith.net/

[たなか ひろや:慶応義塾大学環境情報学部専任講師、http://htanaka.sfc.keio.ac.jp/


200601


このエントリーをはてなブックマークに追加
INDEX|総目次 NAME INDEX|人物索引

PROJECT

  • パブリック・トイレのゆくえ
  • TOKYOインテリアツアー
  • 建築系ラジオ r4
  • Shelter Studies
  • 再訪『日本の民家』 瀝青会
  • TRAVEL-BOOK: GREECE
  • 4 DUTCH CITIES
  • [pics]──語りかける素材
  • 東京グラウンド
  • 地下設計製図資料集成
  • リノベーションフォーラム
『10+1』DATABASE

INFORMATIONRSS

早稲田大学・吉村靖孝研究室
《CROSS WAVE HUT》展示
(新宿区・11/2-11/3)

吉村靖孝研究室では、「半動産建築研究」と称し、モバイルハウスやコンテナ建築など土地への定着の度合い...

ARCH-ABLE PUBLIC OFFERING(中央区・11/11)

建築家の生み出したデザインのデジタルデータをアーカイブし、CCライセンスのもとに公開しようとするサ...

シンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか」(兵庫・11/23)

2019年11月23日(土・祝)にシンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか...

「街はだれのもの?」上映会&トーク(豊島区・10/25-27)

ブラジル都市部にあふれるグラフィティ。それは多様なルーツ、カルチャーが混沌とするブラジルの街から生...

戦後空間シンポジウム 04「バブル・震災・オウム教─1990年代、戦後空間の廃墟から─」(港区・11/22)

主旨: 「戦後空間シンポジウム」第 4回目のシンポジウムは戦後空間の変質に目を向け、80年代後半か...

JIAデザイントーク2019 第1回「共に考え、共につくるデザイン」原田祐馬(大阪・10/23)

日本建築家協会による「JIAデザイントーク」の第1回が、10月23日に大阪市で開催されます。「共に...

講演会「『バウハウス』美学によるプロパガンダ──戦前における日本のグラフィックデザイン」(港区・10/25)

10月25日まで東京ドイツ文化センターで開催中の「バウハウス オープン・エンド」展の関連企画として...

アントニー・ボダン「え」展(新宿区・10/10-11/3)

フランス・ナントを拠点に活動する造形美術家アントニー・ボダンの展覧会が10月10日よりアンスティチュ...

シンポジウム「建築がいる美術と写真 ー築土構木ー」(京都・10/20)

ミサワホームのAプロジェクトが主催するシンポジウムが10月20日に京都市下京区の徳正寺で行われます...

第5回「吉阪隆正賞」授賞式/記念シンポジウム(千代田区・11/18)

第5回「吉阪隆正賞」を受賞した西沢立衛氏による記念シンポジウムが、11月18日にアテネ・フランセ文...

[磯崎新の謎]展(大分・9/23-11-24)

大分市が誇る建築家・磯崎新(1931~)は建築の枠を超え、思想、美術、デザインなど多岐に渡る分野で...

「磯崎新 觀海庵 縁起」(群馬・9/13-10/23)

黒い色調で統一されたシャープなフォルムが特徴的なハラ ミュージアム アーク(1988年設立・200...

展覧会「日本建築の自画像 探求者たちの もの語り」(香川県・9/21-12/15)

われわれがよく聞く『日本建築』とは、何なのか? そもそも、何が『日本的』なのか? 本展では『日本建...

「New Nature/ 御手洗龍展──新しい幾何学でつくられる小さな生態系としての建築」(港区・9/7-10/26)

東京都港区のプリズミックギャラリーで、建築家の御手洗龍による展覧会「New Nature / 御手洗...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」第4回 大西麻貴/第5回 猪熊純(港区・8/25,10/26)

illustration: Mariko FUKUOKA 建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんな...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る